ガラスの仮面 (第7巻) (花とゆめCOMICS)

  • 205人登録
  • 3.82評価
    • (21)
    • (21)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1978年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592110972

ガラスの仮面 (第7巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 亜弓さんの「王子とこじき」・マヤの「おんな河」の本番後半、演劇サークルのお手伝いバイト、「嵐が丘」のオーディション・稽古・本番途中まで。

    マヤを慰める麗のシーンと、月影先生と原田菊子の会話シーンが好き。

    マヤの相手役・ヒースクリフ役の真島くんが出てくる。桜小路くんはちょっと荒れ気味。

    キャシーの兄・ヒンドリー役の人、マヤに毎度本気で殴られたり噛まれたりして憐れ……。

  • 再々々々々々・・・読。早く完結してほしい~と願いつつ時々ランダムに読み漁る。7巻は栄進座と嵐が丘・・・ほんに子守も楽じゃねえ、というせりふが残ってます。

  • 舞台あらしの異名を取りつつ、あっという間に「嵐が丘」の出演へ。マヤ順調にキャリアアップしてます。そんな中、演技に夢中なマヤに寂しさを感じる桜小路くん…。しょうがないです。この時期のマヤは恋愛<演技なのだから。そのあたり、自身も演劇をやる桜小路くんには察して欲しい…というのは難しいか。

  • ガラかめの舞台のシーンってすごいなぁ・・・!ほんとに舞台を見ているような静かな緊張感を毎回感じる。舞台の原作のダイジェストの作り方も上手なのかも。あとやっぱり役が憑依した顔好き!受け手の表情もいいなー!(笑)

  • 相変わらず細々したトコロで演劇関係者のド肝を抜き、妬まれたり怖れられたりしつつも、栄進座でのチョイ役でスカウトされ久々の大舞台に立つコトになったマヤ。
    『嵐が丘』のキャサリン役に成りきり、相手のヒースクリフ役の男優を虜にしてしまふほどの魅力を発揮!
    でも激しぃだけで、まだ色っぽさはなぃマヤなのでした;

全6件中 1 - 6件を表示

ガラスの仮面 (第7巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第7巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第7巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする