かがみの孤城

  • 1565人登録
  • 4.32評価
    • (209)
    • (156)
    • (53)
    • (4)
    • (4)
  • 190レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

  • 正直、展開は読めてしまって驚きはない。
    でも確かに救いがあるし、未来があった。
    どんな時代に生きていたってこの年頃の世界は厳しい。

    次は私の番、と言い切って、こころに手を差し伸べるアキを抱きしめてあげたくなりました。

    みんな、幸せになれ。
    がんばれ。

  • 心に傷を負い、不登校となってしまった中学生のこころは家に引きこもる様に。ある日突然、部屋の鏡が光りだし、潜り抜けられるように。着いた先は城の中で、そこには同じような境遇の7人の中学生が。なぜ彼女達が集められたのか、そして学校には・・・
    時間軸に関してはなんとなく分かるような。かなりファンタジーな設定だが、現実的ないじめに関しては、希望が持てる終わり方。心温まる話。

  • 自分の居場所を求めて悩み苦しんでいる中学生の男女7人が、光り出す鏡を通って孤城で出会う。そこには"オオカミさま"がいて、期限内に「願いの部屋」の鍵を見つけると、扉を開けて一つだけ願いを叶えることができるという。またこの世界のルールを守らなければ、食べられてしまうというペナルティもある。
    パラレルワールドだと思っていたけど、時間がズレた同じ世界にいるとわかってからの展開は、一気読み。"オオカミさま"の正体からエピローグにかけては、もう涙涙…
    喜多嶋先生の「闘わなくてもいいよ」が、心に響く。
    この本、中学生の時に読みたかったなあ。もちろん大人が読んでも十分おもしろいけど。

  • おおよその結末はなんとなく察してしまった部分があったので驚きとかはあまりなかったのだけれど、それでもとても心がぎゅっと締め付けられる物語だった。
    ああそうなのか、そうだね、やっぱり!と読む手が止められなかった。

    これからも、みんなはそれぞれ戦ったり戦わなかったりしながら素敵な大人に成長していくんだろう。
    そう信じられるラストだった。

    喜多嶋先生や、お母さんがとてもあたたかかったなぁ。大人の私も、きっと怖かったよ、こころちゃん。

  • 不登校となり引きこもっていたこころ。
    ある日光る鏡に導かれた先には
    同じ中学生の男女6人と謎の「オオカミ様」。

    大筋はわりと早い時点で予想した通りではあったが
    それでもしっかり読みごたえあり。

    【図書館・初読・9月10日読了】

  • 学校に行けない子供たちの話を中心に物語が進められるが、読みやすく、読書に自己啓発させる要素もあって、読後感がとても良い作品でした。
    最後に話が全て繋がっていて、とても感動しました。


    「私が何か言わなければ、わからない方がどうかしているだろう?赤ずきんちゃんたちが一言、お互いに話し始めれば良かっただけ。そうすれば、ああ、自分たちは同じ学校なんだってすぐにわかったはずだ。お前たちは時間がかかりすぎだな。自意識過剰すぎるんじゃないか。お前たち」

  • 『冷たい校舎の時は止まる』に似た、ちょっと不思議で、ちょっと残酷で、すごく優しい物語。
    著者が年をとったのか、読者である私が年をとったのか、それとも子どもができたことが影響しているのか、『冷たい…』と比べると、子どもの目線ではなく、子供を見る大人の目線で物語に接する感覚があり、その変化が面白い。

    序盤はじわじわと絶望的な気持ちも追体験しながら、後半の救い、あたたかさには本当に優しい気持ちになれる。
    自分自身を愛せない子どもたちが、「誰かを愛せる人たち」になっていく様がすごく誇らしく感じられた。

    ”ミステリー”要素に対してヒントが出過ぎていて、わかりやすすぎる点が完全にハマれなかった点。
    とはいえ全部のオチに気づけたわけではなく、”オオカミさま”の存在の謎には気づかなかった。なんだけど、この設定がちょっと後付け感というか、物語全体の中では浮いている気がして、これもちょっとモヤッとしてしまった。

    まあ、でもそれは些末なこと。

    「誰かに優しくされた人は、他の誰かに優しくすることができる」
    前提を満たせない人も世界にはたくさんいて、ちょっと残酷なんだけど、それでも人ってそういうこと。
    子ども達に対して、その「優しさ」を提供できるように、そして親からは与えることのできない「優しさ」に出会えることを祈りながら、大人として親として、生きていかなくちゃな、なんてことを考えさせられた。

  • 辻村さんの原点回帰とも言われ、評価が高いこの作品、さすがです!

    それぞれの事情を抱えた中学生たちの生きづらさが痛すぎます。
    確かにあの頃って、学校が世界の全てみたいなところがあって、そこで居場所をなくすと、行き場がない。。

    違うんだよ、たかが学校!
    居場所は他にもあるんだよ!
    闘わなくていいんだよ!
    と、教えてあげたい。
    そんな、辻村さんの温かい眼差しが感じられる物語でした。
    暖かい春の陽射しが感じられるようなラストは、思わず微笑みがこぼれました←ラシクナイ

    作者インタビューで、中学生の自分に自分の作品を1つだけ渡すとしたら、この作品だと答えたように、かなりの自信作のようです。

  • 不登校になった中一の女子が経験するファンタジージュブナイル。思春期の少年少女が抱える悩みや行き場のない思いが散りばめられていて共感を覚える読者も多いことだろう。エピローグが醸し出す余韻が心地良い。

  • いじめや人間関係で学校に行けなくなってしまった、いろんな時代の子供達がなぜか時空を超えて集まる、という話。

  • エピローグに入った瞬間に涙が堪えきれなくなった。

  • 四月、それぞれの理由で学校に行けないでいる中学生7人。鏡の中のお城に集められた。そこに待っていたのは
    、オオカミの仮面を付けドレスを着た小1くらいの女の子…。お城に隠されている鍵を見つけたら願いか一つ何でもかなうという…。タイムリミットは来年の三月。主人公の「こころ」はお城に通ううち次第にみんなとうち解け、お互い大切な仲間となったいくが…。
    伏線が最後に全て回収されスッキリ。しかも読後には、こころがホッコリ温かくなるとってもいいお話でした。

  • 良かった!年代の事は早目に気付いたけど、それでも最後は想像出来なかった。涙でたー。

  • 久しぶりの辻村深月さん。ここ最近の辻村作品より以前の感じでとてもおもしろくて先が気になって即読了。
    それぞれ学校に通えなくなってしまった中学生7人が鏡に導かれて願いを叶える鍵を探す。なんともわくわくする設定!学校に通えなく、自分のことが普通じゃない、と感じていたり孤独に思っていた7人が城で過ごすうちにお互いを助け合える存在だと認めあっていく、そういうのいいよね~。
    読んでて途中から違和感に気付いて、マサムネが「パラレルワールド」とか言い出したからえ、違うでしょ!マサムネ!ばか!!!と思ったりして。
    ただ、オオカミ様と喜多嶋先生の正体は気付かなくって最後わかったときにじーんとした。それと、エピローグ前にリオンとこころの今後はわかったりアキのこともわかったけど、ウレシノとフウカ、マサムネとスバルがどなったのかもさらっとでいいから書いて欲しかったなぁ~記憶が残ったリオンは、その事をこころには話さないのかなぁ~みんな気づかないままなのかな~。
    でも、みんなそれぞれ辛いけど乗り越える力をもらえてその事だけは忘れないでいて欲しいと思ったり。優しくてとても良かった。
    アキ、ちょっといじわるでくせ者だったのに素敵な大人になってて感心したよ、、、。
    「未来で待ってる」ってセリフが時をかける少女!と思ってすごく好きなセリフだからこのお話でも使われてて素敵なセリフだなぁと改めて思った。

  • 最後まで読んだあとスグにもう一度最初から読み始めた自分がいた。人は助け合いなが生きて行くもの。気づきや思い遣る気持ちひとつで人を救う事が出来るのかもしれない。こころが優しくなれる一冊です。

  • とても読みやすい。
    ストーリーがわかりやすいのですぐに読み終わります。

    ラストまでは予想できませんでしたが、
    なんとなくではあるけれど、カラクリがわかってしまったのでそこはすこし残念。
    ただ、予想よりも多く伏線があったので多少はハッとしました。

    また、登校拒否になってしまう子どもの気持ち、
    その親の反応と、それに対する子どもの複雑な想い、
    パニックを起こした時の心理描写、
    よくある先生と生徒との関係性、若者言葉など
    とてもリアルでした。
    たまに年配の方が予想だけで若者を描写して、ガッカリする作品もありますが、
    その点は心配ないです。

    わたし自身もイジメではないけれど、
    思春期特有のクラスの雰囲気に馴染めなくなった時期があり、
    登校拒否になってしまったことがあります。
    その時の親の反応、自身の気持ちの変化など、フラッシュバックするくらいリアリティがありました。
    (小説内の母親のような行動は、とってくれませんでしたが)

    思春期に孤立した経験のある人には、
    かなり共感できる作品ではないかと思います。

    ただ、リアルで描写が細かいため、想像する余地はあまりありません。
    果たして純文学かどうか。
    かなり現代的な作品という印象を受けました。
    小説ではなく、映像作品でもいいかもしれません。

  • 小説世界の時間構成については早くに気づいたが、その世界の創世主については分からなかった。
    人間の精神世界の微妙な揺らぎについて考えさせられる作品だと感じた。

  • それぞれの悩みを抱えた7人の中学生男女が出会いそして別れるまでのファンタジーなお話。
    読みはじめの段階では思春期の悩み系はちょっと苦手な分野だな・・・と思いつつも最後までグイグイ読み進めさせてしまうあたり・・・さすがです。

  • 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
    なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
    -------------------------------------------

    ファンタジー、SFをうまく使って不登校の子供たちの友情や親との関係などを描いている作品。主人公のこころは中一の女の子。部屋の鏡が光り始めてくぐり抜けると、そこには鏡の城があり、本の表紙にもある「オオカミ様」がいた。4月から翌年の3月まで鏡の城に出入りできると言うが、いろいろ規則もあり、そこにいる似たような境遇・年齢の子供たちがいる。
    少しずつ心を開き打ち解けていく中で、それぞれの家庭環境や悩みが明らかになってゆく。大感動まではいかないしなんとなく想像のつくラストだったけど、分厚い本なのに一気に読めた心温まるストーリーだった。

  • 久しぶりに一気読み。
    どの部分も丁寧に書かれていて
    作者の力量を痛感する。

    最後の数十ページ
    電車の中で読まない方が良いよ!
    涙が・・・

  •  学校での居場所をなくし、閉じこもっていた女子中学生、こころ。 ある日突然こころの部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた。
     という設定から始まる作品。その後のミステリアスな展開といい、最終盤の落とし処といい、読んで損はない作品。

     主人公こころと6人の中学生と彼らの居る環境が記述される序盤。
     中盤以降のミステリアスな展開を読み進めるうちに「縁」 ―― 因を助けて果を生じさせる間接的な要因(≒トリガー) ―― というものを感じた。

     主人公はこころであるが、最終盤では他の中学生やその家族が縁として、トリガーが双方向に働きあう姿が明らかになる。

     「あなたを、助けたい。」
     救いを求めている限り、トリガーは現れないし、救われることもない。
     自らが他者を救う主体となったとき、自らと相手が相互にトリガーとして影響しあい、互いに救われるということが確認できる作品だ。

    (内容紹介)
     あなたを、助けたい。
     学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
     なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
     生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

  • 不登校になった中学生が、鏡の中にある城に入り込む。そこには同じような境遇の子どもたちがいて、城に隠された鍵を見つけ出せば、願い事が叶うと言われ…。

    ファンタジー的な設定といい、いじめに悩むガラスの心の女の子に寄り添った語り口調といい、中高生向けの本かなと思いながら読み進める。
    が、主人公を始め、それぞれの子どもが抱える悩みの深刻さが明らかになるにつれ、思春期の未熟で行き場のない息苦しさがひしひしと伝わってきて、一気に読んだ。

    いじめのリーダー格のクラスメートだけでなく、理解のない担任の言動にも苦しめられる主人公は、同世代だけでなく大人でも言葉が通じない人がいることに気づき愕然とする。なるほど、自分が正しいことをしていると信じて疑わない人ほど厄介なものはなく、そこに気付くことが大人への一歩とも言えるかも。

    読み終えると、思った以上にたくさんの伏線が散りばめられていたことがわかる。
    とくに、童話の使い方や第1部が始まる前のプロローグが、ただの添え物ではなかったことで、読後の余韻もいっそう深くなった。

  • それぞれの事情で学校に通えない子ども7人が、光る鏡の中にあるお城で過ごす、ファンタジー。学校が全てじゃない。たかが学校。闘わなくていい。どこかに、あなたを助けてくれる人がいる。私たちは、助け合える。そんなメッセージが伝わってくる。自分の居場所がなくて辛く悩んでいる人にすすめたい。 ラストのまとめ方がとっても良かった!!

  • 10年ぐらい前に辻村美月が好きで好きで、最近はイマイチ…と思ってたけどこれは良かった。冷たい校舎とか子供たちが好きな人にはオススメ。

かがみの孤城のKindle版

ツイートする