かがみの孤城

  • 1259人登録
  • 4.31評価
    • (141)
    • (109)
    • (34)
    • (3)
    • (4)
  • 127レビュー
著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

  • ある事が原因で学校に行けなくなったこころ。それは行かないのではなく、行けないのだ。母親とは気まずくなり、人目が気になり外にも出られなくなる。こころの居場所はどんどんなくなっていった。
    そんなある日部屋の鏡が光り、こころは中に吸い込まれていく。鏡の中には城があり、オオカミさまがこころを迎えてくれた。そこには、こころの他に6人の中学生がいた。共通点はみんな学校に行けていない事とそれと…。

    それぞれ色々な事情があって辛い思いをしている子供たちがいる。「あなたを、助けたい」帯の言葉が胸に響く。

    どうして鏡のお城ができたのかがわかった時涙が出た。全てが綺麗に繋がり読み終わった時には色んな想いが込み上げてきて胸がいっぱいに。
    あの子たちはこれからを空想する。もちろん幸せな未来を空想をする。

    悩んでいる人たちにも読んでもらいたい。我が子にはたくさんの選択肢があるということを伝えてほしい。自分が今どうしたいのか、それを聞いてあげる事が何より大事。選ぶ事は逃げではない。

    こころのウジウジが私に似ていてわかる、わかる〜と何度も思った。親の立場としてはお母さんの気持ちもよくわかって苦しい時もあった。

  • 中学生のこころは、ある出来事を機に学校に行けなくなり、
    いつも家で過ごしている。
    ある日一人で家にいると、部屋の鏡が突然輝き始め、
    潜りぬけてみると、そこはお城の中だった。
    集められたのはこころを含め、似た境遇にいるらしき中学生が七人。
    ジャージ姿のイケメンのリオン。
    ポニーテールのしっかり者のアキ。
    眼鏡をかけた声優声のフウカ。
    ゲーム大好きで、生意気そうなマサムネ。
    ロンみたいなそばかすの、物静かなスバル。
    小太りで気弱そうなウレシノ。
    9時から17時まで滞在が許されるその城で彼らにはひとつの課題が出される。
    猶予は一年。
    戸惑いながらも七人は、少しずつ心を通い合わせていくのだか…。

    最初、中学生になったばかりのこころが学校に行けなくなる…。
    部屋の鏡が光って異世界への出入りが自由になる…ファンタジーかぁ…。
    ちょっびり、切なくなりながらもがっかりしたヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
    虐められた事も不登校になった事もない私ですが、でも揺れ動くこころの
    硝子の様な心がとても繊細に描かれていて凄く共感した。
    そして周りの大人の気持ちも凄く理解できたし、どうなって行くんだろうって
    グイグイ引き込まれていった。
    舞台設定が学校だけど、ファンタジー要素があるからといって子供向けじゃない。
    帯の一気読み必至!通りに本当に一気読みしてしまいました。
    読んだ本の内容をすぐ忘れてしまう私が決して忘れてしまわない。
    辻村さんの事、大・大好きになった「冷たい校舎の時は止まる」を何度も思い出した。
    あの頃の繊細で、揺れ動く気持ち・葛藤・悩み・些細な事で傷ついたり消え去りたくなったり…。
    色んな感情を思い出したし、今も硝子のハートだなぁって痛感させられた(*T^T)
    辻村さん自身が繊細な心を持っていて、
    今も忘れていないんだなぁって感じさせられた。
    少しずつ少しずつ明らかになっていく皆の姿。
    皆、辛かったんだなぁって切なかったし、最後にすべてが明らかになった時、
    本当に驚いた(゚Д゚;) 涙が零れました。

    本当に素晴らしい作品でした。
    今、現在も学校に行けない…社会で居場所を見つけられなくて苦しんでいる多くの人に、
    いや、苦しんでいない人子供にも大人にも読んで頂きたいです。
    「たかが学校」・「たかが職場」ですね(*´ー`*)♡

  • この本に出会えてよかったと、本当に思いました。
    序盤で、「これは、いじめの話なのか」と
    思って読んでいた自分を殴りたいです。
    これは、「生きる」ための物語でした。
    後半の流れは読んでいてとても鳥肌がたちました。
    "オオカミ様"のこともそうだし、城のメンバーのことも
    知れば知るほど好きになりました。
    生きてれば、きっとなにかに出会えるし
    なにかを見つけることが出来るんだ。
    誰かに誇るような
    何か特別な「才能」がなくてもいい、
    誰かに急かされて
    「生きること」を焦る必要なんてない、
    だってこれは、「君」の人生なんだから_
    そう思えるような素敵なおはなしでした。
    私は辻村さんのオーダーメイド殺人クラブも読んだことがあるのですが、いじめの描写が上手いというか
    そういう心象とか心の情景とか感情とかがとても
    リアリティがあって辻村さんは、もしかしたらそういう
    体験をしたことがあるのかなと思います。
    単なる私の勝手な想像なのですが…
    学生の方にぜひとも読んでいただきたいお話です!



  • 即、新刊購入した作品。

    『あなたを、助けたい』
    学校での居場所をなくし、不登校となり引きこもっていた中学少女の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。

    輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、謎の不思議な城。そこには主人公と似た境遇の7人が集められていた。

    7人を招いた狼仮面の少女が告げる。『ここは願いの城。城の中にはどんな願いも叶える願いの部屋があり、部屋の鍵は城の何処かに隠されている。お前たちは来年の3月30日まで、9時から17時までの時間限定で、この城にいつでも来て留まれる』

    願いの鍵探しを始める7人は徐々に仲良くなっていく。
    この7人が、なぜこの場所に?全てが明らかになる時、驚きと共に大きな感動に包まれる。生き辛さを感じている全ての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作!


    以上、そんな作品です。
    思いっきり泣けて感動しました!個人的には『ぼくのメジャースプーン』は僅差で超えられなかったけど、辻村さん作品では歴代2番目の神作品でした!

    僕自身、中学2年~卒業まで虐めに遭い、不登校までは行かなかったものの身体的拒否反応から朝に頭痛を起こし、2年間で20日ほど休みました。
    また、20歳位まで毎晩、累計2000回以上は悪夢にうなされ続けました。
    そんな過去まで救ってくれる慈愛に満ちた素晴らしい作品で、
    中学時代は苦しみから逃避するために読書に夢中になってた心境も思い出し、中学当時と同じキラキラした輝きの作品世界へ僕を導き救ってくれた本でした。

    過去でも現在でも学校や職場やあらゆる場所で居場所を無くし怯えて引きこもっている全ての方へ……届けたい・贈りたい・読んで欲しい神作品です!

    そして更には終盤、『あなたを助けたい!』と、登場人物と共に叫んで手を伸ばした方への助けたい理由が、
    僕には最上位の要因だったので、涙が溢れて止まりませんでした!

    壮丁も素晴らしく、表紙に城へと誘う鏡とヒロインと狼少女が描かれており、
    丁度最近、自宅のベッドの足下に対面する形で設置した本棚があって、そこに表紙が見えるように今作を横に置くと、
    表紙の鏡を通り抜けて、読書中の本の世界へ心身共にワープ出来たような気になれて、より読書そのものが楽しくなりました(^-^*)/

    今作を読む時も、カバーを取って表紙がきちんと見えるように本棚へ表紙だけ飾って読む事で、より本の世界へ入り込み幸せへ浸れました(*^-゜)⌒☆

    辻村さんは初期の少年少女主人公の不思議要素作品で評価されるも、
    そこで終わらずに一般人にも共感しやすい『キズナ』や、読書家には別分野に思えるアニメ業界を分かりやすく抜群に面白く感動的に描いた『ハケンアニメ』、
    不思議な要素がなく現実的要素の少年少女のみでもバッチリ感動作に仕上げた『島はぼくらと』、
    結婚や育児を経てリアルな問題を見事に昇華した『朝が来る』『クローバーナイト』等々、
    テーマや手法が変わっても、きちんとこれだけ名作が書ける降り幅は本当に素晴らしいなと思ってましたが、
    原点回帰とも言える『 少年少女主人公の不思議要素作品 』で、これだけ過去を超える感動作を産み出した事は、神々しさすら感じますし、
    今作をテーマやメッセージは変わらぬまま『島はぼくらと』のように現実的要素のみで仕上げる事も可能だったでしょうが、敢えて初期の頃のように不思議要素を加えた事により、今作を1番届けたいであろう傷付いた少年少女たちが読みやすい仕様・作品世界へ入り込みやすい仕様へ仕上げた点を深く敬愛致します。

    そして本では生まれて初めて、読者感想葉書きに感想と感謝を書いて出版社へ送る予定ですし、
    今作に出会えた事を心から感謝したいし、
    文句なしで、早くも次回の本屋大賞1位候補作品で... 続きを読む

  • 中学生のあの頃、この本に出会っていたら、、と思わずにはいられない。帯の「あなたを助けたい」の一文に物語のすべてが詰まっている。どうか一人でも多くの子供の手にこの物語が届きますように。目の前の世界が唯一であると絶望を感じたあの頃。そんな時期を乗り越え大人になった私たちの心にもきっと温かく広がる物語。やっぱり私は辻村深月さんの物語が本当に好きだ。いやそれにしても、もっとじっくり読みたかったのに、一気に読んでしまった。後日ゆっくり丁寧に読み直したい。

  • 狼のお面をかぶっているから、オオカミサマは「狼様」なのだろうけれど、時々 「大神様」かと思えてしまって不思議だった。
    この先生はひょっとしたら子供たちのうちの誰かか?と思ったり時代?と思ったり
    続きは明日と呟きながらついつい次のページを読み始めてしまう。結局夜中までかかって読んでしまった。久しぶりにやめられない止まらない本でした。

  • 「一気読み必至!」ってタイトルでしたが、前半の7人の学校に行けない中学生の話あたりが、なかなかのめり込めずに苦しんでいましたが、中盤から後半にかけては本当に一気読みでした。7人の居場所を失った中学生が、鏡の中の世界で出会う不思議な城、そこに住む狼顔の少女「オオカミさま」。最後にその少女の正体と、現実の世界を知るところで最高潮に達するいい本でした。

  • 間違えなく、2017年読んで良かった本になります。あの頃の鈍い痛みをこんなに温かく包んでくれる作品に出会えるなんて。たくさんの今を生きてる子ども達に、そしてあの頃子どもだった大人達に読んで欲しい作品です。最後はやっぱり、辻村さん♪やってくれました♪

  • 素晴らしい傑作です。月初めの幸せな読書体験でした。学校に行けなくなってしまった少女こころが、鏡の中で出会う仲間たちとの幻想の世界。でもその謎が解けたとき、目まぐるしい感動が押し寄せました。多感な年頃を辛く苦しい日々に押しつぶされてしまうのは珍しいことじゃない。最初はそんな子供たちの逃避の物語かと思っていたけれど、これは逃避ではなく前進の物語でした。最後は涙が止まりませんでした。とても面白かった。辻村さんありがとう。

  •  光り出す自室の鏡、手を伸ばせば彼らの集う「孤城」へ行ける――。不登校の中学1年生・安西こころは、鏡の中の城へ同じように集められた同世代の中学生たちと出会う。城にいるのは自分を含めた7人の「不登校」の男女、そして彼らをいざなった「オオカミさま」と呼ばれる少女。
    「お前たちには今日から3月まで、この城の中で〝願いの部屋″に入る鍵探しをしてもらう。」
     城にいられるのは9時から17時まで。願いを叶えられるのは一人だけ。
     居場所を持たない中学生たちは鍵探しを始めた。しかしそれぞれの事情を抱える7人はけん制し合い、すれ違い、ぶつかり合う。そしていつしか「鏡の孤城」が彼らの居場所となった時、終わりが訪れ、彼らの心の傷と共に全ての謎が明かされる…。
     直木賞受賞作家・辻村深月による、2004年出版のデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』への原点回帰を思わせる珠玉の密室青春ミステリー。

     間違いなく2017年最高の一冊。550ページは中だるみなく、飽きることなく、最後まで読むことをやめられない。この世界観から、登場人物たちから、目が離せなくなってしまった。
     辻村さんは思春期特有の不安や脆さを描くのが本当にうまい。自分でもわけがわからず負の感情を膨張させ、未来に爪の先ほどの希望も見いだせず、「助け欲しい」という言葉すら吞み込んで蹲る自分が心の片隅にいる…。『冷たい校舎』の時もそうだったが、読んでいる時のイメージは「斜陽」だ。山の端や都会のビルの陰、または水平線に沈もうとする夕陽。空がトーンを落とす一方で茜色は強さを増していく。そのコントラストは見る者の心に如何ともし難い切なさを思い起こさせ、胸をギュッと締め付ける。掻き立てられるような形容しがたい哀切の一方で、そんな世界に溶けゆく自分に酔う。そんな思春期独特の雰囲気を、辻村さんは本当に丁寧に描き切る。
     最近は女性心理や家族をテーマに書いていた印象だったが、本作は『冷たい校舎』を思わせる青春ミステリーである。そのことが本当に嬉しい。登場人物のキャラ立ちが本当に巧みで、いつまでもこの世界に浸っていたいと思わせる筆力は健在だった。むしろ『冷たい校舎』は冬と雪と校舎の世界観を描き出すことに力を注ぎ多少難しい表現が見られることもあったが(そこも好きだったが…)、本作は全体的に柔らかい描写が多い印象で小中学生でもすんなりと読めるようになっている。そこにも辻村さんの作家として歩んできた道が見えるような気がしてファンとしては思わず綻んでしまう。
     辻村さんの描く世界を「斜陽」と前述したが、落ちる夕陽と思春期にはひとつだけ違いがある。それは、夕暮れを見る者はその時が必ず終わることを知っているが、思春期を過ごす本人はその哀切や絶望が永遠のものだと思っているということだ。思春期の哀切が刹那的であることを知っているのは、思春期を過ごしてきた全ての大人たちである。今の苦しみを永遠の苦しみのように感じて学校へ行けないすべての子どもたちへ、本作は強いメッセージを送る。

    「大丈夫。大丈夫だから、大人になって。」

     夕陽は必ず沈む。そして朝は必ずやってくる。悲しい茜色に染まった思春期を今過ごしている全ての子どもたちに、そしてコントラストの弱まった現実に疲れ茜色の美しさを思い出したい全ての大人たちに、本書を強く薦めたい。
     私達は皆、かがみの孤城で過ごした過去が本当はあるのかもしれない。ただ、忘れてしまっているだけで――。私やあなたを支えてくれているあの人は、あの時の仲間の一人なのかもしれない。

  • 中学校に行けなくなってしまった主人公の安西こころ。鏡の誘いで城に集まった7人の子供達。
    最初は中学生の「学校にいけない」心情が丁寧に描かれています。共感できる箇所も多いです。

    物語は、学期が進むにつれて核心に迫ってきます。
    最初の章割りでもわかるとおり、山場は3月です。
    今まで、いろいろちりばめられていたヒントがうまく解決できていると思いました。

    人が生きるというのはこういう事なのだ。というヒントや生きる力をもらえる本でもあります。

    様々な理由で学校に行けなくなる。それを共感したり、理解したりするにもこの本は役に立ちます。

    全ての中学生とその親に特におすすめの一冊です。

  • 早く続きが読みたくて仕事も手につきませんでした(笑)
    謎が解かれて行くたび何度ページを戻って確認したことか。
    最後はえ、そうだったのっ?!と驚きの連続で、もう一度最初から読み返しても楽しく読める本かと思います。

  • 素晴らしく良かった。辻村深月の作品は割とダークな物が好きだったが、本作は著者が言うように辻村深月の最高傑作だと思う。人と人の繋がりはとても大切。大切な人とはどこかで必ず繋がっていたい。

  • 辻村の小説は読み終わった後に満足感もあるんだけど、切なさもあってそれがやめられなくて読んじゃう。
    相変わらず学生の複雑な心情を描くのが上手い。学生時代のくだらない諍い、それに対して過敏に反応する感情。どれも共感できて引き込まれた。
    現実世界でみんなが出会えるといいな。

  • 久々の辻村さんが書く学生物きたぁーーーー!!!と、読み始め早々テンションが上がり、そのまま落ちる事なくむしろ上り詰めて泣き、やっぱり学生物を書く辻村さん最高だ…ほんと、好き。と、なった。
    どのキャラも丁寧に書き込まれている愛は今回の作品も同じ。
    読めば読むほど、どんどんみんなを好きになっていく。何気ない文章に隠された伏線が、最後になって綺麗に回収されて終わる…かと思いきやもうひと落ちあってこりゃやられたとなる。
    みんなのその後を是非書いて欲しい。

  • 凄い…ほんとうに凄い。
    読み終わった後、本を閉じてからもじわじわと感情の波が押し寄せてきて、胸がいっぱいで苦しくなりました。でもその心苦しさが嫌じゃない、心地の良いものでした。

    最初はこころちゃんのうじうじした所やリアルな心理描写にいらいらしてしまいましたが、それは、私自身もいつかどこかで経験した事のある気持ちだからなんだと気付かされました。
    この子たちは怠け者でも普通じゃない子でもない、自分の力を振り絞ってがんばっている、たとえ周りに理解されなくても、精一杯生きていたんだなあと思うと全員を抱きしめたくなりました。
    誰の心にも、こんなお城があったら素敵だね。みんなが出会えてよかったね。

    わたしも頑張って、大人になろう。そして生きよう。

  • あまりに面白くて、久しぶりの一気読みでした。
    7人が孤城に集められるところからラストまで、ぐいぐい物語に引っ張られ、ページをめくる手を止められなかった。

    今までの辻村先生の作品には、どちらかというと陽のあたる優秀な子たちがたくさん出てきたけど、今作は“普通になれなかった子どもたち”の物語。

    家と学校だけが世界の全てで、大人たちは自分たちとは違う生き物。そういう中学時代の重苦しく、普通が一番羨ましく、薄氷の上を歩くような時間を久しぶりに過ごした気がした。

    そして読んでとても悔しかった。子どもの頃にこの物語に出会いたかった。それと同時になぜだか涙が出た。大人になった今、この物語に出会えて、しあわせだ。

    大好きな辻村先生のミステリーらしい伏線の数々、そして物語後半の答え合わせも圧巻です。
    選択肢は無限にあるわけではないし、生きている限り理不尽なこともたくさんある。
    それでも生きていたいと思える明日であるように、今を生きる子どもたちとあの頃子どもだった大人たちに、願いが込められているように思いました。

  • パラレルワールドでないことは気がついた、先生がメンバーの一人であるのもわかったが、誰だかはわからんかった、後、おおかみさまの正体は最後までわからんかったわ、あの世界の創造者も、辻村作品の中でも5本の指にはいるな

  • 鏡の中の不思議世界に集められた、不登校児たちの交流譚。こう書いてしまうとあまり面白そうに見えないけど、そこを辻村流に、パラレルワールドだったりとか、家族の交流だったりとかを上手い具合にまぶしつつ、どんどん作中に引き込まれるように料理されている。背景に横たわるいじめとか、暗い話題も多いけど、最後に真相が明かされる中での救いとか、爽快なエンディングとかのおかげで、読後感はとても気持ち良い。一気読み必至の、素敵物語でした。

  • 本の分厚さに最初はぎょっとしたけれど、
    ぐいぐい引き込まれ、ぐんぐん加速して読了。
    教室で居場所を見つけるのに苦労している
    小学校高学年の子どもに悩んでいる母親の私へ
    オオカミさまが贈り物をくれたんじゃないかと思うくらい、
    この本に、いま、このタイミングで出会えてよかった。

    大人になれば、ここだけが居場所じゃないし、
    いっそ一人でもいいや、と割り切ったりもできるけど、
    子どもにとっては学校がすべてだからつらいだろうな…
    以前から自分の子どもには、イヤなら行かなくていいよ、
    と伝えてはいるけれど、さらに強く、子どもの気持ちを
    大切にできる親であろうと思う。

    なんとなく覚えている名前。
    なんとなく既視感ある風景。
    生きているそういうことに出会う瞬間があるけど、
    もしかしてかがみの向こうで会ったことがあるのかも?

  • 最後の「3月」のところからの、どんでん返しが期待以上だった。
    時間を超えて繋がっていること、リオンの姉の存在、喜多嶋先生のからくりがとてもよかった。
    やっぱり最後はあったかい気持ちになれる辻村さんの作品の良さが健在だった。オススメしたい作品。

  • ファンタジーがかった子どもの話と思いきや、大人の私は又も辻村さんに心を打たれてしまった。ほんとにいい大人なのに。子どもの頃の生活環境って、自分ではどうにもならないって事改めて感じた。これを読んだ事感じた事わすれずにいたい。辻村さんのこの物語いい。

  • 最初はなんとなく、手にとったんですけど、すごく良かった。
    いろんな人に読んで欲しいと思います。
    主人公は不登校の中学生の女の子なんです。私も中学時代不登校でした。
    原因はいじめだけど、この本の主人公のこころちゃんと同じ、自分がいじめを受けてるって認めたくなくて、本当のこと両親に言えなくて・・・。

    今 不登校で苦しい思いをしてる子がいたら読んで欲しい。苦しんでるのはあなたひとりじゃないと教えてくれる。
    私もこの本に当時出合えていたら、とても癒されたと思う。

    私みたいに昔不登校で、そのことが未だに忘れられなくて、家族や世間に対して申し訳なさを感じて生きている人がいたら読んで欲しい。昔の自分が少し救われた気がする。

    今、自分の家族や子どもが不登校で、どうしたらいいかわからないって人がいたら読んでほしい。不登校のときの気持ち、すっごくリアルです。「どうしてこんなにあの時の私と同じ気持ちなんだろう」って思えるくらい、当時を思い出しました。
    全ての子どもの心境とまったく同じではないだろうけど、絶対 理解できるきっかけになると思う。

    「不登校は逃げ」って思ってる人にも読んで欲しい。
    不登校は逃げなんかじゃない。皆一生懸命生きてるんだ、戦ってるんだってこと、少しでも理解できるかもしれない。

    すっごく優しい本です。

  • 泣ける場所が人によって大幅に変わるからなんとも言えないが、p547からは、移動中に読んではいけない。

  • ストレートに良い話だった。物語らしい物語。謎解きよりも友情にグッときてしまった。あの年代って親より友達のが影響力あったりするよね。

かがみの孤城のKindle版

ツイートする