(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 安東みきえ
  • ポプラ社 (2017年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591155691

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤野恵美
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語が愛おしくなる物語。

    駅の遺失物係で、物語を探す物語。

    私たちは物語をなくしていて、そして物語を探している。
    人の物語と出会うことで、自分の物語を思い出すこともある。

    やわらかで、あたたかくて、やさしい物語でした。

  • リリース:明子さん

  • “がっかりすることには慣れています。それに、立ち直るコツも知っています。かんたんです。それ以上を望まなければいいのです。”
    “手にしていたはずのものを、気づいたら失っていたのです。”
    “失くしたことだけがわかっていて、なにを失くしたのかを覚えていないだなんて”

    小説の始めの方からこんなフレーズが続いて、ひきこまれて読んでいった。
    月曜日から日曜日までひとつずつ、誰かに忘れられた物語がゆめみの駅の遺失物係によって、おはなしを失くした「あたし」に読まれていく。
    小川未明の童話にも似た少し悲しくて寂しい雰囲気だと感じたけれど、読後感は泣いたあとみたいに少しすっきりしている。
    現実の世での喪失感て、そう簡単に拭えるものではないけど、救いのある話でよかった。

  • 作者の名前に見覚えがあるな、と立ち止まったら『天のシーソー』の方だった。
    これも縁なので、購入。

    おはなしの遺失物係。
    主人公は、生活の中で夢や希望を抱くことを上手に諦めながら生きている女の子。
    彼女が落としたはずのおはなしを聞きに、遺失物係を訪れるというストーリー。

    遺失物係さんのおはなししている姿を思い浮かべながら、さまざまなおはなしへ飛んでいく。
    彼の声は、きっと柔らかくて静かなんだろう。
    音と文字は別々の機能を有しながら、同じおはなしを辿ってゆく。

    アヤといしこさんのおはなし。
    バクの母子。てんとう虫の恋。
    病気の少年と暗闇。

    どれも、どこかに憂いがあって後が残る。
    女の子のように、こうなって欲しい、や、それは切ないな、と思う話もある。
    でも、それを作り出した人がいて、語り継ぐ人がいることの不思議を思った。

    ゆっくりとした時間を過ごせた。

全4件中 1 - 4件を表示

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

あたしが失くしたのは、「おはなし」でした――。
世界中から忘れられた物語が届く遺失物係での、不思議な七日間。

越してきた田舎の町で、中学校に馴染めずにいた少女は、
ひょんなことからゆめみの駅にある遺失物係にたどり着く。
そこは誰かが忘れた「おはなし」が世界中から届けられ、
「遺失物語台帳」に収められている不思議な場所だった。
係の人から一日一話ずつ物語を読み聞かせてもらいながら、
自分が失くしてしまった物語を探すのだが――。
痛みを抱える人にそっと寄りそってくれる、切なくもやさしい物語。

(P[あ]5-2)ゆめみの駅 遺失物係 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする