あたしの、ボケのお姫様。 (teens’ best selections 41)

  • 27人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 令丈ヒロ子
  • ポプラ社 (2016年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中田 永一
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
又吉 直樹
三浦 しをん
西 加奈子
恩田 陸
森 絵都
森見 登美彦
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

あたしの、ボケのお姫様。 (teens’ best selections 41)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学二年生5月に転入してきた千佳瑠璃莉(ちかるりり)。一昔前のアイドルのような格好と天然な言動のるりりに、水口まどかは、ピンときた。お笑いの相方はるりりしかいない!と。

    まどかはお笑いの相方を探していた。以前の相方キエ蔵は、きっちり漫才すぎて合わなくなって、コンビ解散してしまったのだ。
    でもるりりは、かわいくて、天然で、ツッコミどころ満載で、まどかの理想の相手だ。
    るりりは、本当はアイドル志望だったのだが、自分の好きな路線は昭和82年のアイドル。でもオーディションでは写真審査で落ちてしまう。顏も歌も、それだけで売れるほどではないと自覚している。
    お笑いのことは知らないけど、芸能活動したいのは本気だ。

    「るりりと水口さん」コンビが誕生した。

    トントン拍子、ばかりとはいかないが、お互いをより知ることで、コンビ愛を深めつつ、意外にシビアな家庭環境や現実とも戦いつつ、成長していく。

  • さくさくっと読める。綺麗ごとばかりじゃなく、夢を叶える難しさがきちんと書かれているところが好き。

  • 漫才ネタだけにテンポのよい中学生女子の成長物語。けっこうシビアな現実を、少年少女の前向きな力ではじき飛ばしそうな勢いが感じられる。良識ある大人の存在が児童書ならではの安心感を与える。

  • まどかのクラスに、とんでもないファッションで現れた転校生るりり。本気で芸人をめざしているまどかは、昭和アイドル好き、天然キャラの個性的なるりりを相方に!と思い声をかけます。コンビとして活動をはじめた二人の前に、ケンカ別れしてしまったまどかの元相方キエ蔵が、弟とコンビを組み再びライバルとして現れ…。

  • 中2の5という半端な時期にまどかのクラスにきた転校生は昭和アイドル大好きで個性的なるりり。小学校時代キエ蔵と組んで漫才師を目指していたが完璧主義のキエ蔵と合わずにコンビを解消して1年半、まどかはるりりを漫才の相方に誘いオーディションに申込むー

    ◆図書館の新刊コーナーにあってつい手に取ったけど子供向けながらなかなかに面白くて最後はびっくり、ハードな展開だった(笑)でもこういうことを小さいうちから本気で目指す子、いるんだろうな。ノリでなんとなく面白いんじゃなくてちゃんと作りこんで練習して面白くするストイックさも凄いけど、逆にるりりちゃんの、天然ぽく見えて真剣に昭和アイドル好き(←最近そんな漫画読んだな-、作者が昭和アイドルに憧れ抱いた年齢なんだろうな-)なとこ、リアルにいたら独特でクラスから浮いていじめられかねないけど、それだけでお笑い要素として面白いって思われたらなんでもありなんだなぁ。

    せっかくあんなにオーディションも、事務所も盛り上がったのに、最後モヤモヤ立ち消え感がいやだから、その後の彼らがみたいよ。イケ助はスッパリ違う道行くのか。るりりは帰ってくるのか。ブランクあっても二人はうまくやれるのか。二人、といあえば、キエ蔵とはどうなるのか(笑)

  • どちらかというと少年少女向け。
    中二の女子が(地域は大阪方面)漫才コンビを
    転校生のアイドル志望の子と組むという話。
    天然キャラと思っていた相手が、
    暗く重い家の事情があったり
    言い合いをして別れた小学時代の漫才コンビとの再会。
    時代を反映しながらも、心温まる青春ストーリー。

全7件中 1 - 7件を表示

令丈ヒロ子の作品一覧

令丈ヒロ子の作品ランキング・新刊情報

あたしの、ボケのお姫様。 (teens’ best selections 41)はこんな本です

ツイートする