かがみの孤城

  • 1565人登録
  • 4.32評価
    • (209)
    • (156)
    • (53)
    • (4)
    • (4)
  • 190レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

  • 辻村深月さんの本は2冊ほどしか読んでいないが、優しい本を書く方だなあ。展開は読めたので、驚きはなかったけれど、こころ以外の6人はもう、この世に存在していないのかも?と思いつつ読んでいたので…。ああ、そうやって繋がるのか、とホッとした。子供にも読ませたいな。

  • 中学校の人間関係の息苦しさを思い出した。
    しかし、自分から働きかけることで、扉が開いていくのだと思った。時を超えて必然的に出会った8人が、閉ざしていた心を少しずつ解していく。仲間がいると、強くなれるのだ。

  • 様々なトラブルを抱えて学校に行く事が出来なくなった七人の中学生が、オオカミ少女に よって鏡の中にある城に招かれ一年間の期限で「一つだけ願いが叶う」宝探しをする事になる。
    七人が心の内に抱える学校や家の事情、城で培われる連帯感や友情、それぞれの叶えたい願い、城の秘密…。

    大人向けの物語というよりはヤングアダルト向けジュブナイル作品寄り。最後までスラスラ一日で読めたし、今回はトリックもすぐ気づいてしまった。
    学生時代を思い起こせば、当事者だったり傍観者だったり色々な形があるけれど、学校に行きたくなくなる辛さがあるというのは大なり小なり誰もが一度は肌で感じた事があるはず。
    あなたが悪い訳じゃない、だからそんな時には逃げてもいいし許さなくてもいいんだよというわかりやすいメッセージは辻村さんなりのいじめや友人間トラブルに対する考え方なんだと思う。

    ただ辻村作品では割とよくある事だけれど、主人公にだけ最上位ヒーローが用意されてて他が余り物的にくっつけられる所と、悪役が徹底的に悪という扱いでそのまま投げ出されるのが今回は何故か微妙に後味が悪い。初期作品読んでた頃より大人になった私が主人公に感情移入しきれてないせいかもしれない。こころも選民意識とか卑屈さがある割にそれを反省した様子があんまりないからかな。他の中学生達も「冷たい校舎の時は止まる」の様に個別パートがしっかりある訳ではなく(あれはあれで長過ぎでもあるけれど)、一部をのぞきクライマックスに個々の事情が一斉に判明するので個別キャラクターに思い入れも持ちにくかったかも。

    面白かったけれど予定調和で終わり過ぎた事と目新しさがなかったので少し星は厳しめ。

  • 5月、学校に行けなくなった安西こころ。雪科第五中に入学したばかりだけど、新しいクラスメイトに目をつけられ、家から出られなくなってしまう。フリースクールでさえ行けなくて、両親が仕事に出たら、1人、家にいる。

    そんな時、部屋の鏡が光る、その鏡を通って見知らぬ城にたどり着き、狼のお面を被った少女に出会う。
    「オオカミさま」と呼ばせた少女が鏡の中の城で引き合わせた、4人の男の子と、こころ含めて3人の女の子。
    日本時間で朝9時から夕方5時まで、自宅と鏡の城を行き来できる。それ以外の時間に残っていたらオオカミさまに食べられてしまう。1人がルールを破っても、連帯責任になる。3月30日までに秘密の部屋の秘密の鍵を見つけたら、願いを一つだけ叶えることが出来る・・・、そのチャンスを得られた7人はラッキーだ、とオオカミさまは言う。

    わけがわからないままに、城に集められた7人。
    少しづつ打ち解けてゆき、いつしか7人には絆が芽生える。
    だが秘密の鍵を見つけて、願いを叶えるとは?なぜこの7人が集められたのか?オオカミさまの正体は?7人の現実は?

    中学生にオススメのファンタジー!

  • 中だるみしまくってて、途中までこれは失敗だったなぁーと思うくらいにつまならなく全く読み進められなかった。内容的にはネバーエンディングストーリーの縮小版のような感じだよなぁ。と、思っていたら後半の突然の盛り上がりに最終的に号泣した。笑笑

    やられたー。

    ホントやられたー!!

    もう少しだけいろん伏線大事に回収してオチつけて欲しかったなぁーと、思うのと中だるみをどうにかしてくれたらサイコーに面白かった!この本!!!!

  • おそらく。若い年齢の方々が読むとより共感したり心の支えになるんだろうなぁ、と。内容としてはオチが見えていたので、スルスルとブ厚いページ数も楽に読了できました。心の問題を抱えた中学生達が時空を超え集まれる場所を提供され、自己の問題にそれぞれが悩み時には集まった友に助けられ、やがて心を強くし未来に向かって進む姿は清々しいものです。主人公の女の子がここに集まった子たちの悩みを全員分知る事になった時、一気にたたみ掛ける展開のスピード感は見事でした。最後の1人まで心の解決が終わるまでラストの1ページまで気を抜くことが出来ませんでした。

  • 雪科第五中学校1年の安西こころは、同級生にいじめられて不登校になってしまい、親にも言えず、自宅に引きこもっていた。
    こころはある日鏡の中に引き込まれてしまい。その中には心も含め7人の中学生がいた。

  • 9月2日読了。図書館。

  • 学校に行けなくなってしまったこころの部屋の鏡が突然光り出す。引き込まれるように入ってしまった鏡の中の城にはそれぞれの事情でやはり学校に行けなくなってしまった子たちが集まっていた。
    散りばめられていたヒントが最後にまとめられていくのところは、想像がつきながらもやはり上手いと思った。

  • スラスラ読めたし面白かったけど、なんせ主人公(というかほとんどの登場人物)が中学生なので、ちょっと感情移入はしにくかったな。
    中高生が読んだらもっと面白いのだろうか?

    とはいえ、大人でも十分楽しめる、と思う。
    もしくは、中高生の親が読んでもいいんじゃないかな。

  • 中学一年生の繊細な心を持つこころは同級生からの嫌がらせを受けて、家に引きこもるようになる。劣等感と不安を抱えるばかりの日々だが、そんなある日、部屋の鏡が光始める。

    その中に入ってみると、城が作られており、自分以外に6人の子供が集められている。
    この城でのミッションは願いの間への鍵を一年以内に見つければ、どんな願いでも叶えてやろう。というもので。。

    設定は面白い。ただし、登場人物が全て子供というのもあり、ちょっと幼稚さが鼻に付く。仕方がないことではあるけれど。
    ただし、それなりに残酷な描写もあるので、なんとも言えない感じになる。

  • 少し重いかな。

    とある中学校に通うというか、馴染めなくて通えなくなった7人の子供たちが、鏡の中の不思議な世界に迷い込む。
    ほぼ1年の期限以内に鍵を見つければ、なんでも願いが叶うというが…

    前半は、イジメというか学校に行けなくなった話が結構重くて、ちょっとウンザリ。

    作者は結構この手の経験があったのだろうか?

    私はそれほど過酷なイジメにあったことがないし、もうオッサンなので大丈夫だが、こういう話が長く続くと結構気が滅入るなー。

    後半は、似た者同士が少しずつコミュニケーションの取り方を覚えて明るい方向へ向かうし、前半の伏線が回収されて上手いこと出来ているのだが、いかんせん前半が長すぎたせいかスカッとしない。

    話としては悪くないが、ちょっと暗いという感想。

    いま現在イジメられてない人は読んでもOK。
    いじめられてる人は暗くなるので止めましょう。

  • 辻村さんというよりは、宮部みゆきさんっぽいかな。
    7人が現実で会おうとした時、会えないだろうな、とは予想できたけど、まさかの「パラレルワールド」説?!私の中には別の説が出来上がっていたから、それにみんなが納得していくのに違和感がありつつ、自分が間違ったかな、と思ったら、やっぱり、そうだったじゃん!
    アキの現実が苦しすぎてやりきれないけれど、それを乗り越えてくれたようで心からほっとする。
    オオカミさまのことまでは予想できなかったなー。
    見事にしてやられて嬉しくてニヤリ。

  • いろいろな理由から不登校になってしまった中学生たちが、集められた鏡の中の孤城。3月30日までに城のどこかに隠してある鍵を見つけた者は願いがかなえられると言う。
    家の中にある鏡が光って、突然「オオカミさま」がいる城へと誘われるのは、まさしくファンタジー。ファンタジー系が苦手なので、最初の何ページかで止めてしまおうかと思ったが、読み進めてみると、個々が抱えている悩みと向き合う姿をメインで描いており、宝探しの話はどこへやら…
    でも、思春期に誰でもぶつかるであろう壁に、各々が立ち向かって、未来を語る姿は胸を打つ。種明かしについては、結構早い段階で分かるけれど、メッセージ性の強い作品であることは確か。「みんな、がんばれ!」とつい応援したくなる。

  • 中学生の私に読ませてあげたいな。
    たかが、学校。
    それって大人になると分かるけど、実際に今学校に生きてる世代にとっては、学校が全てだから、そういう風にはなかなか思えないものなんだよね。辻村さんはそういう10代ならではの微妙な心情を書くのが本当にうまい!大人になると忘れてしまいがちな、10代の脆さを丁寧に描いてると思った。
    謎解き要素や、最後でのタネあかし的な部分、小説としてもともても面白かった!喜多嶋先生がこころの家を訪ねてきたところで、「あ、
    これがアキだな」ってわかったから、時間軸のことはわりとすぐに気づいたけど、オオカミ様の正体には気づけなかったなぁ。
    なかなかのページ数だけど、一気読み!面白かった!

  • 長尺でしたがほぼ一気読みでした。
    謎解き要素もあり、ものがたりとしては楽しんだのですが。
    それぞれの事情。今の自分の立場だと子どもがこういう事に巻き込まれないで欲しいと思う。どこに行ってもこういう人はいるのだろうけど。言葉が通じない人。そういう時にどうやって寄り添えるのだろうなどとつらつら考えてしまう。

  • 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた。読み始めると、止まらずに最後まで読んでしまいます。涙なしには読めません。

  • 伏線が多すぎて、先がかなり前から読めてしまったのは残念だった。

かがみの孤城のKindle版

ツイートする