ガラスの仮面 (第14巻) (花とゆめCOMICS)

  • 190人登録
  • 3.84評価
    • (21)
    • (17)
    • (32)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1980年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111047

ガラスの仮面 (第14巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マヤが里美茂に初恋をし、演劇関係者やファンから執拗な嫌がらせを受ける巻。こんなあからさまな嫌がらせを受けてるのに、番組関係者のスルーっぷりったら。あとは前々から気になっていた、芸能人の「親衛隊」の存在。ただのファンでしょ?なんで撮影現場に立ち入れるの?昔の芸能人にはこういうファンが居たんだろうか…。というか、今の芸能人にもいるんだろうか…。謎すぎる。

  • マヤが受ける妨害って、この作品にハマり過ぎで今ひとつに感じた。盛り上げ過ぎなのかも。片思いのやり取りも若干「デレデレすんな!」って感じあったなぁ・・・(笑)マヤと亜弓の表情が似て見える瞬間が印象的だった。

  • マヤと亜弓さん、それぞれの恋と、マヤへの「天の輝き」撮影中の嫌がらせが続く。

    桜小路くんが可哀相な事に…。マヤは里美さんがいいそうだ。
    巴万里ちゃんの笑顔がすごく可愛い。

    それにしても親衛隊の人、車壊し過ぎだろう…。

  • 亜弓さんが、演技のために、「恋」する姿を知るために、自分に恋させるように男の子を向けるところが、すごいと思った!マヤちゃんが、恋をしている姿がかわいかった。

  • 【M】

  • 大河ドラマ『天の輝き』の収録が進んでいく中で、マヤの周りでは様々な人々の思惑や陰謀が渦巻ぃて、陰湿な嫌がらせが相次ぎます。こんなコトがホントに起こっているとしたら、芸能界とはホント〜に怖ぃトコロですね;

全7件中 1 - 7件を表示

ガラスの仮面 (第14巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第14巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第14巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする