ガラスの仮面 (第17巻) (花とゆめCOMICS)

  • 197人登録
  • 3.85評価
    • (21)
    • (22)
    • (32)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1980年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111078

ガラスの仮面 (第17巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 出た!泥団子!!(笑)マンガ史に残る名シーンが見れて嬉しかったのと、泥団子を食べるまでに高めたマヤの集中力って見ていて感動する!そして亜弓も熱いわー!前巻ぐらいから亜弓のキャラも奥行き出てきた!

  • 母の死から立ち直れず、演技が出来なくなってしまうマヤ。そしてそれを献身的に支える真澄様ーーーー!!!マヤ再起の場所を用意してあげられるのは、真澄様だけだよね。紫のバラの人としての援助といい、これを愛と言わずして何だ。桜小路くん、里美茂と変遷してきたマヤのボーイフレンドだけれど、真澄様以上の深い愛でマヤを想う人は居ないよ!マヤ、早く気づいてあげて!

  • 亜弓さんの敵討ち、「カーミラの肖像」本番、マヤの「天人菊の里」演技失敗、マヤが速水邸へ、マヤが脱走して保育園で働く、マヤが亜弓さんも出演する舞台「夜叉姫物語」で泥まんじゅうを食べる。

    亜弓さん好きとしてはカーミラ本番、父の姫川監督との親子会話、そしてマヤとのやりとりもあって嬉しい巻。

  • 亜弓のマヤへの友情が伝わってきて、ライバルである二人がまた、競い合って演技し、活躍するシーンをみたい。マヤちゃんのスランプが早く終わってほしい!

  • ガラスの仮面で一番好きなのが17巻です。

    巻末で、マヤが新たなスタートを切るところが感動的でした。

  • のりえの初舞台に特別出演した亜弓は、憎まれ役ながら主役ののりえをかすませる名演技で圧倒し、同時に自分やマヤとの実力の差をのりえに見せ付けてマヤの仇を討ちます。
    一方、マヤは小さな舞台へ立つチャンスを与えられたモノの、全く演技ができずに失望し、つぃに演劇を止めるコトを決意。大都芸能との契約を破棄してもらぅために、亜弓主演の大都の舞台に急遽代役として最後の舞台に立つコトになったが、ココでも共演者の嫌がらせで舞台上で大ピンチを迎えます;
    が、このピンチを役に成りきるコトで乗り切ったマヤは再び演劇への情熱を取り戻し、誰の手も借りずにひとり紅天女を目指す決意をします。
    わたしはココまでのマヤの成功物語よりも、ココから始まるどん底から這ぃ上がっていくよぅな復活劇の方が好きです♪

全8件中 1 - 8件を表示

ガラスの仮面 (第17巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第17巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第17巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする