リアルプリンセス

  • 206人登録
  • 3.58評価
    • (6)
    • (25)
    • (22)
    • (4)
    • (0)
  • 31レビュー
  • ポプラ社 (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リアルプリンセスの感想・レビュー・書評

  • 様々なプリンセスの物語をモチーフにしたアンソロジー。
    どのお話も結構苦い部分があって、ついついプリンセス=ディズニー=ハッピーと考えてしまう自分には、少しだけ辛いものがあった。
    でもどれも面白かった。
    「鍋かぶり」は、現実の厳しさと作者の優しさが入り混じって寺地さんらしい作品だなぁと思ったし、島本さんの作品もすごく島本さんらしかったな。
    1番好きなのは、乙姫をモチーフにした藤岡陽子さんの「あの人は海を捨てた」。

  • 眠り姫、ラプンツェル、浦島太郎の乙姫、鍋かぶり姫・・・古今東西の「プリンセス」をオマージュしたアンソロジーだ。リアル、のつくとおり、舞台は現代、主人公は普通の(ちょっと普通じゃない人もいるけれど)女性。
    ほっと優しい気持ちになるようなものから皮肉のきいた内容のものまでテイストはさまざまで、個性があって面白い。
    個人的にはベタだけど浦島太郎をモチーフにした物語の「亀の気持ち」が好きだなと思った。

  • いやぁ、ビックリしました。
    普通に読んでたら、度肝を抜かれる場面に遭遇します!
    途中、単なる「リアルプリンセス」をテーマにした、6人のアンソロジー作品なんだと高をくくってましたが、いきなり格上げです!
    読む価値ありです!

  • リアルとはいえファンタジー寄り。『歩く12人の女』が好き。ここのパジャマ来てみたい。

  • 現代版のプリンセスのアンソロジー。
    少しブラックな要素もあったりで楽しめた。

  • アンソロは初めて読んだけど作者一人一人の個性が出て面白い。
    ラストの話が辛いなー。

  • ある意味いろんなプリンセスのお話。
    (寄せ集め短編集)
    分かりやすいハッピーだけではないけど、
    どれも面白く引き込まれた。
    ここに載っている作者たちの違う作品も
    読んでみたいと思えたので、楽しみが
    広がった。

  • どの作品も作者の個性が出ていて、読み応えがあった。中でも藤岡陽子さんの「あの人は海を捨てた」が最高。浦島太郎と乙姫の世界を現代にアレンジした手腕はさすがの一言。リアリティーがあって、最後は明るい未来が予感され、ジーンときた。

  •  古今東西のお姫様が出てくる物語を、現代に置き換えたとしたら、どんなふうになるでしょう、というコンセプトのアンソロジー。
     鉢かづきは笑った。「えっ? こう来るの?」と。これを現代に落とし込むのはすごい。

     しかしながら、コンセプト上、原作を知らないと楽しめないというか、どう楽しんでいいのか悩む作品があった。けれどラストの眠り姫でほっとした。こう来たか。

  • プリンセスのストーリーを土台にした6人の女性作家によるアンソロジー。
    寺地さん目当てで読んで、感想としては…まあまあ、かな。
    『リアル』のタイトル通り、それぞれほんのり毒っ気がある感じ。
    すでにタイトルから内容を思い出せない話もありますが、モチーフは面白かったです。
    ※もともとプリンセスストーリーがあんまり得意じゃなくて、原作を知らない話があるレベルの人間の感想です。

  • 夢のあとが唯一良かったかな

  • おとぎ話のお姫様からインスパイアされたアンソロジー。

    それぞれがうまいこと現代的にアレンジされていておもしろく読めた。

    島本さんのが切なくてよかったな。

  • 個人的には最後が好み。寝てたら年も取るのよ。

  • それぞれ楽しめるが、まぁ女性向きだな。 2017.3.17

  • アンソロジー6作。
    女の子はいつだってどんな状況だって、自分世界のプリンセスなの。

  • 鍋かぶり姫(鉢かつぎ姫)、ラプンツェル、乙姫など…。古今東西の「プリンセス」物語を、人気女性作家たちが現代版に書き上げると…。「リアル」というタイトルのとおり、甘い話ばかりではないけれど、それぞれ女性の生き方が個性的に描かれています。一篇ずつが短いので読みやすく、気軽に楽しめるのが魅力です。

  • 飛鳥井千砂さんと加藤千恵さんが好きで手に取った1冊。
    『ラプンツェルの思い出』と『夢のあと』が印象に残った。
    ファンタジー要素はそんなに強くないです。現実寄り。

  • プリンセスが出てくる童話をモチーフに、というところは共通しているのですが、色々な書き方があるものだなぁと感心しました。
    童話っぽさを残しつつ、設定を現代風にしたもの(歩く12人の女)、知らずに読めば普通の小説なんだけど、要所要所で童話をモチーフにしていることを感じさせるもの(ラプンツェルの思い出)など。どの書き方もそれぞれ面白かったし、作家さんの個性が出ていたと思います。

    勢いがあって面白かったのが『鍋かぶり』。読んだ後にほっこりして好きだったのは『歩く12人の女』と『あの人は海を捨てた』(こちらはほっこりというよりじーんときた)。意外性があったのは『夢のあと』。
    だけど、一番印象的だったのはやっぱり『ラプンツェルの思い出』かな。島本理生さんの作品って独特の雰囲気があるので(切なくて、少し残酷な感じ)。

    『正直な彼女』だけ元の童話がわからなくて、調べたら『エンドウ豆の上に寝たお姫様』だとか。
    あー、言われてみればそうか。

  • 島本さんと飛鳥井さん目当てで手に取りました。島本さんはやっぱよかった、というか好きだった。残酷なせつなさと寂しさ侘しさ、そして醜さがぐわっとこの短い話に詰まっていて。よかった。
    鍋かぶりが面白いというレビューをたくさん見たので期待したのですがこちらはさほど、期待はずれ。だけど、鍋かぶりというチャーミングな発想は好き。鍋取れて好きな人と結婚してめでたしめでたしがいいね。
    個人的には最後の大山さんの夢のあとが意地が悪くて好きですね。眠り姫のオマージュなんだけど皮肉だなーって。順風満帆に、計画的に生きていた女は不妊につ躓き、ようやく37の年で妊娠したのだが事故にあいその後37年間眠っていた。夫も他の女と結婚しておりキャリアも失い、両親も死んでいて、残ったのは眠りながらも産み落とした王子のような我が息子。眠っている間に介護も育児も終わっていたというのが皮肉だった。

    でもどの作品よりもやっぱり島本さんの話がよかったです。島の高校生が月に一度本島から一週間やってくる美容師との恋。その人は実は妻がいて……傷ついた彼女が最後にした行動、言動が、ずしんと、響いた。やっぱり好き。

  • レビューを見てると鍋かぶりがわりと評判がいいみたいだけどわたしはあんまり。トリの大山淳子さんの、なんかすごいもってきかたをするので、最後に読んでダントツ1位になった。

  • 最近はアンソロジーが人気なのかな??

    いろんな作家さんを知ることができるので、読みたい本を探すときに便利かも。

    実際、わたしも、最初の一作、寺地はるなさんの「鍋かぶり姫」を読んで、すぐにこの方の作品を図書館に借りにいきました。

    飛鳥井さん、大山さんの作品もやっぱり好きだったな。

  • 島本さんのみ。短編なのに良い文章だった。どきどきした。

  • 古今東西に伝わるさまざまなプリンセス・ストーリーを、現代に置き換えたとしたら、どんな物語になるのでしょうか? 人気の女性作家六人が、それぞれが選んだ題材をもとに物語を書き下ろすアンソロジー集。女性ならではの優しさあり、はたまたぴりりとする毒もあり、個性豊かで小気味良い物語が集まりました。

    寺地はるな×鉢かづき姫
    飛鳥井千砂×踊る12人のお姫様
    島本理生×ラプンツェル
    加藤千恵×エンドウ豆の上に寝たお姫様
    藤岡陽子×乙姫
    大山淳子×眠り姫

全31件中 1 - 25件を表示

リアルプリンセスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リアルプリンセスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リアルプリンセスの作品紹介

古今東西に伝わるさまざまなプリンセス・ストーリーを、現代に置き換えたとしたら、どんな物語になるのでしょうか? 人気の女性作家六人が、それぞれが選んだ題材をもとに物語を書き下ろすアンソロジー集。女性ならではの優しさあり、はたまたぴりりとする毒もあり、個性豊かで小気味良い物語が集まりました。

寺地はるな×鉢かづき姫
飛鳥井千砂×踊る12人のお姫様
島本理生×ラプンツェル     
加藤千恵×エンドウ豆の上に寝たお姫様
藤岡陽子×乙姫         
大山淳子×眠り姫

ツイートする