かがみの孤城

  • 470人登録
  • 4.40評価
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

  • 即、新刊購入した作品。

    『あなたを、助けたい』
    学校での居場所をなくし、不登校となり引きこもっていた中学少女の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。

    輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、謎の不思議な城。そこには主人公と似た境遇の7人が集められていた。

    7人を招いた狼仮面の少女が告げる。『ここは願いの城。城の中にはどんな願いも叶える願いの部屋があり、部屋の鍵は城の何処かに隠されている。お前たちは来年の3月30日まで、9時から17時までの時間限定で、この城にいつでも来て留まれる』

    願いの鍵探しを始める7人は徐々に仲良くなっていく。
    この7人が、なぜこの場所に?全てが明らかになる時、驚きと共に大きな感動に包まれる。生き辛さを感じている全ての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作!


    以上、そんな作品です。
    思いっきり泣けて感動しました!個人的には『ぼくのメジャースプーン』は僅差で超えられなかったけど、辻村さん作品では歴代2番目の神作品でした!

    僕自身、中学2年~卒業まで虐めに遭い、不登校までは行かなかったものの身体的拒否反応から朝に頭痛を起こし、2年間で20日ほど休みました。
    また、20歳位まで毎晩、累計2000回以上は悪夢にうなされ続けました。
    そんな過去まで救ってくれる慈愛に満ちた素晴らしい作品で、
    中学時代は苦しみから逃避するために読書に夢中になってた心境も思い出し、中学当時と同じキラキラした輝きの作品世界へ僕を導き救ってくれた本でした。

    過去でも現在でも学校や職場やあらゆる場所で居場所を無くし怯えて引きこもっている全ての方へ……届けたい・贈りたい・読んで欲しい神作品です!

    そして更には終盤、『あなたを助けたい!』と、登場人物と共に叫んで手を伸ばした方への助けたい理由が、
    僕には最上位の要因だったので、涙が溢れて止まりませんでした!

    壮丁も素晴らしく、表紙に城へと誘う鏡とヒロインと狼少女が描かれており、
    丁度最近、自宅のベッドの足下に対面する形で設置した本棚があって、そこに表紙が見えるように今作を横に置くと、
    表紙の鏡を通り抜けて、読書中の本の世界へ心身共にワープ出来たような気になれて、より読書そのものが楽しくなりました(^-^*)/

    今作を読む時も、カバーを取って表紙がきちんと見えるように本棚へ表紙だけ飾って読む事で、より本の世界へ入り込み幸せへ浸れました(*^-゜)⌒☆

    辻村さんは初期の少年少女主人公の不思議要素作品で評価されるも、
    そこで終わらずに一般人にも共感しやすい『キズナ』や、読書家には別分野に思えるアニメ業界を分かりやすく抜群に面白く感動的に描いた『ハケンアニメ』、
    不思議な要素がなく現実的要素の少年少女のみでもバッチリ感動作に仕上げた『島はぼくらと』、
    結婚や育児を経てリアルな問題を見事に昇華した『朝が来る』『クローバーナイト』等々、
    テーマや手法が変わっても、きちんとこれだけ名作が書ける降り幅は本当に素晴らしいなと思ってましたが、
    原点回帰とも言える『 少年少女主人公の不思議要素作品 』で、これだけ過去を超える感動作を産み出した事は、神々しさすら感じますし、
    今作をテーマやメッセージは変わらぬまま『島はぼくらと』のように現実的要素のみで仕上げる事も可能だったでしょうが、敢えて初期の頃のように不思議要素を加えた事により、今作を1番届けたいであろう傷付いた少年少女たちが読みやすい仕様・作品世界へ入り込みやすい仕様へ仕上げた点を深く敬愛致します。

    そして本では生まれて初めて、読者感想葉書きに感想と感謝を書いて出版社へ送る予定ですし、
    今作に出会えた事を心から感謝したいし、
    文句なしで、早くも次回の本屋大賞1位候補作品で... 続きを読む

  • 辻村深月、最高!
    怒濤のラスト

    初期6作品を越えるかも

  • すごい良かった…途中でもしかして!って設定に気づいたけど当たってて嬉しかった∩(・ω・)∩
    この本で辻村さんのサイン会に始めて行けたから、思い出の本になるんだろうなーーー!!!好きだ

  • 狼のお面をかぶっているから、オオカミサマは「狼様」なのだろうけれど、時々 「大神様」かと思えてしまって不思議だった。
    この先生はひょっとしたら子供たちのうちの誰かか?と思ったり時代?と思ったり
    続きは明日と呟きながらついつい次のページを読み始めてしまう。結局夜中までかかって読んでしまった。久しぶりにやめられない止まらない本でした。

  • 中学生のあの頃、この本に出会っていたら、、と思わずにはいられない。帯の「あなたを助けたい」の一文に物語のすべてが詰まっている。どうか一人でも多くの子供の手にこの物語が届きますように。目の前の世界が唯一であると絶望を感じたあの頃。そんな時期を乗り越え大人になった私たちの心にもきっと温かく広がる物語。やっぱり私は辻村深月さんの物語が本当に好きだ。いやそれにしても、もっとじっくり読みたかったのに、一気に読んでしまった。後日ゆっくり丁寧に読み直したい。

  • 鏡って何だろう。この城で探す鍵って何だろう。この城って何なんだろう。そもそもなぜ彼らはここに集められたんだろう。
    いくつもの「何」を求めて読み続ける。けれど、この「何探し」はこの物語のキモではなかったんだ。彼らがここに集められた理由も、鍵を探す意味も、オオカミ少女もの正体も、海の上に小さく出ている氷山の一部でしかなかった。
    おおきな時の流れの中で、今、自分がここに生きている意味。なぜこの世に生きているのか。こんなにも苦しいのに生きていかねばならぬのか。
    「たかが学校」そう思えずに苦しい朝を迎えているたくさんの子どもたちのために、この物語は大きな扉を開けている。届けなければ、一冊でも多く、届けなければ。

  • 久々の辻村さんが書く学生物きたぁーーーー!!!と、読み始め早々テンションが上がり、そのまま落ちる事なくむしろ上り詰めて泣き、やっぱり学生物を書く辻村さん最高だ…ほんと、好き。と、なった。
    どのキャラも丁寧に書き込まれている愛は今回の作品も同じ。
    読めば読むほど、どんどんみんなを好きになっていく。何気ない文章に隠された伏線が、最後になって綺麗に回収されて終わる…かと思いきやもうひと落ちあってこりゃやられたとなる。
    みんなのその後を是非書いて欲しい。

  • こんなに優しい物語には久々に出会った

  • 好きなタイプの辻村さんだと読み始めて、すぐに思い大事に大事にゆっくりとら読もうと思っていたのに、面白くて一気に読んでしまった。
    ページがどんどん減っていく切なさったらなかった。
    ネタはなんとなくわかったけど、ラストで全てが繋がった時は思わず「なるほど」と声が漏れた。
    全てが集約され、温かい気持ちになれ、心が軽くなれた。
    頭の中に、絵がどんどん浮かんできて、こころやフウカが動き出す。
    本当に素敵な世界で逃げることも大事、闘うことも前を見ることも大事、色んなことを教えてくれた本だった。

全9件中 1 - 9件を表示

かがみの孤城を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かがみの孤城を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かがみの孤城を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かがみの孤城を本棚に「積読」で登録しているひと

かがみの孤城の作品紹介

不登校の少女が鏡の向こうの世界で出会ったのは――生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

かがみの孤城はこんな本です

ツイートする