ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)

  • 1060人登録
  • 4.08評価
    • (257)
    • (130)
    • (197)
    • (3)
    • (2)
  • 174レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1976年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592110910

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み出したら止まらない。読み返しても止まらない。

  • 昔ドラマを観たことがあるのですが、原作を読むのは初めて。名作というだけあって面白い。演劇ってこんなに熱いものなんですね。マヤの演劇に対する情熱は素晴らしいけど時折怖くなります。

  • 今まで 何気に読むのを避けてきたが、今回 読んで見たが 古さが 感じられなかった。

  • 演劇をやってみたい!と思わせてくれる漫画で、小学高学年での学習発表会の「真夏の夜の夢」の主役のオーディションを受けて合格した、良い思い出を残してくれた作品。
    早く完結しないだろうかと、今もやきもきしながら待っております。

  • キムヨナと真央チャンを見ていたら読みたくなりました!

  • 全巻読んでる。続きが待たれる。

  • まだまだ終わらない。

  • 大好きな漫画です。
    最初の方は絵も可愛くて綺麗!
    読み返すと、こんなに速水さんは格好良かったんだ、マヤってこんなに可愛かったんだとしみじみ思います…。

    紅天女の稽古までは何度読んでも本当に興奮します、のめり込んで一気に読んでしまう!
    ひとつひとつの舞台に思い入れがあり、今でもソラでセリフを言えるものだってあります。
    二人の王女編に至っては、この舞台のストーリーを作者が考えているんだなんて、美内さんは天才としか思えない。
    後にも先にもこの作品を超えて熱くなる少女漫画はないと思います。

    40巻以降は、もう惰性で読んでます…
    完結してる雑誌版を読んでみたい。

  • 最近リアルの舞台にドボンとハマったのだけれど、私の舞台知識のリファレンスはあくまでもこの作品。役者さんを見ているとどうしてもマヤ達に重ねあわせてしまう…。しかし1巻からこのグイグイ引き込まれる感じはなんだ。もう数えきれないくらい読み返している作品なのに、恐ろしいパワーを持っている。絵が古かろうが、キャラがありえなかろうが、この作品世界の中で絶対の必然性を持ってキャラが動いているから、細かいことは気にするな!感じろ!という気持ちで読める。

  • 面白い!今3巻の途中まで読んだ状態だけど、1巻は特にインパクトを感じた。びっくりする展開とキャラクターのリアクションの大きさにツッコミを入れつつも、マヤがビビを演じるシーンはすんごい泣けた!作品のテンション高くて好き!

全174件中 1 - 10件を表示

美内すずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする