ガラスの仮面 (第4巻) (花とゆめCOMICS)

  • 205人登録
  • 3.85評価
    • (24)
    • (20)
    • (34)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1977年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592110941

ガラスの仮面 (第4巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どんな時でも紫のバラを贈ることを忘れない男・速水真澄。演劇コンクールの「たけくらべ」でもマヤに一輪の薔薇を送っているけれど、この頃って隠れ秘書(?)の神恭一郎の影が見えないから、自分で花屋に行って買ってたかと思うと愛おしい。しかも、マヤ達の楽屋にこっそり忍び込んで台本の上に置いておくとか。その姿可愛すぎないですか。

  • 劇団一角獣のセットを人が演じたり、ひとりの役者が色々な役を演じるスタイルの芝居がカッコいい!あと月影先生がマヤに言っていた、俳優論は「ガラスの仮面」という作品自体への言葉にもなっていたような気がする。

  • 演劇コンクール地区大会が始まる、劇団オンディーヌの亜弓さんの「たけくらべ」、そして劇団つきかげのマヤの「たけくらべ」、全国大会での演目は「ジーナと5つの青いつぼ」に決まる、北海道代表・劇団一角獣が初登場、一角獣の「運命」、オンディーヌの「灰の城」、つきかげの出番前日まで収録。

    たけくらべの本番で、前の3巻であったマヤと月影先生の通し稽古の中身がどんなものであったかわかるようになる。

    この巻では桜小路くんがちょっとだけ報われていそうなシーンがあるのと、マヤが演劇以外の会場での失敗シーンがたくさんあるのが楽しい。

  • 北島マヤが、唯一のとりえである演劇で奮闘しながら、演じる才能を伸ばしているのが、読んでいて、とても面白い!

  • 【M】

  • マヤは姫川亜弓と同じ『たけくらべ』の美登利役を違うキャラで演じ切り、劇団つきかげは予選を劇団オンディーヌと同率1位で通過。
    この辺から原作に忠実な優等生・姫川亜弓と役者自身のオリジナルな魅力で勝負するマヤの構図が成り立ってきます♪

全7件中 1 - 7件を表示

ガラスの仮面 (第4巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第4巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第4巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする