太郎とさくら

  • 49人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (5)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 小野寺史宜
  • ポプラ社 (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152799

太郎とさくらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暖かいな。とても暖かい人々だな。

    人を許せるって事は、時間がかかるかもしれないけど、とても大切な事なんだな。

    太郎、がんばれ

  • 異父姉弟の太郎とさくら。
    さくらの結婚式に、母と離婚したさくらの実父野口さんが突然現れた。

    太郎と野口さん、とも言える様なお話。
    登場シーンでは、野口さんに対する印象はあまり良くなかったですが、太郎との関わりの後に、その印象は変わって行きました。
    太郎がいい仕事をしましたね。
    太郎の優しさが、全てを一つに繋げるきっかけになったのだと思います。
    両親とさくら、故郷由比の人達が、みんな暖かい。
    最後に表紙を見て、思わず微笑んでしまいました。

    著者の作品は2冊目。
    相性が良いようで、大好きな1冊になりました。

  • 昭和49年のヒット曲「昭和枯れすすき」はさくらと一郎でしたw。今回読んだ本は、小野寺史宜さんの「太郎とさくら」、2017.1発行です。人生は出会いと別れ、人と人の出会いと別れ、そして再会を、異父姉弟のさくらと太郎の生き様を通して描いた作品です。お人好しの太郎が恋人紗由にふられるのは途中からそうなるかなとは想像しましたが、少し可哀想な気がしました。全体的にはハッピーエンドで概ね満足です(^-^) カツカツの生活をしてるさくらの実父を太郎が大切にするくだり、「頑張れっ」と声援を送りました!

  • この作者らしく登場人物がほとんど良い人。優しい話。 2017.10.10

  • 2017/6/14
    太郎いい奴なのにもったいない。
    でも紗由ちゃんに太郎の考えてることはわからんものな。
    仕方ない。
    だいぶお人好しやしな。
    イラつくかもw
    みんな納まるとこに納まってスッキリした感じ。

  • ほっこり。

  • 母の前夫の娘である、姉のさくらと、今の夫の息子である太郎とは、血のつながりは半分である。
    姉は結婚して苗字が変わった。
    義理の家族として、それでも和やかに暮らしてきた毎日だったが、一段落。
    そこから始まる物語。

    太郎、いろいろユルい。にぶい。
    来るもの拒まず。
    結果として彼の周りではいろいろつながる。
    意外なことに人を幸せにする才能があるのではないか。
    ただし、幸せになれる才能のある人に限り。

    お話もゆるゆる進むが、ほっとするユルさである。
    納まるところに納まり、帰りたい人は帰れる、小さな幸せだ。
    太郎が幸せになるところも見たかったです。
    人を幸せにするだけでは「幸福の王子」の燕になってしまうから…

    ただ、ラストをみると、知らないうちに彼は少し大人になっていたようです。
    幸せをつかむ日もそのうち…ゆるゆるとやってくるでしょう。

  • 小路幸也風。さらに甘口。

  • 東京と静岡。そんなに遠くないからあるかもしれない話。

  • ついに噂の親戚がやってきた!姉の結婚式に、来るはずのない「あの人」が…。トンチンカンな誠実さがまきおこす、丸山家のホームドラマ。遠くにいる家族の、ほんのり温まる物語。

全16件中 1 - 10件を表示

小野寺史宜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

太郎とさくらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太郎とさくらを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする