まんぷく寺でまってます (ポプラ物語館)

  • 14人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高田由紀子
制作 : 木村 いこ 
  • ポプラ社 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151273

まんぷく寺でまってます (ポプラ物語館)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 竹内裕輔は、万福寺の跡取り息子。お坊さんになるための子ども向けの勉強会に参加するために坊主頭にされて、2学期のはじめにみんなにからかわれた。
    裕輔は、お寺のことも手伝いもするし、檀家さんたちにもきちんと挨拶をしたり、頑張っている。けれど、本当はお寺を継ぐより、大好きな漫画家になりたいのだ。
    お寺に生まれたばっかりに、山奥まで、やたらと長い通学路を一人で歩かなくてはならないし、お寺の手伝いは大変だし、朝のおつとめとかも大変。お寺の息子ということでのプレッシャーもある。

    2学期、席替えで隣の席になった美雪は、1年前にお父さんが亡くなってからほとんどしゃべらなくなった女の子だ。
    でも、美雪はノートに漫画の絵を描いてるのを見つけて、裕輔は美雪に話しかけたい。

    佐渡島の自然の中、お寺の子どもの毎日、悩み、成長が描かれた物語。

  • 佐渡出身の作者さんときたら、佐渡出身者としては読まねばならん。しかも舞台が生まれた町、長坂登って中学行ってた身ときたら、ね。児童向けだけど大人が読んでも爽やかな気分になれるし、佐渡の空気が物語をきちんと支えてて、なんとも暖かい気持ちにさせてくれる。

  • お寺の子の日常がよいです!

全3件中 1 - 3件を表示

高田由紀子の作品

ツイートする