(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)

  • 29人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
  • ポプラ社 (2016年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151747

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:007.3/Hay
    資料ID:50085492
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 東日本大震災時の主にGoogleの災害対応についての本。
    せめてサブタイトルにでも東日本大震災といれればよかったんじゃないかと思った。間違ってないけど、ビジネス戦略の本と思いそう。
    PFIFというパーソンファインダー用のフォーマット(XML)があるらしい。こういうのを定義すると、企業間でやりとりしやすいだろうし、たしかにいいのかもしれない。
    後、当時はオープンデータという概念がほとんどなかった(というより東日本大震災をきっかけにオープンデータが普及してきた)から、災害情報を共有したいIT企業もだいぶ大変だったんだなと。Yahoo!JAPANなんて東京電力が公開したグラフ画像を手作業で測って数値を割り出していたらしい。何そのアナログ手法。
    それと、Googleの企業姿勢って基本的に一般企業では当てはまらないような気はした。優秀な人をやとって好きにさせる姿勢って、そうそうできるもんじゃないし、どちらかというと、社員を優秀にしたいと思う企業のほうが多いだろうし。
    それにしても、当時はよく話題にあがったUstream。今ではめっきり名前を聞かなくなってきたけど、うまくやってるんだろうか。

  • 東日本大震災へのGoogleの対応は参考になったが、本書のタイトルと内容には齟齬があると思う。

  • Googleだけでなく、大規模災害発災時にどれだけ多くの技術が善意によって生み出されたかがわかる一冊。
    こわがっていてもしょうがない。
    災害は来るときは来る。

  • 災害✕ITに関する知見を養うために購入した。前半は3.11におけるGoogle社の活動について、後半はGoogle社関係なく、災害時におけるITの活用について記載されている。Google社は20%は業務外作業にあててよいという施策があることからも、作業責任については各個人に割り当てられており、3.11当時は本人の意思のもと、行動できたようだ。またその行動に対するグローバル及び上司の理解も得られていたようである。災害時におけるITに関しては、「得意な人(組織)がやること」(例えば情報収集は官、情報公開はIT企業)「情報を公開する際はPDFではなく、データの活用が容易なCSVを用いる、APIを公開すること」など具体的な施策について語られている。

全5件中 1 - 5件を表示

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)の作品紹介

災害が起こると、すぐに動き始めるGoogle。東日本大震災では、発生から1時間46分後に、最初のサービスを立ち上げた。その後、30以上のサービスを次々と作り上げ、熊本地震でも、すぐにサービスを始動。Google社員たちは、想定外の事態になぜすぐに対応できるのか。わたしたちは、次の災害に備えて何ができるのか。世界最強チームの経験と知見が1冊に。災害時に役立つGoogleのサービス一覧も収録。

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)はこんな本です

(106)Googleの決断思考: 世界最強チームは危機にどう対応しているのか (ポプラ新書)のKindle版

ツイートする