かがみの孤城

  • 2059人登録
  • 4.32評価
    • (293)
    • (207)
    • (76)
    • (5)
    • (6)
  • 263レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 正直、展開は読めてしまって驚きはない。
    でも確かに救いがあるし、未来があった。
    どんな時代に生きていたってこの年頃の世界は厳しい。

    次は私の番、と言い切って、こころに手を差し伸べるアキを抱きしめてあげたくなりました。

    みんな、幸せになれ。
    がんばれ。

  • 心に傷を負い、不登校となってしまった中学生のこころは家に引きこもる様に。ある日突然、部屋の鏡が光りだし、潜り抜けられるように。着いた先は城の中で、そこには同じような境遇の7人の中学生が。なぜ彼女達が集められたのか、そして学校には・・・
    時間軸に関してはなんとなく分かるような。かなりファンタジーな設定だが、現実的ないじめに関しては、希望が持てる終わり方。心温まる話。

  • 自分の居場所を求めて悩み苦しんでいる中学生の男女7人が、光り出す鏡を通って孤城で出会う。そこには"オオカミさま"がいて、期限内に「願いの部屋」の鍵を見つけると、扉を開けて一つだけ願いを叶えることができるという。またこの世界のルールを守らなければ、食べられてしまうというペナルティもある。
    パラレルワールドだと思っていたけど、時間がズレた同じ世界にいるとわかってからの展開は、一気読み。"オオカミさま"の正体からエピローグにかけては、もう涙涙…
    喜多嶋先生の「闘わなくてもいいよ」が、心に響く。
    この本、中学生の時に読みたかったなあ。もちろん大人が読んでも十分おもしろいけど。

  • おおよその結末はなんとなく察してしまった部分があったので驚きとかはあまりなかったのだけれど、それでもとても心がぎゅっと締め付けられる物語だった。
    ああそうなのか、そうだね、やっぱり!と読む手が止められなかった。

    これからも、みんなはそれぞれ戦ったり戦わなかったりしながら素敵な大人に成長していくんだろう。
    そう信じられるラストだった。

    喜多嶋先生や、お母さんがとてもあたたかかったなぁ。大人の私も、きっと怖かったよ、こころちゃん。

  • 本屋大賞2018ノミネート作品。

    安定のポプラ社感(笑)
    家族がこの後に「盲目的な恋と友情」を読んで、驚愕していた。確かに。

    以下、浅くネタバレ含む。



    ある出来事がキッカケで、学校に通うことが出来なくなった中学一年生のこころ。
    母からも、学校に行けない自分に対する冷たさを感じる中で、自分の部屋の鏡から、不思議な城へと招待される。
    そこには、こころと同じ境遇にいる少年少女たちが五人。
    城の住人らしきオオカミサマからは、願いを叶える魔法の鍵を見つけるよう、伝えられる。

    ……とまあ、ストーリーはファンタジック。
    その中で、こころのトラウマとなった、真田美織の描き方が面白い。
    真田美織の彼氏が昔好きだった女の子として、こころが槍玉にあげられ、いじめられ、挙げ句、家にまで押し入ろうと画策する。
    こころは、その強襲に強い恐怖を感じ、「殺される」と感じて学校に行けなくなる。

    大人の目線から見ると、真田美織にどれほどの力もないと感じる。
    だけど、子供の頃の自分が味わった、悪意と力による恐怖って、ものすごいものだったなぁ、と思い出したのだった。

    そんな恐怖を煮詰めた体験をしたこころと、察する力のない担任、伊田先生の空回りする関係も、なんだか哀しくなる。
    こころか美織のどちらが正しいではなくて、こころに寄り添うことでしか先に進めないのに、それが出来ない。
    でも。私は伊田先生のことの全てを否定は出来ないようにも思ってしまう。

    こういう感じを書くのが上手い。
    あっという間にクライマックスで、なるほど、と、やっぱり、の間の結末だった。

  • 一見、ファンタジーのようで、すごく考えさせられる小説。最後まで、良く練られており、もう一度、読みたくなった。最初の設定に入れるか入れないかで、評価は別れるのかな。

  • とても、よかった。
    辻村さんにしか書けない作品だと感じた。

    大体中学生の頃は憂鬱だった、
    楽しいこともあったけど、
    天気でいうといつも曇りだった。

    だから、なんていうんだろうか、
    この時期ってほんと大変だ。
    当人も親も。

    親になってからは
    どうにか無事にこの時期を過ごしてほしいと思っていた。

    多くの思春期の子に、
    喧嘩して腹を立てて、仲直りできる同年代の友達と
    進む道は一つではないと言ってくれる
    視界の広い大人と出会ってほしいと思う。

    切に願いまする。

  • 不登校となり引きこもっていたこころ。
    ある日光る鏡に導かれた先には
    同じ中学生の男女6人と謎の「オオカミ様」。

    大筋はわりと早い時点で予想した通りではあったが
    それでもしっかり読みごたえあり。

    【図書館・初読・9月10日読了】

  • 学校に行けない子供たちの話を中心に物語が進められるが、読みやすく、読書に自己啓発させる要素もあって、読後感がとても良い作品でした。
    最後に話が全て繋がっていて、とても感動しました。


    「私が何か言わなければ、わからない方がどうかしているだろう?赤ずきんちゃんたちが一言、お互いに話し始めれば良かっただけ。そうすれば、ああ、自分たちは同じ学校なんだってすぐにわかったはずだ。お前たちは時間がかかりすぎだな。自意識過剰すぎるんじゃないか。お前たち」

  • 『冷たい校舎の時は止まる』に似た、ちょっと不思議で、ちょっと残酷で、すごく優しい物語。
    著者が年をとったのか、読者である私が年をとったのか、それとも子どもができたことが影響しているのか、『冷たい…』と比べると、子どもの目線ではなく、子供を見る大人の目線で物語に接する感覚があり、その変化が面白い。

    序盤はじわじわと絶望的な気持ちも追体験しながら、後半の救い、あたたかさには本当に優しい気持ちになれる。
    自分自身を愛せない子どもたちが、「誰かを愛せる人たち」になっていく様がすごく誇らしく感じられた。

    ”ミステリー”要素に対してヒントが出過ぎていて、わかりやすすぎる点が完全にハマれなかった点。
    とはいえ全部のオチに気づけたわけではなく、”オオカミさま”の存在の謎には気づかなかった。なんだけど、この設定がちょっと後付け感というか、物語全体の中では浮いている気がして、これもちょっとモヤッとしてしまった。

    まあ、でもそれは些末なこと。

    「誰かに優しくされた人は、他の誰かに優しくすることができる」
    前提を満たせない人も世界にはたくさんいて、ちょっと残酷なんだけど、それでも人ってそういうこと。
    子ども達に対して、その「優しさ」を提供できるように、そして親からは与えることのできない「優しさ」に出会えることを祈りながら、大人として親として、生きていかなくちゃな、なんてことを考えさせられた。

かがみの孤城のその他の作品

かがみの孤城 Kindle版 かがみの孤城 辻村深月

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする