好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

  • 355人登録
  • 3.69評価
    • (12)
    • (25)
    • (29)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 堀江貴文
  • ポプラ社 (2017年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154663

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
メンタリストDa...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

  • ホリエモンについてはネガティブな印象しか持っていなかったが、本書でそのイメージが転換した。資本主義の権化としてメディアで捉えられがちなホリエモンは、「もっと、みんなが人生を楽しめる世の中にしたい」という思いを持って、自分のビジネスを進めている。やりたくもない仕事のために満員電車に乗るのではなく、「本当に自分がやりたいこと」に自分の人生を賭けてみても良いのではないか?と、本書ではホリエモンは強く訴えている。
    今年の4月から社会人になった自分としては、「自分の好きなこと」を改めて見直し、「自分の会社は、自分の好きなことをするのに価する会社なのか」をもっと考えるようにしたい。

  • サロンの宣伝が多く洗脳要素満載ですが、主張には非常に賛同できます。

  • これからは記憶力ではなく、検索力。
    サクサク読めて、堀江さんがどんな風な思考をしてるかが端的に読める本。一読の価値はあり!

  • やったるでー!
    と思った。

  • 堀江さんの言葉にはいつも勇気付けられます。

    好きなことだけで生きていく。
    堀江貴文

    早い者勝ち
    リスクを小利口に計算してはいけない
    本当にやる気があるのなら、その後にでもやり方はいくらでも思いつく

    実践を超える勉学は存在しない

    実際やる&最後までやりきる、のが大事

    今は、いいアイデアはどこにでも転がっているし、誰にでも思いつける時代だ。
    あとは、『やるか、やらないか』だけ。
    そして『やる』を選ばない限り、学びを得ることはできない。

    人生、うまくいくと思い込んだもの勝ち

    『今、ここ』に集中する

    好きなものを見つけるために、少しでも興味のあることを手当たり次第にやっていくことしかない。

    どんな業界だろうと自信をコツコツ積み上げることを忘れてはいけない。
    その人に自信さえあれば、誰に対しても卑屈にならず、エネルギーを最大限仕事に注ぐことができ、結果がどんどん出せるようになる。

    その資格はいつまで使えるのだろうか、それは近い将来、ロボットに取って代わられる資格ではないのだろうか、その資格の勉強に何年も費やしていて本当にいいのだろうか。それが本当に『好きなこと』なのだろうか。

    高額商品への執着から身軽になると、所有しているものの価値以外で勝負したいと思考が正常化するから、より良いアウトプットができるようになる。パフォーマンスも上がる。

    好きなことだけで生きていきたいなら、所有欲ほど無駄なものはない。

    優良メルマガ
    井戸実、大川弘一、夏野剛、中島聡、岩崎夏海、藤沢数希、高城剛、上杉隆、磯崎哲也、津田大介、勝間和代、勝谷誠彦

    一緒に未来の方向を向いて、未来をよりワクワクしたものにするにはどうすればよいか、というテーマで語り合うことが本質的な意味でのコミュニケーション

    今の私のことを知ってください、私ってこんな人間なんです、そんな現在形だけのコミュニケーションほど無駄です虚しいものはない。

    いつまでもグチグチと悩んでいる人は、行動しなくていいための言い訳を考えているだけの人。そんなことで悩み続けて行動に移せないことは、その人が本当にやりたいことではないとも言える。

    あまりに悩み続けてしまうことがあったら、その道をあきらめてもいい。一つのことで悩み続けているくらいなら、気持ちを切り替えて新しいことに挑戦すべき。

    質問をするときは、回答する人がやる気が出るような質問をすることを心掛けるべき。

    大切なのは最初のアイデアよりも、ユーザーの反応を敏感に察知し、サービスを改良していくこと。
    アイデアがいいからといって、必ずしも成功するとは限らない。

    一次情報を取っている人が生き残る

    遊びを仕事にする三つのステップ
    ①作業にハマること
    好きなことを見つけること
    ②思いを持って毎日発信をすること
    やりたいことや、ハマれることが見つかったら、毎日自発的に思いを発信し続けることが大切。
    稚拙でもいいから、読み手に『熱さ』が伝わるものでなければならない。
    ③油断しないこと
    自分自身に油断をしないということ

    あとは、どう自分の魅力を周囲に伝えるか。競争相手とどう差別化できるか、にかかっている。

    『たゆまぬ努力』と『トリッキーな手段』が必要。

    好きなことだけで生きていく、とは道無き道を行く、そういうこと。

    自分よりも優秀な人材とつながりたいと思えば、日々の暮らし方や時間の使い方が根本的にガラリと変わるはず。
    夢の実現のためには、小金をセコセコ貯めるより、信頼関係を貯めるほうが絶対に早い。

    純粋な気持ちで応援してくれる人を増やすしかない。

    そのためには、SNSでの情報発信も欠かせないし、自分の夢... 続きを読む

  • 1年ぐらい読書しっかり出来てなかったので、ぱっと読みやすそうなのをと購入。
    2時間程度で読めた。
    為になる事は吸収した。

    p8
    先のように一時的には、意識、気持ち、モチベーションを比較的多くの人が変えてくれる。でも、やらない、続かない、行動で示してくれない。
    →確かにこういう本読んでも読んで満足する事が多
    い、読んだら何かアクションするのはしたいよね。

    p32
    率先して手をあげる「行動力」にこそ、能力以上の価値があると僕は考えているからだ。率先して手をあげるリーダーは、行動力と瞬発力とやる気に満ち溢れている。
    →リーダーはバカでよい。バカな方がフォロワーが助けてくれるとも言っている。やりますという行動がいい。

    p60
    できない、無理、不可能、、、これらのネガティブワードは、自分への言い訳でしかない。堀江流に言えば、ネガティブワードが頭をかすめただけで、その勝負は負け。なぜなら思考は現実化するからだ。
    →絶対できる絶対やれる。松岡修造じゃないが、こういう気持ちが大事だよね。

    p75
    アイデアを生み出すトレーニング法も伝授しておこう。それはよく遊ぶことに尽きる。発想力を鍛えて、自分の価値を上げていこうと思ったら。意図的に仕事を減らし、オフを増やして遊んで暮らすべきなのだ。

    p78
    思い切って週休3日にする。
    →休みはダラダラと過ごすのではなく、計画を持って遊ぶようにしよう。またタイムマネージメントをしっかりもちやろう。

    p87
    好きなものを見つける為に、少しでも興味のあることを手当たり次第にやっていくことしかない。
    →遊ぼう!

    p111
    街で書店を見かけたら「自分だったらどんな場のつくりかたをするだろうか。」そんなシュミレーションを通して、ビジネス感覚を磨いてほしい。
    →ホリエモンはこんな風に日々を過ごしてるんだなあと感じた。

    p122
    はあちゅうさんがある記事で電話を時間のレイプと表現していたが、この考え方には納得だ。
    →確かに電話すると相手の時間も奪われる。
    ただ今の私の仕事では電話、面談は効果的なのだが。。

    p143
    昔話やちっぽけな自慢話、手柄話を聞かされたいわけではない。そうではなく、一緒に未来の方向を向いて、未来をよりワクワクしたものにするにはどうすればよいかというテーマで語り合いたい。

    恋愛のときでさえそう思う。
    こんな夢を叶えたい。〇〇にいって△△を体験したいこんな未来志向ができる相手となら楽しい時間を長く一緒に過ごせるものだ。

    →よい。今が大変。とか友人たちで話しがちだが、これからの将来どうしたいの方がええ。

    p154
    あなたが営業マンで何か商品を売り込もうとするときその会社のことをほとんどしらべてない。競合社の商品について知識が乏しい、商品に関するニュースを知らないといった状態で臨むだろうか。
    →がんばります。。

    p173
    人前でしゃべる機会を与えられた時は何かを喋らなくてはいけない。自らブレーキをかけてはいけない。くだらないことを言ってもいい。無視されてもいい。発言を続けていれば、そのうち話をするのも上手くなっていく。
    →なるほど。

    p181
    はまれるものが見つかったら毎日自発的に思いを発信し続ける事が大切だ。それも言われたからやる。ノルマだからしぶしぶこなすといった姿勢で取り組んでいてはだめだ。
    →ツイッターやな。がんばろ。

  • 興味を持つ→好きと既存の組み合わせ→第一印象、つまり声などでアピール→し続ける

  •  ホリエモン、確かにすごいんだよな。
     刑務所入った後に活躍してる人ってパッと思いつくのは、ホリエモンと佐藤優くらいしかいないんじゃないの。
     こないだはロケットの打ち上げの出資者で名前載ってたし。
     
     刑務所に入った程度で、なぜ再び第一線に出てこられるのかといえば、好きなことをやっているから。
     好きなことをしていれば、人は生きていくことができると言う。

     で、どうすれば好きなことができる思考を得られるかというと、自身が運営している大学に入れば分かる。だそうです。

  • 好きなことだけで生きていくためには
    お金が必要だ。どうやって稼いでいくことができるのか、そのヒントとして読んでみたが、そんなにうまくいくのか?と思ってしまった。HIUをやたら勧めている。
    参考になったところは以下
    ・過去でもなく未来でもなく、「今、ここ」の瞬間の心と体に意識を向ける。
    ・ある事象について正しい情報や知識を知っているか否かで、物事への理解や判断には大きな差が生まれる。
    ・一次情報を取っている人が生き残れる。

  • 「とにかくやってみて考える」、真っ先に行動を起こす人はいい意味でバカ、小利口になってはいけない、本当にやりたいライフワークで副業で勝負すればいい、「手持ちのものをなんとか利用したい」という考え方自体がケチ、“「もの」はお金があればいつでも買える。僕は飛び切りの「アイデア」さえ出せばいい。今はそうゆう時代。”、「自信」と「天職」の相関関係、所有欲から開放されれば好きなことに没頭できる、セレブ客の自尊心は一般客あってこそ、「調べてない・考えてない・分かってない」、現代に必要なスキルは検索力、的確な検索は難しい…確かに“的確な”検索は難しいんだよな。

  • 著者の書籍は殆ど読んでいるが本書も他の著書と概ね同じ内容だが改めて確認できとてもためになった。
    人生において損切りの大切さ。つまり「過去を活かす」のは一見「経験を無駄にしない」ことのように思えるが錯覚であり過去はただの過ぎ去った時間でしかなく「再利用できる資源」ではないのだから無理に活かす必要はなくむしろ可能性を縮めるということ
    これは肝に銘じなければならないと改めて思った。
    今この瞬間どんな生き方が出来たら幸せなのかを真剣に考え抜くき自分の感覚を信じ誰のせいにもせずに生きる
    人生を送ること、つまり極端でいい、偏っていていても気にしないことが大事
    とにかく「やってみて、考える」行動してみることの大切さを教えてくれる
    つまり小利口より行動できるバカになること
    AIにより人間の仕事を「奪われる」ではなく「使いこなす」視点が大事
    所有欲をなくす事により所有しているものの価値以外で勝負するというように思考が正常化するしよいアウトプットができるようになりパフォーマンスも上がるというのは現在実施中でもある
    また、コミュ力はビジネスの世界では「十分条件」に過ぎずま「必要条件」ではない→動機付けとして利己的ではなく利他的な熱いモチベーションが大事
    現代に必要なスキルは記憶力ではなく検索力が大事というのも時代の変化とともに学ぶべきことである
    好きなことだけで生きていく=道なき道を行く

  • 【2017年10冊目】
    ホリエモンの本は割と好きで毎回読んでます。
    「熱中童貞」という言葉は刺さりました。何かに忘我の境地で挑んだことはないなぁ。
    そんな何かに出会えるかどうかはわからんけど、その可能性を上げるためにやってみたいことは積極的にトライして行こう、そう思いました(°▽°)

  • サクッと2日で読めた。堀江さんいわく、この本を書いたのは、少しでも多くのひとに好きなことだけして生きていく人生を歩んでほしい、そういうふうに生きたいと思って踏み出せずにいるひとの背中を押したい、という「おせっかい」からだという。好きなことだけして生きていくためには、とにかく行動し始めることが大切だといろいろなエピソードを交えながら熱量をもって語っている。
    ところで、本の感想をパブリックな場に向けて書くのはわたしにとっては初めて。書いてみようと思ったのは、そう、堀江さんの「おせっかい」や熱量に背中を押されたから。少しずつ、とにかく行動してみるという経験をどんなに些細なことでも積み重ねていこう!そういう励ましを堀江さんからいただいた。そうして、好きなことだけして満足する人生を歩んでいきたい。ありがとう、ホリエモン。

  • 実践を超える勉学は存在しない。ビジネススクールなどで、実践的な学びが得られるだろうか?お金を生むために考える、チームをまとめ上げるために行動する。そんな状況に飛び込んで、実際に運用して失敗したり成功したりして学んだ「生の勉強」こそが「本当の勉強」。実際やる&最後までやりきることが大変なため。

    「社会の仕組みを知っている」というだけで、その人は優位に立てる。要は社長として成功している人は、たまたま社会の仕組みが分かってしまった人、ということだ。仕組みを知っているのと、知らないのとでは、それだけ大きな差があるということを理解して欲しい。仕組みを知るには実践あるのみ。実践を通して得られる経験は本当に大きい。

    「思考は現実化する」は正しい

    「今、ここ」に集中する。人生、うまくいくと思い込んだもの勝ち。必ずうまくいくと思い込むためのマインドセットは「今、ここ」に意識を集中させること。否定的な想念は非常に起こりにくい。

    間違いなく、情報が全て。検索のスキルは今後ますます必要となる。的確な検索は、場合によっては超絶的に難しいこともあるため。

    今後は、一次情報を取っている人が生き残る。キュレーションメディアの影響で、最近は自ら一次情報を取ってくることができる人が注目を浴びやすくなった。

  • 堀江ボット、目指してみたい。堀江さんそのものになるのは目標でもないし意味がないので、堀江さんの能力を持った上で自身の望む世界を作っていきたい。

  • ライブドアの元CEOで現在は事業のプロデュースや自身のブログでの情報発疹など多岐に活躍する堀江貴文氏の仕事について書いた一冊。

    氏の著書は数冊読んでいますが、氏の卓抜した一貫した姿勢を本書でも感じることができました。
    これからの時代において好きなことを仕事にしていくための極意を氏の名のもとに運営する堀江貴文イノベーション大学校での活動を通じて書かれていました。
    はじめの一歩を踏み出して実践していくことの重要性や情報過多の現代においていかにして生きていくかという処世術も氏の言葉で書かれており、非常に刺激的な内容でした。

    また、氏のテレビや飲食業界について唱えるところは興味深く感じ、ライブドア経営時の苦労やインタビュー時の想いなども知ることができました。

    氏の発信する情報は先見の明があり、感嘆する時も多くあるのですが、本書でもその一端を垣間見ることができただけでなく、氏のこれからの時代に対する熱いメッセージも感じることができました。
    自分にとって熱中し没頭できるものに妥協することなく向き合うこと、そして突き抜ける瞬間がきた時好きなことを仕事に出来ると感じました。
    本書を読んで、時代の変化に対応するための知識と勇気を貰える一冊だと感じました。

  • ホリエモンの文字通り、好きなことをすることで生きていくというスタイルを説いた一冊。

    多少HIUの宣伝になってるのは目をつぶるとしても、退路を断ってやるのはリスクが高い。
    言うは易し、行うは難し。

  • 20170531 定年間際。これからどうするか考えている時にこの本にあった。
    具体的な行動に出られるかどうかがポイントだと思う。既に考えている事から何かハマるものが見つかるかどうか。
    行動できたら報告してみても良いかもと思っている。

  • 20170527


    ホリエモンの著作はなるべく読んでいるが、今回も背中を押された。

    そろそろ、現状を変えるための行動を起こさなければならない。

  • 堀江さんの本を読んでる人なら何度も目にした(でも、行動は起こしていなかった)言葉が多いけども、熱中することを見付けることの大切さに改めて気付かされます。

  • 著者の他の書籍にも共通している事かもしれませんが、完結に言えば、人の事をどうの言う前に自分の事をもっと見つめてみる。これに尽きるのではないかと思います。この書の大まかな内容としては、やる気を持っていても、それから先に進めない。そんな人を対象に書かれています。あとは、読んで少しでも行動に移せるか。これは、それを問う一冊かと感じます。

  • ホリエモンの考え方がわかる一冊かと思います。非常にスッキリと頭の中に内容が入ってきます。

  • いつも楽しませてくれます

  • 好きなことだけで生きていきていくことに罪の意識を感じるように洗脳されてきたのではないだろうか。できない理由を探す時間に意味はない。できない理由を並べ立てる暇があったら、できなくても一歩を踏み出してみればいい。
    自分の選択で一方踏み出してみれば大失敗をすることもある。大恥をかくこともある。しかし、それによって失うものなど、よくよく考えてみれば、何もないのではないだろうか。それによって傷つくものなど、あなたの小さなプライドだけに過ぎないのではないだろうか。そして、そんな小さなプライドなんて、実は周囲は気にしてすらいない。失敗したときの周囲からの嘲笑が怖いと言う人が多い。けれど、あなた以外の人間なんて所詮無責任なものだ。あなたの悪口を言ったって、バカにしたって、そんなことは次の日にはけろっと忘れている。あなた以外の人間なんて所詮そんなものだ。そんな人間の目を気にしてあなた自身が自分の人生を無駄にしていいわけがない。自分の人生は自分の責任で持って自分自身で決めてほしい。もし、失敗して後悔したとしてもそれは自分の決断だったと受け入れられるそんな生き方をしてほしい。

全24件中 1 - 24件を表示

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)の作品紹介

「断言しよう。人は好きなことだけして生きていける。それは、例外なく、あなたも」
自分の人生を無駄にしている人へ伝えたい。
自分の「時間」を取り戻す生き方―

ベストセラー著者・ホリエモンの後悔しない生き方・働き方論、決定版。他人、時間、組織、お金などにふりまわされず、「好き」を生きがいにするため、どう考え、行動すればいいのかを明快に説く! はじめの一歩を踏みだすことができない不器用な人たちに勇気を与える、最強の人生指南書。SNS全盛期時代の脱・企業、脱・組織、脱・学校論についても語る!

【本書の構成】
第1章 僕が唯一背中を押せる場所
第2章 はじめの一歩はノーリスク・ハイリターン
第3章 僕らには無駄なものが多すぎる
第4章 「好きなこと」だけするためのスキル
第5章 不器用なあなたに伝えたいこと
おわりに 僕の好きなことは「おせっかい」なのかもしれない

ホリエモンの思考を盗む場所/リーダーに能力はいらない/「でも」が口癖の人は、仕事がなくなる/働かないことは悪いことなのか/自分が本当にやりたいことにリスクをかける/なぜ大企業を信用しているのか!?/個人の飲食店最強説/稼ぐだけなら「コミュ力0」でいい/悪平等意識を取っ払う/無駄な質問・三原則/社会の仕組みを理解する/一次情報を取っている人が生き残る

【プロフィール】
堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。1991年、東京大学に入学(後に中退)。在学中の1996年、有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。2004年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役社長CEOとなる。2006年1月、証券取引法違反で逮捕。2011年4月、懲役2年6カ月の実刑が確定。2013年3月に仮釈放。現在は、ロケットエンジンの開発やスマホアプリのプロデュース、有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の配信、会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の運営など、幅広く活躍。主な著書に『稼ぐが勝ち』(光文社)、『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、『すべての教育は「洗脳」である』(光文社新書)など多数。

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)のKindle版

ツイートする