かがみの孤城

  • 2059人登録
  • 4.32評価
    • (293)
    • (207)
    • (76)
    • (5)
    • (6)
  • 263レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 様々なトラブルを抱えて学校に行く事が出来なくなった七人の中学生が、オオカミ少女に よって鏡の中にある城に招かれ一年間の期限で「一つだけ願いが叶う」宝探しをする事になる。
    七人が心の内に抱える学校や家の事情、城で培われる連帯感や友情、それぞれの叶えたい願い、城の秘密…。

    大人向けの物語というよりはヤングアダルト向けジュブナイル作品寄り。最後までスラスラ一日で読めたし、今回はトリックもすぐ気づいてしまった。
    学生時代を思い起こせば、当事者だったり傍観者だったり色々な形があるけれど、学校に行きたくなくなる辛さがあるというのは大なり小なり誰もが一度は肌で感じた事があるはず。
    あなたが悪い訳じゃない、だからそんな時には逃げてもいいし許さなくてもいいんだよというわかりやすいメッセージは辻村さんなりのいじめや友人間トラブルに対する考え方なんだと思う。

    ただ辻村作品では割とよくある事だけれど、主人公にだけ最上位ヒーローが用意されてて他が余り物的にくっつけられる所と、悪役が徹底的に悪という扱いでそのまま投げ出されるのが今回は何故か微妙に後味が悪い。初期作品読んでた頃より大人になった私が主人公に感情移入しきれてないせいかもしれない。こころも選民意識とか卑屈さがある割にそれを反省した様子があんまりないからかな。他の中学生達も「冷たい校舎の時は止まる」の様に個別パートがしっかりある訳ではなく(あれはあれで長過ぎでもあるけれど)、一部をのぞきクライマックスに個々の事情が一斉に判明するので個別キャラクターに思い入れも持ちにくかったかも。

    面白かったけれど予定調和で終わり過ぎた事と目新しさがなかったので少し星は厳しめ。

  • 辻村深月さんの本は2冊ほどしか読んでいないが、優しい本を書く方だなあ。展開は読めたので、驚きはなかったけれど、こころ以外の6人はもう、この世に存在していないのかも?と思いつつ読んでいたので…。ああ、そうやって繋がるのか、とホッとした。子供にも読ませたいな。

  • 中学校の人間関係の息苦しさを思い出した。
    しかし、自分から働きかけることで、扉が開いていくのだと思った。時を超えて必然的に出会った8人が、閉ざしていた心を少しずつ解していく。仲間がいると、強くなれるのだ。


  • 最後号泣はしなかったし、落ちたと言えば落ちたけど…っという感じ。ただ伏線がまだありそうなので、読み返してみようかと思う。ファンも多いので言いにくいけれど、彼女の小説はどうしていつもそうなんだろう?
    年齢とキャラクターの中身がずれている。
    今回の場合は幼い。中学生で遊ぶとか言う?
    あと、複数のキャラクターがいきなり出てきすぎ。個性薄いから覚えられない。特に男の子。
    今回の場合は、すごくもったいないなぁという感じ。もっと最初にそれぞれのキャラクターが印象づけられていれば、もっと心揺さぶられたのに。

    でも…そうか。彼女を救った彼らを、今度は彼女が救うのか。それは、すごくいいかもしれない。あと、個人的には「未来で待ってる」というセリフが好きだ。もう一度読もっと。

  • 「学校に行けない子ども」は、わたしの原点の原点。これを課題とするか、どうするかも悩んだ話。それはそれとして、途中から積み重なる違和感、もどかしさいっぱいの全編でございました。
    7人の未来が、素敵なものとなっていますように。
    2017/10/30読了

  • 行き場の無い生活が鏡の向こうの世界で変わる
    ただし期間限定
    仲間が出来、居心地のよい世界でもずっと居られない、ルール違反にはペナルティーが課せられる…

    狼面の少女と7人の少年少女
    童話ちっくでぐいぐい読みさります
    心地よい読後感

  • 若者向き。

    面白かったが ??な部分も。

  • 最初の方のツジムラミツキみたいだっ、と読み始め。
    ・・・・・後半のじれったい展開も相変わらず。

  • 学校に行けなくなった子供達が鏡の世界に連れられてそこで触れ合う話。
    途中で読めてしまったのが残念。

    最後のつながりまでは予想できなかったけど、もう少し複雑なストーリーが良かった。

  • 中高生におすすめかなー

かがみの孤城のその他の作品

かがみの孤城 Kindle版 かがみの孤城 辻村深月

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする