(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)

  • 13人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高濱正伸
  • ポプラ社 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154410

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館にて。
    新聞の広告で見て図書館に予約、自分が読むより前に夫に読んでもらった。どうだった?と聞いたら「(毎週欠かさず見ているEテレの番組)すくすく子育てでやってたようなことだった」となんだかはっきりしない。それは感想じゃないし。変に思って読んでみたら、まあ感想言えないよね。
    私が読んでみてこの本って、奥さんを大事にしろと言ってると思った。大事にしろ。もっと言えば人間として尊重しろ。話を聞け。自分の考えを押し付けるな。それって、こんなご大層に本に教えてもらえないとできないことなんですかね。確かに夫のせいで奥さんがイライラ、子供と接する時間が一番長い奥さんが子供に八つ当たりなどしたら最悪。わかりやすくよくあることだよね。
    特に印象的だったのは第3章、男性は自分の見える世界だけで生きている。奥さんと分かり合うということなんて頭にない、そしてそんな夫と分かり合うことを諦め放棄している妻。もう、あるある。そこまで分析しておきながら、妻の話にはうなずきながらへーなるほどと言っておけっていうアドバイスって雑だよなあ。気持ちが入ってなけれはすぐばれるっての。これに大きく頷いて実践してる旦那がいたら馬鹿すぎるし。
    こんな本を読まなければ妻の立場に立って考えることも出来ず、自分がされたら一瞬で切れるようなことを延々とかつては幸せにすると宣言した人に繰り返す。一緒に子供のことを考えたい、話し合いたい妻の土俵に乗ってくれないなら、そっちの土俵に乗るってのも手だなと思うんだけど、それももう関係を諦めてることになるんだろうか。
    うーん、妻の立場からすると全く冷静になれない。
    救いは、この本を手にとった人は父親としてなにかしたいと思ってる人なんだろうなということ。でもこの内容ならがっかりする男性が多いんじゃないのかな。そう思ってしまう私も相当か。

  • 大事なこと
    ・妻を笑顔にすることが夫の仕事
    ・子供と遊ぶこと
    ・勉強を教えること
    ・うなづくこと
    ・子供に自信を持たせること
    ・家族マラソン
    ・なんでもない日にプレゼントを買って帰ること


    俺は仕事をしているんだという態度を貫いた人が晩年熟年離婚を迫られることは火を見るよりも明らか。

    あと共働きになるといやが上にも男性も育児に参加するので良いことなんだと実感。



  • 「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にした学習塾「花まる学習会」を主宰する著者の父親に向けた子育て論。

    父親が子育てをするうえで、まず取り組むべきことであり、たったひとつのすべきことは、母親(妻)との関係を良くすること。

    子どもは、いつでも家庭の中の両親の関係を見ているもの。妻のご機嫌をとるということではなく、子どもの幸せのために、妻の笑顔を引き出すために妻を中心に支えて、父親としてよきサポーターになることが大切。

    つまり、世に言う「イクメン」のように、子育てに全面協力というのは、できる人、やりたい人がやればいいことで、家庭での父親の第一義的な仕事はあくまで「妻を笑顔にすること」。母親が安心して育児に取り組めるように支えてあげるということ。

    また、母親は子どもを守りたい一心から「除菌主義」になってしまう。危ないから、そんなことをしてはいけない、お母さんが先生に言ってあげる等、「毒」や「害」から過剰に守ろうと必死になったなしまう。特に男の子にとって、少しくらい危険な目にあっても自分でなんとかすることで、男として成長する過程をつくってあげられるのは父親の役目で、「お父さんは心配じゃないの?」と言われても、「それは違うよ、男ってそんなものだから。」と母親がいないと何もできない、自立できない子どもから、引きずり出してあげないといけない。

    勉強を教えるうえでも父親のほうが向いていることが多い。それは、間違いを発見して、なぜ間違えたのか論理的思考で解決策を見つけることが、社会でやってきた仕事と似ているから。将棋や囲碁等のボードゲームやトランプで、子どもの論理的思考や戦略を練る思考を育てることも父親のほうが向いている。

    読んでいるうちに、子どものころの自分や、父親となった今の自分と重ね合わせていた。子どものころは、父親が家にいる時間はほとんどなかったように思うけど、夫婦喧嘩は見たことないし、母親が父親の悪口や愚痴を言っているのも聞いたことがない。子どもの自分から見えるのは、笑顔の母親とそれをサポートして任せる父親の姿だったことを思い出した。今はと言えば、サポートとは縁遠いほど、主軸としてかなり子育てに絡みまくっている。もっと子育てをお母さん主体にして、妻の笑顔を増やすということを一番の目的として、子育てをサポートできれば、これまでよりさらに良い夫婦関係、効果的な子育てができるのかもしれないと思えた。「子育て」に正解はないし、家庭によって様々な関係もあるだろうけど、お母さんの笑顔が子どもにとって安心につながるという点は、揺るがない事実だろう。

  • 子どもを伸ばすために父親ができるもっとも効果的なことは
    夫婦の関係をよくすること

    「妻が笑顔でいてこそ子どもは幸せ」

    育児参加したいけれどうまくいかないと悩む父親たちに贈る
    骨太のメッセージをコンパクトにまとめた一書

全4件中 1 - 4件を表示

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)の作品紹介

ハーバード大が2013年に「何が人を幸せにするか」という調査結果を出した。
成功する人の条件は、IQではなくコミュニケーション能力の高さであり、
とくに幼少期の母親との良好な関係が影響していることがわかった。

ただ、母子は距離が近くなりすぎてしまう傾向が強い。
30年以上にわたり30万人以上の親子を見てきた花まる学習会の高濱先生は、
そんな時こそ、父親の存在が家庭環境を変えていくのだと言う。

父親だからこそ、子どもを偏差値エリートでなく「生き抜く力」を持つ大人に導くことができる。

時間がなくても、家事・育児スキルがなくてもOK!
イクメンを目指さなくてよい!
現場で多くの親子、とくに母親を見てきた高濱先生ならではの実践的子育てノウハウを1冊に。
母親から父親へのプレゼントにも最適。

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)はこんな本です

(123)父親ができる最高の子育て (ポプラ新書)のKindle版

ツイートする