ママの人生

  • 62人登録
  • 4.11評価
    • (9)
    • (4)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 和田裕美
  • ポプラ社 (2016年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152416

ママの人生の感想・レビュー・書評

  • ビジネス書作家である和田裕美さんの初の小説。
    元々ファンなので、手に取らずにはおられず。。。
    しかし、読み終わるまでに10ヶ月くらいかかってしまった(^^ゞ

    最初の方は「ふ~ん」といった感じだったけど、徐々に和田さんの陽転思考はこうして形成されていったのかという感覚が分かってきた。

    フィクションとは言っているものの、半分くらいは実話に基づいているかもなあとも思った。

    自分と自分の親の関係についても考えさせられる一冊でした。

  • ビジネス書の中には、小説仕立てにすることで、ノウハウやスキルをわかりやすく伝えていこうとする分野があります。『ザ・ゴール』のような名著もあります。
    しかし本書はそれらと明らかに違います。これは小説でしか表現のできない世界です。確かに和田さんが伝え続けている陽転思考の原点が「ママ」の言葉の中にあります。でも、ママの生き方のそのものが、ビジネス書的ではない(笑) 無頼派の流れを汲むような物語です。

  • 「小説」と簡単に言ってしまうのはもったいないくらい凄い本だ。
    主人公が小学生から社会人になるまでの内容であるが、そこには人生の学びがたくさん詰まっている。
    40才後半の私もまだまだ学んでないことがたくさんあると思った。
    「人生は死ぬまで勉強」と祖母が言っていたことを思い出す。
    生き方に正解はないのだから。

  • 失敗はあっても哲学は正しい。

  • 「どうぞ、グレてください。あんたがそうしたいんやったら
    ママはそれでもええねん。そやけどな、誰が損すんの?」

    田舎のスナックで働くママは、いつも仕事と恋に忙しい。
    ときに、子どもを置いて男と出奔。そんな母に翻弄され、
    やさぐれながらも「わたし」は人生でもっとも大切なこと
    を学んでいく──。

    美しく破天荒な実の母をモチーフに描く、
    200万部超えのビジネス書作家・和田裕美、初の小説!


    ◆もくじ◆ (一部抜粋)

    ママ、ヌード写真を撮る
    ママ、喫茶&スナックをやる
    ママ、占いのおばはんを笑う
    ママ、わき毛を剃らない
    ママ、娘をデートに同伴する
    ママ、年下の彼ができる
    ママ、娘のお尻を揉みまくる
    ママ、激しい恋に落ちる
    ママ、昼帰りとなる
    おっさん、パパに昇格する
    ママ、出ていく
    ママ、エクレアを焼く
    ママ、ハゲができる
    ママ、お金の授業をする
    ママ、水商売を娘に教える
    ママ、娘の浮気をかばう
    わたし、いよいよ飛ぶ
    パパ、奮起する
    ママ、母親宣言をする
    ママの置き手紙
    わたし、裁判を決意する
    わたし、崩壊する
    ママの日記

  • 自叙伝のようです。いろいろ良い言葉がたくさんあり、啓発本として読んでもいいと思います

  • メディアリクエスト
    自叙伝。こんなお母さんがほんとにいるのかな?とも感じるが、いいことをたくさん言ってる、本質をついてると思った。
    最後あっけなく亡くなってしまい、私も残念に思った。もっと長生きしてほしい人だっただろうな。娘への愛情が溢れ出ている。

  • 奔放でぶれない、愛溢れるママはとても魅力的。自分の人生ってなんだろう。明日からどう生きて行こう、わくわくしてくる一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

ママの人生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ママの人生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ママの人生を本棚に「積読」で登録しているひと

ママの人生はこんな本です

ツイートする