あずかりやさん 桐島くんの青春

  • 127人登録
  • 3.81評価
    • (13)
    • (21)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 大山淳子
  • ポプラ社 (2016年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あずかりやさん 桐島くんの青春の感想・レビュー・書評

  • 「あずかりやさん」の2作目が出ていたとは!一日百円でどんなものでも預かる、ちょっと不思議な「あずかりやさん」ワールドにどっぷり浸ることが出来ました。
    自分ではすっかり忘れていたのだが、このレビューを書くにあたり1作目の自分のレビューを読み直したら、「スピンオフでいいから、また『あずかりやさん』シリーズが読みたいな。」とのたまっていた。思いが叶ったじゃないか!その通り、今回はスピンオフっぽい作りで、店主の桐島透君の若い頃が描かれている。少年の桐島君、瑞々しいわ~。今回も連作短編の形を取り、文机、女子中学生、オルゴールが語り手となってドラマを紡ぐ。なんだか、前作より世界観が深まった気がする。オルゴールなんて、生まれは海外だし!そして、1作目では描き切れなかった部分も色々明らかになる。最終話は桐島君の学生時代だ。こんな青春時代があって、今の「あずかりやさん」としての彼があるわけだな…。今回は『鎌倉』『トロイメライ』がキーワードか。
    勿論、本作から読み始めても問題なし。どの章も決してただの「心温まるいい話」で落としていないのがいい。それなりにほろ苦く、起承転結の「転」を結構捻っているので、「えええ!?」と驚くことも。どのエピソードも素敵だけど、印象的だったのは「青い鉛筆」。女子中学生が友人や家族に抱く、思春期特有の複雑な思いが繊細に描かれていて、ものすごく胸に沁みた。
    プロローグで、学校の先生が授業であずかりやさんの話をし、生徒に問いかける。
    「さて君たちならなら何を預けたい?」
    なかなか深い問いだなぁと改めて思う。じっくり考えながら、次作を楽しみに待ちたいな。

  • 「猫弁」を書いてる作家さんですが、そちらは読んだことなく
    「あずかりやさん」第二弾。

    何でも一日百円で預かってくれるあずかりやさんは
    料金前払い。
    店主の目は見えません。
    今回も優しい話でとてもよかった。

    目が見えない桐島くんが
    どうしてお店を始めたのか。

    「あずかりやさん」のエピソード0という感じ。

    とてもよくできた人という感じの桐島くんにも、
    穏やかでないことがあったのだな。
    よくできた人でないこともあるのだ
    と思うとちょっと嬉しかった。

    お店を始めることは、
    実は彼が初めていう本人の心からの希望だったのだろう。
    いつか、お母さんがお店を訪れるといいね、と思う。

  • 東京の下町の商店街にひっそりとたたずむ「あずかりや・さとう」は、一日百円でどんなものでも預かってくれる。その店には、文机・青鉛筆、オルゴールなどが預けられたままになってなっていた。そんな店の店主は、盲目の青年だった。

  • 文机、星の王子さま、オルゴール、桐島くん。
    それらの過去物語。
    特に感慨はない。

  • 前作「あずかりやさん」の続編。
    今回は主人公霧島やオルゴールなどの過去の話が出てくる。
    なんといっても最終話の桐島の話が良かった。
    いつもは第三者からの視点で描かれている彼だが、この話では彼の視点で話が進んでいく。
    それだけでも新鮮だが、彼の心の声も余すところなく描かれている。
    決して彼が聖人君主でないことも分かったし、それなりに葛藤していることも知れた。
    きちんと彼も青春していたんだなぁ。

  • 2017.4.15 読了


    短編集。

    なんだろう。。。
    この作者さんは、ラストで
    ココロが ほっこりする。

    で、ジワ~ンと 暖まってくる。

    よかったぁ。。。となる。




    この話も よかった!!

    1作目 結構 忘れてる。。。
    また再読せねば。

  • ほんわかと、優しい物語で大好きなシリーズの1つとなりました。預り屋さんになるまでに、彼は帰りたい場所に気づくことが必要だったんですね。前回預けられたものの経緯が描かれていたり、家族の物語が描かれていたり…どの章も温かさに溢れて、涙が…という事ではなく本当にほっこり、という言葉がぴったりです。続編を待ちたいです。

  • シリーズ2作目。どの話も、最後にはほっこりとするのだけれど、どこかさみしいような空気も残っている・・・、でもその感じがいいんだなぁと思う。そうかぁ、桐島くんは、「チームあずかりや」に見守られているんだね。「あずかりや」をはじめる経緯となる桐島くんの過去話も読めて、今作もよかったです。

  • 1日100円で、なんでもあずかる「あずかりや・さとう」がかかわる、連作短編集。
    「あくりゅうのブン」が、特に面白かった。文机目線で、時代がかった言葉遣いも面白い。夢見がちなあくりゅうが憎めないキャラで、友人との関係性も楽しい。
    毎回、視点人物は変わっていく。にがかったり、せつなかったりもあるが、読後感はあたたか。店主桐島くんの、独特の距離感も心地よい。
    シリーズ第2弾だそうなので、最初の作品も読んでみたくなった。

  • オルゴール、そしてピアノが奏でるシューマンの「子どもの情景」七番目の曲トロイメライ(夢見心地)がこの作品の骨格でしょうか・・・。オルゴール職人とピアノ奏者。著者は「見えない目標に向かって試行錯誤するのが芸術家、見えている目標に向かって試行錯誤するのが職人なのではないか」と。なるほどと思います。小学校にあがる前、車の事故で全盲になった桐島透くんの学生時代の淡い恋、そして柳原先生が線路に落ちたひとを助けて身代わりになった悲しい事故・・・。「あずかりやさん」になって、他人の人生の引き出しになってる桐島君の物語!

  • オルゴールの話は、途中まで一体何だろ?と思ってた…
    桐島くん自身の話がとてもよかった

  • 海の話なんか素晴らしい

  • 「あずかりやさん」の続編。

    前回同様、文机やオルゴールといったモノが視点となったお話もあったが、今作はあずかりやさんに預けものをしたお客さんの視点も。そして、最後は桐島くん本人。どの話もほろ苦いながらもほっこりしていて、素敵なお話だった。でも、意外に桐島くんの青春時代が普通の男の子で、あずかりやさんを営んでいる主人とイメージが繋がりにくかったかも。最後にオルゴールと桐島くんのエピソードが重なった時はキュンとした。

  • プロローグと4篇の短編で出来ている。前作に引き続きあずかりやとそこにあるものたちが自らの視線で語っている。あずかりやの風景の一部となっている文机・オルゴールの昔話を聞きつつ、彼らがいろんな経緯を経てあずかりやさんのところにやってきて、あずかりやさんの日々の生活を豊かにし、そのことに満足している様子がうかがえた。

  • 続編

    ぼんやりと昔なイメージで読んでいたので
    存外普通の学生生活を送っていてビックリ。
    しかもちゃんとイマドキの男の子でホッ。

    ここから「あずかりやさん」に至るまでの話もまた読めるかな。

    【図書館・初読・11月16日読了】

  • 桐島くんの青春時代と副題に謳っている割に青春は1編だけで少し残念だったけど、前作を知らなくても面白いだろうし、読んでればもっと面白い。私にも、文机とか、オルゴールとか思い入れのあるモノが欲しい。今からの人生で探そう!

  • 『あずかりやさん』シリーズの2作目です。
    とは言え、前作の上梓が3年余り前なので、
    内容は、ほとんど覚えていなぃといぅ…。

    どんなものでも、1日百円で預かるといぅ、
    「あずかりや・さとう」を営む、
    盲目の店主、桐島さんの青年時代を描く…、
    といぅ紹介の4編の短編集でありましたが、
    その青年時代を描いてるのは、第4話のみ。

    残りの3話のうち、
    とある預かり物の生い立ち?が、
    擬人化されて語られた話が2話に、
    シリーズ本来の作品が1話といぅ、
    ちょっとしたごちゃ混ぜ感もあったかも…。

    肝心?の第4話も、
    とてもよさげなお話にはなっていましたが、
    別に『あずかりやさん』じゃなくても感も?

    各お話とも、ぜんぜん悪くはなぃんだけど、
    期待していたものとは少しズレていたので、
    評価は、ふつぅ+ぐらぃかな~。

  • 前作の方が好き。桐島くん、青春してた。陸上やって、頭もよくて、女子にちょっと振り回されたり。

  • あずかりやさんの誕生シーンにしんみりほっこり

  • 2016/10/26(水曜日)

  •  すっごくいいです。思わず、以前読んだあずかりやさんを読み返してます。

     前作は桐島くんがちょっと謎で、どうして独りぼっちなのと思ってましたが、どうして活発な男子でした。桐島くんいいですね。

     続きが楽しみです。

  • ほぼ預かりものの話し。桐島くんは?

  • 東京の下町にある商店街のはじでひっそりと営業する「あずかりや・さとう」。店を訪れる客たちは、さまざまな事情を抱えて品物をあずけにくる。どんなものでも一日百円。店主の桐島はなぜこんな奇妙な店を開いたのか?その理由は、桐島の青春時代に隠されていた―。

  • 前作のほうがよかったです。

全24件中 1 - 24件を表示

あずかりやさん 桐島くんの青春を本棚に登録しているひと

あずかりやさん 桐島くんの青春を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あずかりやさん 桐島くんの青春を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あずかりやさん 桐島くんの青春はこんな本です

ツイートする