ガラスの仮面 (第16巻) (花とゆめCOMICS)

  • 193人登録
  • 3.86評価
    • (22)
    • (18)
    • (32)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1980年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111061

ガラスの仮面 (第16巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • マヤの芸能界追放の真相を知った亜弓さんによる乙部のりえ成敗の始まり。マヤをライバルと意識しつつ、亜弓さんのこのフェアネス精神には本当に頭がさがる。気高すぎ。マヤ、いい友人を持ったね、、、。

  • 美内さんは印象的なシーンを作り上げるのがほんとに上手だと思うけど、この巻でも水城さんが台本を読み上げて、マヤが役として反応するシーンのタイミングには感動した!のりえもいいキャラしてる!そして亜弓はカッコいい!

  • マヤの母の死、乙部のりえの陰謀により舞台「シャングリラ」すっぽかし、イメージダウンにより全ての役を降板、ショックにより演技ができなくなるマヤ、亜弓さんがマヤの敵討ちの為に「カーミラの肖像」に出演できるよう頼む所まで。

    スターとなっていたマヤが母の死のショックを引きずったままで、乙部のりえの策略により、睡眠薬を盛られて舞台をすっぽかしてしまう。
    スターから一気に転落していくマヤ。
    そしてその真相を知り、乙部のりえを許さないと怒る亜弓さん。

    この巻からはすっかり亜弓さんファンになってしまった。

  • マヤの母が亡くなったことで、動揺して、物事がうまく起動しなくなっていくところが、とても読みながら切なかったです。

  • 母親の死を伝えられてショックを隠しきれなぃマヤ。隙だらけの彼女をいよいよ付き人・乙部のりえがスターの座から引き摺り下ろします!
    罠にハマッたマヤは大事な舞台の初日に穴を開け、それが波紋を呼んで他の作品への出演も次々と降板。大都芸能のコネでよぅやく出演できた舞台ものりえに仕組まれたヤジで演技を邪魔され、つぃに芸能界から追放されてしまぃます。スターの座から転げ落ちるのってホントにあっと言う間の出来事なんですねぇ;
    紅天女候補同士のライバルであるマヤが卑怯な手口で陥れられたコトを知った亜弓が仇討ちに立ち上がり、のりえの初舞台で真っ向勝負!

  • これを知らない人は絶対に人生損してるって思う漫画。読み出すと本当にとまらない。…でもいい加減終わってほしい。
    華やかな迷路が1番好きです。

  • 永遠不滅に好きなマンガの1つ!中でも、亜弓さんがマヤのかたきを打つために、はじめてパパの七光りをお借りするエピソードが大好き!!!!多分、この巻。

全8件中 1 - 8件を表示

ガラスの仮面 (第16巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第16巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第16巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする