かがみの孤城

  • 896人登録
  • 4.31評価
    • (61)
    • (48)
    • (12)
    • (2)
    • (2)
  • 58レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

  • 不登校の中学生達が不思議な世界で繋がって再生していくお話。様々な設定がユニークでミステリー要素もあり素敵な作品だった。不登校に寄り添う著者の優しい気持ちが心に響く。これは映像化されると思う。

  • 一括りにされがちな『不登校』の子供達には、それぞれに学校に行けない理由があって、傷がある。そんな子供達に寄り添ってメッセージを送っているかのようなお話でした。物語の構造は『冷たい校舎の時は止まる』みたいな感じで、色々な仕掛けがあって、異世界のお城に集められた子供達は〇〇じゃないのかな?というところまでは気付いた。でも、オオカミ様の正体やら二重、三重に仕掛けがあって、エピローグでは「あ~そうだったのか」と、でも騙されて悔しいじゃなく、胸が温かくなるような終わり方でした。

  • この人は人間のヒリヒリした気持ちを書くのがとても上手いと思う。上手すぎるせいで、大人になった女性が主人公だと逆に読む気がせず、最近は離れていたのだが、新刊は中学生の女子が主人公だと知って買ってしまった。

    学校に行けない子どもたちが、謎の「オオカミさま」に集められて、一緒に過ごす。鏡の国のアリスのように、鏡を通って現実とお城を行き来する。最初はみんなぎこちないけれど、だんだんとお城が彼らにとっての居場所になっていく。

    自分の若い頃にも鏡が光ってくれれば良かったのに。昔から人生には逃げ出したいことばかりだ。いまも、逃げ出したくてたまらない。

    大人側から見た押し売りかも知れないけど、主人公のこころちゃんと同じように悩んでいる子がいるなら、是非読んでみてほしいなと思う一冊だった。

  • 辻村さんの原点回帰とも言われ、評価が高いこの作品、さすがです!

    それぞれの事情を抱えた中学生たちの生きづらさが痛すぎます。
    確かにあの頃って、学校が世界の全てみたいなところがあって、そこで居場所をなくすと、行き場がない。。

    違うんだよ、たかが学校!
    居場所は他にもあるんだよ!
    闘わなくていいんだよ!
    と、教えてあげたい。
    そんな、辻村さんの温かい眼差しが感じられる物語でした。
    暖かい春の陽射しが感じられるようなラストは、思わず微笑みがこぼれました←ラシクナイ

    作者インタビューで、中学生の自分に自分の作品を1つだけ渡すとしたら、この作品だと答えたように、かなりの自信作のようです。

  • 読み進めていくと、こうなんじゃないかなと展開が読めたんだけれど、最後まで読んで素晴らしさを感じた。主人公こころの心情がよく描かれて深く読ませる文章。中学生のお話でファンタジーの部分があるけれど、親だけのくくりでなく大人でも子供でも読める。
    そんなの服装とかどうなのよ、不思議と感じたことでわかるんでないかいとかも思ったけれど、予想以上の読み応えでした。
    辻村さんの作品では、今のところ『東京會舘と私』の次かな。

  • 表紙にひかれて。

    学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
    9時~17時の間は好きなだけこちらの世界にいられる。それを過ぎてしまうと狼に食われてしまうよ・・・・。

    一年後の3/30までに鍵を見つけた人が願いを叶えられる。一人ずつ部屋も与えられているし、ゲームもできる。周りに集まるのは同じ境遇の同年代の子供ばかり。現実から逃げてくるにはこの上ない場所だ。大人用はないのだろうか。

    ラストどうなるの?どうするの?真相は?と久しぶりに寝る間を惜しんで読み進めた。厚いけど中学生の会話が中心なので全然苦にならない。
    真相については、服装でわからなかったか?話し言葉とか会話の中でおかしいな?と思わなかったか?と突っ込みたくなる箇所もあるけど、それを抜きにして楽しめる作品。
    いろいろあるよね、中学生時代・・・・。
    表紙カバーを外しても、かわいいぞ!!

  • おおよその結末はなんとなく察してしまった部分があったので驚きとかはあまりなかったのだけれど、それでもとても心がぎゅっと締め付けられる物語だった。
    ああそうなのか、そうだね、やっぱり!と読む手が止められなかった。

    これからも、みんなはそれぞれ戦ったり戦わなかったりしながら素敵な大人に成長していくんだろう。
    そう信じられるラストだった。

    喜多嶋先生や、お母さんがとてもあたたかかったなぁ。大人の私も、きっと怖かったよ、こころちゃん。

  • 最終盤の急展開、からの怒涛の伏線回収が圧巻。孤城とオオカミさまの正体など、謎のまま終わるかと思いきや全部構想されていたとは。

    途中までは食傷気味でしたが......異世界だけど鍵探さないしずっとゲームしてるし......やはり期待してよかった。

    中高生の頃、物語を読んで味わった没入感とか、小説家ってすごいなー! と打ちのめされた感じが久々に蘇った。

  • 一気読み。本当に楽しめました。

  • 面白かったー!
    終盤ページをめくる手が止められなかった!

    久しぶりにここまで面白い話を読んだな、と読後気持ち良かった。

  • 原点回帰的な?

かがみの孤城のKindle版

ツイートする