ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉

  • 66人登録
  • 4.67評価
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小池一夫
  • ポプラ社 (2016年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152829

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
リンダ グラット...
原田 マハ
塩田 武士
村田 沙耶香
グレッチェン・ル...
恩田 陸
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【No.13】「ああ、この人とは距離をおくべきだな、別れるべきだな、と思うのは、自分への対応が雑になったとき」「この人はこういうふうにしか自分の感情を表現できない、情けない奴だと同情してやれ。相手と同じ土俵に載ってはいけない。感情的な相手には、平常心で対抗するのが、最強の攻撃」「”今”の絶望は、未来では絶望ではなくなっていることも多い。だからとにかく、”今”を乗り切るのだ」「食事、睡眠、休養が少しずつ足りないだけで、体が少しずつ弱っていく。それに加えて、ストレスによって心も弱ってしまう。人は弱い生き物なんだよなあとつくづく思う。
    逆に言えば、少し自分に気をつかうだけでずいぶんとラクな生活が送れるよ。まずは自分」「自分の今いる場所が、自分の実力」「一番良かったときの能力を、自分の実力として認識するべきではない。アベレージの能力が、自分の能力だと認識するのだ。実力以上の一番できたときを自分の能力だと勘違いすると、大抵、日常につまずく」「夢を叶えた者は、必ず夢を追いかけていたときがある」「言われた相手はしっかり傷つき、しっかり根に持っている。言葉に鈍感な人は、心も鈍感」「自分の思いが過不足なく伝えられる言葉を磨かないと、人生において大きな損だ」「自分に対する罵倒や言われのない批判や、あてこすりを言う者には、同じ土俵に上がって争うのではなく、そんな者たちがついてこられないほど、自分自信が遥か高みを目指すという戦い方を僕は選ぶ」

  • 著者のツイッターをフォローしています。心に残ったものはリツイートとしているのですが、本として持っていたいと思い、読みました。58年間生きて、自分なりに考えていることはあるんですが、20年以上年上の方の言葉には唸らせるものが多々あります。枕元に置いて、寝付けない夜、朝の不安を和らげてくれるような気がします。

  • すっごく良かった!!元々ツイッターでの発言が良いなあと思っていたのでまとめて読めて満足!対人関係だったり、才能や人生についてだったり、長く生きている人の考え方や発言は説得力があると思いました。日頃もやもや思っていることを上手に言葉にしてくれていて、読んでいて心が楽になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉の作品紹介

人間関係、負の感情、人生の不安……
「もう、後悔するほど、悩まなくていいンだよ」
ツイッター(@koikekazuo)フォロワー数39万人突破!
80歳の著者による、悩みが一気になくなる300の言葉。

ツイッターの「いいね」数上位のつぶやきを中心に厳選した
“人生が好転する”“今やるべき答えが見つかる”“心がラクになる”言葉をお届けします。

・人とうまく付き合えない…
【他人に「完全」を求めないこと。
自分自身が「不完全」なのだから。】

・相手に嫌な言葉を投げかけられた…
【感情的な相手には、平常心で対抗するのが最強の攻撃。】

・相性が悪い人がいる…
【「放っておく」という対処法が最良だということも多いと最近感じる。
「無関心」ではなく、あえて放っておく。】

・相手の言動にイライラしてしまう……
【「人に条件をつけない」と心に思うだけで、
好きになる人はずいぶンと増える。】

・喧嘩が長引いてしまう……
【喧嘩の仕方で一番まずいのは
「その喧嘩以外の件を持ち出すこと」と
「過去の件を持ち出すこと」である】

・すぐに落ち込んでしまう……
【「自分の感情に振り回されるのをやめる」のはとても大事なこと。】

・つらくてどうしようもない……
【自分が地獄にいると思ったら、そンなところでぐずぐず止まっていないで、
突っ走って脱出するのだ。なりふりかまわず、逃げ出せ。】
【過去には本当につらい日もあったンだけど、今日はあの日から一番遠い日】

●著者プロフィール
1936年、秋田県生まれの80歳。漫画作家、小説家、脚本家、作詞家。
代表的な漫画原作作品に『子連れ狼』『御用牙』などがある。
1977年より後進育成のため「小池一夫劇画村塾」を開設。
同塾門下生には高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、さくまあきら、堀井雄二らがいる。
著書には『「孤独」が人を育てる 小池一夫名言集』『人を惹きつける技術 カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方』(以上、講談社+α新書)などがある。 
2010年3月から73歳にして、Twitterを始める。
日々つぶやかれる、厳しくも愛がある言葉の数々が話題になり、2016年10月現在、フォロワー数は39万人を超える。

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉はこんな本です

ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉のKindle版

ツイートする