真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

  • 452人登録
  • 3.93評価
    • (29)
    • (36)
    • (29)
    • (2)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154823

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 午前五時はもう真夜中ではないだろうと悪態をつきつつ、発売と同時に買ってしまうのだから、好きなのは隠せそうもない。物語としては前巻で完結しているが今作は彼らのその後の物語である。驚きと喜びの連続で読み応え満載。読んで良かった。
    あらすじ(背表紙より)
    真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。あれから五年の歳月が経ち、暮林や弘基には様々な変化の波が訪れていた。それは常連客である斑目やソフィアたちにとっても同様だった。そしてもちろん、希実にとっても…。「まよパン」シリーズ、ついに完結!!

  • 希実ちゃんの母・律子さんが亡くなってから5年、それぞれの新しい生活に驚いたり、ニマニマしたり楽しく読めた完結編♪これで終わりかと思うと寂しい(--、)この話に登場する人達の御縁を紡いだ美和子さんは本当に素敵な女性だなぁ(*´-`)

  • いい感じです。
    時間もしっかり進んでいるし。

  • シリーズ完結編。それぞれの後日譚を集めたスピンオフのよう。
    傷や過去が明かされる、シリアスな要素を含んできたシリーズだけど、夜が明けて新しい朝が来るにふさわしい、明るいハッピーエンド。
    こだまの中二病ぶりに笑う。その成長ぶりに、作中の時間の経過を感じる。

  • 前作の後日譚的な形式で、淡々と班目、ソフィア、弘基、希美の視点で語られる最終巻。

    なんだか外伝的な短編集のように、一歩も二歩も本編から距離を置かれた冷めた感のある内容に少し戸惑いました。もっと大団円的な、大仰なラストシーンを期待していたので……。

    正直、班目とソフィアの話は取って付けたような内容だし、弘樹と希美が付き合いだすとかもピンとこなくて、ずいぶんと雑な畳み方するなぁ、とすら思っていました。

    しかし、エピローグの暮林の話がそうした微妙な印象をすべてひっくり返してくれました。

    真夜中にパン屋を営業する理由。それが明らかになった瞬間、真夜中に開業しているという設定が単なる物珍しさではなく必然だったことを知った瞬間。

    それが本シリーズ通しての印象を決定づけた瞬間でした。いろんなエピソードがありましたが、自分としてはこのシリーズは結局のところ、暮林陽介と美和子のお話だったんだなぁ、と。彼らの優しさに雨宿りする形で、希美を含むいろんな人たちが救われてきた、そんなお話だったのかと思った次第。

    若干寂しくはありますが、かつてのこだまに似た少年が登場するエピローグを読んで、多分これからはすでに幸せになった人以外の、語られることのない人たちが幸せになっていくターンなのかなと思いました。

  • 最終回。みんなが幸せになれた気がしました。
    時間が立ってみんなが幸せのポジションを見つけた感じです。
    希実も弘基といい関係になり、なによりもこだまの変化がすごいなと実感。

    パンを食べるから幸せなのか。幸せだからパンを食べるのか。幸せにもきっと仕込みが必要なのだと思う。誰とたべるか、ひとりで食べるか。
    ひとなんか自分が生きてきた世界の基準でしか、なかなか物事をはかれない。だからいっしょに笑ったり、泣き合えるひとに出会えるって奇跡なんだと思う。

    うーん、最終回なんだよね。

  • 最終巻
    希実とは違うけど自分も家庭の事情でいろいろあったからトラブルの最中より後の方がダメージくるのがよくわかる。今までと違ってそれぞれの目線でそれぞれの未来に続いて行くのを感じさせる書き方で素敵!次回作も楽しみです!
    しかも今までで唯一希実が表紙で笑ってるの。
    幸せになってね。

  • 過去の登場人物達が出てきたり、主力メンバー達の未来はドタバタしつつもきっと皆うまくいくだろうなぁ、と想像できるラストでした。シリーズ最終回で少々名残惜しいですが、最後の最後まで楽しく読了させて頂きました。

  • ブランジェリークレバヤシに関わってたそれぞれの人たちの5年後が描かれている。

    うーん、今までのように希実と暮林と弘基を中心に描いてくれたほうがよかったなーという印象だな。
    その中で斑目さんとかソフィアさんのその後が垣間見えるとか、そういうのを期待してたんだけど。
    なんか、ブランジェリークレバヤシに関係する人々についての現状報告的な感じがして、ちょっと物足りなかったかなー。

    まぁ、それぞれがそれぞれの未来に向かって歩んでいるという終わり方で、よかったとは思う。

  • これでラストか~という話の流れというか、短編集って感じでしたね。
    いろんな人の優しい物語だな~と納得。

  • たまに思うんだけど。シリーズで前回を知らないと今回読んでも内容が把握しきれないような話なら、タイトルに2とかの数字入れてほしい。

    伊坂幸太郎や、東野圭吾みたいなシリーズてきなものや、筆力のある作家ならば、バラバらに読んでも見事に話が通るんだが、うん、これは続きだな。明らかに。な、感じでどーも入り込めず。

    まよパンシリーズの完結編らしい。

    でも、ぜひこれだけじゃなんにも意味が通らないなら真夜中のパン屋さん2
    というタイトルにしてほしい。ホント。おいコーシリーズとかは、読まなきゃわからないからちゃんと数字ふってるじゃんか。

    なんでしないかな。

    これでもこれだけで楽しめるように書いてるつもりなんだろうか。

    そんなつもりなんだろうか。

    そんなつもりだったらそれは。全く伝わらないっす。

  • 読み終わりました。

    ついに……
    とうとう終わってしまいました。

    この巻、皆のその後が描かれてました。



    ソフィアさんの葛藤が
    最初はどうなることかと思ったけど、最後良かったな。。
    こだまの助言も私もドキッとなったなぁ。。
    ソフィアさんの心情も……


    こだまも孝太郎も希美ちゃんも、変わっていって……

    こだまの登場はびっくりで、
    小さい頃は可愛かったのに大人っぽく成長してて

    孝太郎も実は希美ちゃんのこと好きだったりなんて。。

    読んでいて、相変わらずどこか不思議でつかみ所のない面白い人だなと

    弘基との会話のやり取りがねぇ。。面白い……
    心理戦というのかな(笑)
    相手を確かめてる?



    弘基と希美ちゃんが////
    嬉しかったな。。
    お似合いだなと思ったもん!嬉しい。。




    それにしても暮林さん。。怒ると怖いですね・・・
    前巻だったかな、
    両指の上にお皿を乗せるシーン。。笑



    美和子さんのエピソードも良かった。。
    どうして真夜中にパン屋を開くのかの謎も解けて・・・
    素敵だな、こういうの




    次は応募したら読めるみたいで、
    一応送ってみたけど
    無事、家に本が届くかどうか心配です(^o^;)


    この本で本当に終わってしまうんだなと
    思ったら寂しいです(ノω・、)

    届いたら見届けよう☆



    最後の暮林さんと、あの子供。。
    弘基かな。。誰だったのかな・・・

  • 大団円、とは言わないけれど、いろんなものがいろんな人の気持ちが、それぞれ整理されてよかった。人にはそれぞれいろんな幸せのかたちがあるんだなぁ。

  • 図書館で借りた本。
    まよパンシリーズの完結編らしい。えー、本当に終わっちゃうの?って感じです。まだまだ見ていたい。話は、希実ちゃんのお母さんが亡くなってから5年が経過していました。なんとこだまくんが中2!もっともっと続けてほしいなぁ。

  • 「まよパン」シリーズ完結!・・・ってことだけど、番外編ってかんじでしたね。

    希実の母・律子の死から五年。
    主要な登場人物たちの後日談。
    それぞれが主人公となる連作短編集。

    斑目氏の幸せなパパぶり・・・結婚したんだっけ!?
    あー、なんか、そうだったかも・・・(忘れてるw)

    希実は大学生になって・・・引き籠ってたり?
    弘基は店をやめてフランスに行ってたり?
    成長したこだまは中二病だったり?w

    それぞれの登場人物の中に、小さからぬ存在としてブランジェリー・クレバヤシがあり、それは暮林と、やっぱり美和子さんの存在の大きさななのだな~。

    これからもブランジェリー・クレバヤシは存在し続け、いろんな人たちと関わっていくんだろうな。

  • え?これで終わり??というのが感想。
    せっかくここまで丁寧に書いてきたのに、最後が随分と急ぎ足で残念。終わり方も微妙だし、ヒロキとノゾミの関係も、もっと丁寧に書いてほしかった。二人が恋を始めるところって大事な瞬間なはずなのに・・・。みんなが旅立って行って、ブランジェリークレバヤシにも新しい風が吹いてくるっていうオチはすごくいいんだけど、そこまでの過程がなんだか残念。この作品のポイントの美味しそうパンの描写も少ないし。新しいパンも出てこないし。淋しい最後になったなぁ。

  • シリーズ最後と思うと少し残念。なかなかよかったです。

  • 綾乃と結ばれた班目には娘が生まれ
    安田と別れたソフィアは母とハワイ旅行に
    クレバヤシをやめた弘基はフランスに渡り
    大学に通い始めた希実にも大きな変化が

    あれから5年後の「ブランジェリークレバヤシ」を描く“まよパン”シリーズ完結編

    午後23時から午前5時という「真夜中のパン屋さん」営業時間の秘密も明らかになる

  • 前巻で終わったような気になっていたので、続きが出たことにびっくりしてしまった。
    ブーランジェリークレバヤシに関わった人々のその後、という短編集だった。しかしシリーズの内容をかなり忘れていて、誰がどういう人物だったか思い出すので精いっぱい……。まず1巻から読み返すべきかもしれない。

  • ついに完結
    そっか〜ヒロキとのぞみん、そっか〜。ちょっと意外。
    結構忘れていたけどこだまの成長やらソフィアさんやら楽しめました。

  • のぞみちゃんがかわいくて仕方なかった。前巻が怒涛だったので今回は時間が経ち、少し落ち着いたり落ち着かなかったりだけれども、皆がそれぞれ旅立っていく様にほっとする。
    一番変わったと思うこだまは、まあ、周りを考えたら、そうなるよねと納得もした。それでも変えられない態度というものにやさしいなあと思ってしまうよ。
    あと暮さんの本気、怖い。

  • 前巻から五年が経った、それぞれのその後が描かれる。斑目、多賀田、綾乃・佳乃姉妹、ソフィアと安田、そして弘基と希実、孝太郎・こだま兄弟、美作医師、そして暮林・・・・ 時の流れは止められず、どんなに居心地のよい場所も変わっていく。それぞれの現在に心が温かくなりつつも、一抹の寂しさを感じる最終巻。

  • 真夜パンシリーズ完結編。

    前作からだいぶ時が経っており、
    主要な登場人物たちの「後日談」の形で、
    それぞれが主人公となる連作短編集。

    希実は大学生になってて、ハハは亡くなってるし、
    弘基は店をやめてフランスにいるし、
    斑目氏は幸せにパパやってるし...と、
    5年くらいの間にみな結構環境や様子が変わっている。
    そう、「後日談」とは言っても、
    「後日の現在進行形」のストーリーなのである。

    環境が変わっている人が多いので、
    今作ではブランジェリー・クレバヤシが、
    ほとんど舞台として出てこない(^ ^;

    が、それぞれの登場人物の中には
    やはり小さからぬ存在としてあの店があり、
    本作の「本当の主人公」は、希実ではなくて
    暮林だったのだな、としみじみと実感させられる。
    そして、美和子さんの存在もやはり大きい。

    何と言うか...これまでの本作を読んでないと、
    まったく何のこっちゃ分からないであろう一冊(^ ^;
    未読の方は、騙されたと思ってぜひ通読を(^ ^;

全49件中 1 - 25件を表示

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)の作品紹介

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。希実の母・律子の死から五年の月日が経ち、暮林や弘基の周辺には様々な変化の波が訪れていた。それは、常連客である斑目やソフィアやこだま、美作親子や多賀田たちにとっても同様だった。そしてもちろん、希実にとっても……。累計140万部突破のベストセラー「まよパン」シリーズ、ついに完結!!

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする