ガラスの仮面 (第6巻) (花とゆめCOMICS)

  • 198人登録
  • 3.81評価
    • (21)
    • (20)
    • (36)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1977年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592110965

ガラスの仮面 (第6巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 「白い青春譜」通行人の稽古、本番、星城学園の文化部発表会の演劇部「古城の愛」の女王役の代役、亜弓さんの王子とこじきの稽古、マヤの栄進座「おんな河」の子守り役の稽古、そして2つの舞台の本番まで。

    「青い青春譜」のチーフ助監督の戸田さんと、栄進座の座長で大女優・月影先生の旧知の仲でもある原田菊子が良い味出しているキャラ。

    亜弓さんの印象も変わりはじめて亜弓さんファンとしても面白くなってきた。

  • マヤは映画のエキストラや学校の演劇部のチョイ役etc.演劇をやれる小さなチャンスを少しずつ掴み、その才能ゆえ舞台荒らしと化し、一方亜弓は3枚目や乞食etc.自分とはイメージの違う役に取り組み、それぞれがより才能を磨くために下積みを重ねる時期。特に大作や大舞台は出て来なぃので、作品全体から見ると、ちょっと地味な時期ですね;

  • 中学校の演劇部の代役を経て、さらなる経験を積むために栄新座の舞台の端役を射止めたマヤと、紅天女に向けて芸の幅を広げようとこれまでのイメージを壊すような役に挑む亜弓さん。もうどっちも中学生とは思えない行動力。この2人のプロ根性を見ていると、子どもだということを忘れてしまう…。ハッこれって速水真澄さんの視点なのだろうか?自分と相手がいくつ離れていようと、ファンになってしまう瞬間てあるよね。

  • 読むのが楽しみだし実際に読んでちゃんと面白いから好きだなぁ・・・!マヤが演技で回りを圧倒して、その演技のあとに爽やかなものが残るところも気持ちいい!マヤと亜弓の演技にかける情熱は読んでいて元気出る!

  • 6巻から10巻まで読みました。
    演劇への情熱、すごいです。
    早く先が読みたい。

全6件中 1 - 6件を表示

ガラスの仮面 (第6巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第6巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第6巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする