テレビでは言えない大相撲観戦の極意 (ポプラ新書)

  • 27人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 舞の海秀平
  • ポプラ社 (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152867

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
おかべ たかし
安田理央
中村 文則
内館 牧子
有効な右矢印 無効な右矢印

テレビでは言えない大相撲観戦の極意 (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

  • 自分の中で若貴以来の大相撲ブーム到来です。
    舞の海さんの解説はいつもとても分かりやすく、本も読んでみたくなりました。
    相撲観戦がさらに楽しくなります。

  • 本としては普通かなあ。
    特段裏話というものでもないけども。

    ただ、この人って、八百長について他の本で、相撲は「興業」だって言い切ってたもんなあ。
    勝敗という意味での「真剣勝負」じゃないって言ってたはずなんだけど。

  • 舞の海の人となりが現れた文体が優しく読みやすい。確かに一般人には知らない情報が多くあって、ソウナンダ感を満喫することができる。ただし、情報密度が薄い文体は最後の方まで読むと、おなかブクブクになってくる。

  • 大相撲にまつわる興味深いQAやエピソードが取り上げられているので、極意は言い過ぎとしても、読本としては間違いがない。昨今は力士の大型化が進み、決まり手もワンパターンになりがちな現状への指摘は、多彩な技で鳴らした著者ならでは。TVでは向正面と解説者の掛け合いを始めたほどのチャレンジ姿勢の一方で、本書では伝統の良さと必然性も説くなど、偏らないスタンスには安心感を感じた。

全4件中 1 - 4件を表示

テレビでは言えない大相撲観戦の極意 (ポプラ新書)はこんな本です

テレビでは言えない大相撲観戦の極意 (ポプラ新書)のKindle版

ツイートする