ご本、出しときますね?

  • 428人登録
  • 4.25評価
    • (34)
    • (28)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 36レビュー
制作 : BSジャパン  若林 正恭  西加奈子  朝井リョウ  長嶋有  加藤千恵  村田沙耶香  平野啓一郎  山崎ナオコーラ  佐藤友哉  島本理生  藤沢周  羽田圭介  海猫沢めろん  白岩玄  中村航  中村文則  窪美澄  柴崎友香  角田光代  尾崎世界観  光浦靖子  佐久間宣行 
  • ポプラ社 (2017年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152768

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ご本、出しときますね?の感想・レビュー・書評

  • 面白かったー!!番組またやってほしいなあ〜〜。こういう本は好きすぎてすぐ増えちゃうので自重してたんだけど面白そうでつい買ったら大正解だった。
    若林さん、話を引き出すのお上手だなと思いつつ、わたしには芸人さんとしてのスキルはわからないので、やっぱりたくさん読まれてるからできるお話がすごく素敵。

    下らない話の中の、作家さんや若林さんにとっての「マイルール」が、どれもとてもよくて、ほんと人それぞれなんだけど、何かしらよくよく考えてのマイルールなんだよね。社会的によく言われることと同義かはわかんないけど、こういうことがあって、こう考えて、こう決めてるっていうのが見えるのがちゃんとあって(べつに曖昧でもわたしには共感はできない意見でも)、それを覗けるのがとても楽しかった。

  • ここ最近うつがひどく、全く本に手を出せる状況で無かった。
    久しぶりに少し気分が上向き、小説でなければ読めそう、それにこの本なら番組で見たし、ということで、とても久しぶりに本を読むことができた。
    テレビ番組も、佐藤友哉が夫婦で出るという情報をキャッチして初めてやっていることを知ったので、それ以前の回に関しては全く知らなかったので大変楽しむことができた。
    村田沙耶香が想像以上だ。けど、それ以外のメンバーも皆どっかしらネジがぶっ飛んでて非常に楽しかった。
    図書館で借りようかなと思ったけど、これは買って大正解。
    できれば番組のDVD化をしてほしいところだが、それは厳しいだろうな…。
    今年の正月にやっていた特別番組も見損ねてしまって、残念ながらそれは収録されていなかったのと、せっかく書籍化記念で鼎談を組んでるのに、メンバーが尾崎世界観と光浦靖子では、「作家」と呼ぶには弱いのではないか、という感じで、やりとりも本業のことばかりだったので正直なんでこのメンバーかな、というので星マイナス一。

  • 同名のBSジャパンのトーク番組を対談風に書籍化した一冊・・・といっても、その番組の存在を知らずに手に取った。
    朝井リョウ、西加奈子、角田光代などなど、錚々たるメンバーの作家陣が登場して好き勝手に話しているのが、やたらに面白い。
    そうかー、朝井リョウは読者をがんじがらめにして自分が用意した回答をわからせたいタイプの作家なのか、とか、西加奈子は逆なんだなそうだと思った、とか、村田沙耶香ってここまでぶっ飛んだ人なのか、とか。もう、驚いたり笑ったりすることづくめで、エッセイで読んで少しは知ったつもりでいた作家像がどんどん更新されていく。裏切られた感はあってもそれはいい意味であって、一層、著作に対しての興味が深まった。

  • 文筆系トークバラエティ、と言うだけあった、様々な小説家たちとオードリー若林さんのトークが超面白かった番組を書き起こし本。故に、ほとんど内容は番組で見てたので、新鮮味という部分はなかったが、それでも思い出してニンマリ。

    文章書き故か、とにかく皆さん言葉のチョイスが絶妙でウイットに富んでいる。そして少なからぬ面白エピソードを抱えている、というより普段から小説ネタにするべく抱え込んでいるのであろうか。

    好きな作家はもちろん、未読の作家も本を読みたくなる、そんな掘り下げが楽しい。

  • BSジャパンで放送されていた同名番組の書籍化。
    放送されていたこと知らなくて、見逃していた回もあったので、嬉しい。
    続編放送されないかなあ。

  • 作家を仕事にしている人のおもしろい人柄やおかしな関係性が見える。人間くささを感じることもあり、親近感がわいた。
    実売数を調べる人や、いいことばかり言う出版社の人にうんざりした人。
    書いていることだけが真実で、それが楽しくて仕方ないのに、売れれば売れるほど、リアルな世界が見えにくくなるんだな。出版業界は、あまり変わらない印象があるが、変わることがあるなら、作家の力によるものだろうと思う。
    何より、小説で読者の感情をゆさぶる作家さんが、それ以上に感情に振り回されていると知って、ニヤニヤした。
    読みたい本がまた増えた。
    170809

  • 朝井リョウ
    西加奈子
    長嶋有
    加藤千恵
    村田沙耶香
    平野啓一郎
    山崎ナオコーラ
    佐藤友哉
    島本理生
    羽田圭介
    藤沢周
    海猫沢めろん
    白石玄
    中村航
    中村文則
    窪美澄
    柴崎友香
    角田光代
    尾崎世界観
    光浦靖子

  • 著者の事はどちらかというと、ネガティブなイメージを持っているが、本に関することなら少し見てみようかなと手に取る。本を開と著者との対談本と言うことがわかり、著者を見るとこれもまあ、私がポジティブなイメージを持っていない著者数名と、知らない著者大勢。
    どうかねぇ、と思いながらも読んでみるがなかなか面白かった。

    やはり、作家さんを尊敬したり、妬んだりする心が私の中に有るのでしょうね。話を聞いていると、作家さんの日常、考えていることの鱗片が見え楽しかったな。
    また、トークテーマも良かったんだろうな。 程よく突っ込んでいて話が盛り上がっていて。
    読むと意外に良かった一冊。

  • 若林さん対作家一人、ではなくて、対作家二人ってところが良かった。作家同士の会話も楽しかった

  • 小説家の人々というのは多くの人が天才で
    キラキラした道しか通ってきてないのだと過信していた。

    合っていたし、間違っていた。

    才能というのは才能でしかない。(文章がうまい、読ませる文章)
    それに掛け算で何かが加わり始めて人に読まれる小説として成立する。

    その何の才能を自分が持っているか、それに何を掛け合わせれば人に評価されるのかを小説家の人たちは人よりも把握している。

    自己分析とは違う
    受け身の取り方を知っている。

    かといってそんな重いトーンで話されるわけではなく
    バラエティの対談形式なのでものすごくまとまっているし、面白い。

  • BSで放送していた「文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?」の文字版。
    テレビは面白くて録画してに2~3回見てたので
    読みながら場面を思い出し同じところで笑ったなと(笑)
    楽しく読めた。
    本のみ「尾崎世界観x光浦靖子」との対談付き

  • BSで放送してた番組の書籍化。
    この番組また復活してくらないかな。
    普段テレビに出ない作家さんたちの本音トークが聞けてめっちゃ面白かったのに。
    なのでこの本も面白かった。
    特に西加奈子と角田光代の回がほんとに可笑しい。
    西加奈子って下手なお笑い芸人よりよっぽど面白い。
    朝井リョウも思ったとおり自意識過剰でめんどくさそうな人でそれが面白いんだけどね。
    楽しめました。

  • かなりおもしろかった。とくにミス・ご本、出しときますね? の西さんが出てる回。安定しておもしろい。好きだからってのもあるかもしれないけれど。

    白岩玄さんが電話帳に登録する人物すべて絵文字ってのがおもしろくて、羽田くんがお金の絵文字ってのに吹いた。うける。
    あとクレイジー沙耶香のこわれっぷりも健在でやっぱりだいすき。電車内で××してるひとみたことないな笑。

    あと興味深かったのが島本理生と佐藤友哉夫婦の対談。お互いを島本さん、佐藤さんって呼び合ってるって。ふしぎ。まぁ結婚して離婚して再婚しなおすくらいだからね。。。作家合コンの話読みたくなったので乙一のエッセイ読もうかな。
    テレビで観れることができなかったのでうれしかったです。

  • 作家合コンええな

  • 同名番組の文字起こし。映像で見る方が断然面白い。一定の需要がありそうだから、公式動画で広告付けて流せばいいのに。

  • 今もコンビニでバイトの日は執筆が進む村田沙耶香、「村田沙耶香って作家はわたしのいちばん宝物」という西加奈子、大先輩の角田光代の家でご飯出してもらってそのうち「おかわり~」になっちゃう、そんな面倒見のいい角田光代は「やりたくない」がわからないで仕事なんでも受けちゃう、同期の朝井リョウ、柚木麻子、窪美澄は微妙な仲の良さ(笑)、そんな窪美澄は「引き寄せ本に引き寄せられてるのは自分だ!」←超ウケタww私も引き寄せだの自己啓発本が大嫌いwwそしてW村上にかわるW中村、どっちも読んだのに間違う私…

    朝井リョウの縛りの小説、なるほどだわぁ、次回あえて抗って読みたいわぁ(笑)「人から解説頼まれたらその人には頼まない」長嶋有の、興味が広がるっていうのすごい好きだ。うんうん。なにしろヒットは村田沙耶香のコンビニバイトへの愛とセクハラへの見解が…(笑)佐藤友哉と島本理生が夫婦だったとは…でもってこの人たちもかなりズレてて面白い…(笑)

  • 「読書芸人」として知られるオードリー・若林正恭が、大好きな作家を招いて鼎談したBSジャパンの番組をまとめた。プロデューサーは「ゴットタン」「ピラメキーノ」の佐久間宣行。
    2人のちょっと屈折した思い入れと、作家達の素晴らしい個性が相まって、深く、読みやすく、最高に面白いトークバラエティになった。

    「人見知り芸人」でもある若林が、普段の地上波番組では見せない本音を、大好きな作家達の前でぶつける。作家達も、自分の著作を読み込んでくれる若林の前で、丸裸の自分をさらけだしていく。

    このトークが、面白くならないはずがない。

    日頃、本を読まない人にこそ読んでほしい一冊。


    <作家達のオススメの一冊>

    シェア 加藤秀行 朝井リョウ推薦
    (異世代の人が納得しあうのにオススメの一冊)

    エドウィン・マルハウス スティーヴン・ミルハウザー 西加奈子推薦
    (憧れの人やスーパースターにまつわるオススメの一冊)

    あなたを選んでくれるもの ミランダ・ジュライ 長嶋有推薦
    (ネットとの付き合い方がわからない人のためのオススメの一冊)

    恋愛小説集 岸本佐知子編・訳 2冊 村田沙耶香推薦
    (変態の気持ちがわかるかもしれないオススメの一冊)

    高瀬舟 森鴎外 平野啓一郎推薦
    (肩の力を抜きたい人にオススメの一冊)

    辻 古井由吉 藤沢周推薦
    (世界の実相を掴みたい人にオススメの一冊)

    砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹 海猫沢めろん推薦
    (悩める二十代の道を照らすオススメの一冊)

    きりぎりす 太宰治 中村航推薦
    (自意識をなんとかしたい人にオススメの一冊)

    村に火をつけ、白痴になれ 栗原康 窪美澄推薦
    (猜疑心に苛まれる人にオススメの一冊)

    輝ける闇 開高健 角田光代推薦
    (ズルしたくない人にオススメの一冊)

    ライン 村上龍 尾崎世界観推薦
    (他人に寛大になりたい人にオススメの一冊)

  • 番組も好きで全部みてて、同じなのに楽しく読んだ。好きな作家さんが多かったのもあるし、ceroだらけだったのも、あっちゃーみたいな気分だった。
    最後に光浦靖子とかもでてくるの。光浦靖子、昔からすごく好き。だいたい感心して話をきいてる。いろいろ考えてんな。優しい言葉の選び方をするなと思って感心する。

  • いやー、結構いつものメンバーなんだけど、そのせいかリラックスして喋ってる感じでぶっ飛び感がすごく楽しかった。図書館で借りて読んだけど、買いなおしたい。

  • オードリー若林正恭さんと作家さんらとの本にまつわることや人となりなどを対談形式で進む話。テレビの方は見ていないが、対話の雰囲気が伝わる感じで、小説からは見えない作家さんの意外な一面、信念としていること、エゴサーチのことなど楽しく読めてしまった。角田光代さんがボクシングを16年も続けていること、佐藤友哉さん島本理生さん夫妻のお互いの呼び方にくすっときたり、村田沙耶香さんのぶっ飛び加減、中村航さんがツッコミを入れられていたりなどして面白かった。対話の中で紹介されていた本も読んでみたいと思う。

  • オードリーの若林さんが司会で、作家さん2人と3人で話すテレビ番組を本にしたもの。

    変な人ばかりで面白かったですw
    会話を文字にしてるので、ちょっと読みにくいところや、あれ?そこで話終わっちゃうの?ってところはありましたが、楽しく読めました。
    マイルールが面白いですね。自分では特に思いつくものがなかったので、そういうルールを設けてるんだ、というのを知るだけでも面白かったです。

  • 番組は見たことなかったけど、若林さんと作家さんの対談ってことで興味あって読みました。作家さんの意外な一面も見れて楽しく読めました。
    続編とか出版されるのを楽しみにしてます。
    読んだことない作家さんとかもいて、興味持ちました。

  • 作家さんの魅力満載。
    読んだことのない作家さんの作品に興味を持つきっかけになった。本を読もう!

  • 作家さんの日常ってものすごく興味ある。すこし、その作家さんのふだんの顔が見えてきて、すごく意外だったのが、”以外と普通”な一面があったこと。そして、やっぱし、すごくおもしろい考え方してること。それを若林さんが繋いでくれる(私も見えるところまで)、あとがきを見ても思ったけど、こういう番組が、こういう考え方の人が、もっと増えていったらうれしいな。きっとおもしろい社会になると思うんだ。

  • 一度だけ番組を見たら面白くて番組表チェックしたのに、もう終わった後の特番だったらしく残念に思っていた。作家さん同士の話ってとても面白い。朝井さんたちの同期は今後もどんどん活躍して悔しい思いをしあってほしい。

全36件中 1 - 25件を表示

ご本、出しときますね?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ご本、出しときますね?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ご本、出しときますね?のKindle版

ツイートする