(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 53人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 渡辺仙州
  • ポプラ社 (2017年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591155264

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • もともと児童書だったのをタイトル変えての文庫化で、結構内容が良いので、もっと幅広い年齢層に手に取ってもらえる機会となって嬉しく思う。主人公の呉承恩は西遊記の作者という説があり、こういう少年期があっての(全くのフィクションだが)西遊記創作かと思うと、それも一興。わずかな時間だったけれど、玉策は承恩と共にあって、生きるという事を知ったと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

<内容紹介>
古来、泰山山頂の金篋のなかには、すべての者の生死を記した禄命簿『玉策』があるとされる。それがあれば、人の寿命を知り、またその運命を変えることもできるという―――。
本と物語が何より好きな少年・呉承恩と、金篋から転がり出た、本を食べる生意気な少女・玉策。不思議な力をもつ玉策を、様々な者が狙いに来るが、呉承恩は彼女を守ることができるのか!?
涙こぼれる感動のファンタジー!


<著者プロフィール>
渡辺仙州(わたなべ・せんしゅう)
1975年東京生まれ。現在中国河南省在住。著書に『北京わんぱく物語』『闘竜伝』シリーズ、編訳書に『封神演義』『西遊記』『白蛇伝』『三国志』などがある。

(P[わ]2-1)文学少年と書を喰う少女 (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

ツイートする