ガラスの仮面 (第30巻) (花とゆめCOMICS)

  • 198人登録
  • 3.73評価
    • (17)
    • (20)
    • (37)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1985年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111207

ガラスの仮面 (第30巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 黒沼の素人を集めての芝居っておもしろいなー!「ガラかめ」という作品の幅がここにきて、また広がってきたような気がする。しかし真澄にしても桜小路にしても切ないわー!

  • まだまだ続くよ、オオカミ少女ジェーンの稽古。巻が進むに連れ、稽古も劇もより丁寧に描かれるようになっている気がする。
    真澄さまと婚約者の詩織さんのデートシーンが描かれるようになったけど、詩織さん、本人が言うとおりホントつまらない女だなーと思うわ。マヤという存在がなかったとしても、才能ある女優、歌手等に囲まれている真澄さまには物足りなすぎないか?

  • 30巻まで読みました。
    どんどんおもしろくなる。
    お借りして読んでいるので、次を借りるまでが待ち遠しい。
    マヤと紫のバラの人から目が離せない。

  • 「忘れられた荒野」の劇場と上演日が未定に。

    主役のマヤと相手役の桜小路くん意外が去ったあと、一般オーディションの様子が楽しい。

  • 『狼少女ジェーン』を制作している大沢事務所の社長が演出の黒沼と折が合わず、事務所は同じ秋の公演でアカデミー芸術祭参加作品候補として、有名歌劇団を退団したばかりのトップスター円城寺まどかを主演に迎えたミュージカル『イサドラ!』の制作を手掛け始めます。
    その影響で『狼少女ジェーン』の役者やスタッフが引き抜かれ、残ったのは黒沼とマヤと桜小路とスタッフ数人のみ。稽古場も追ぃ出された黒沼たちは、足りない役者を一般公募するコトに…
    『イサドラ!』の制作費の皺寄せで公演予定だった劇場も予算が合わず、『狼少女ジェーン』の上演は白紙状態に!
    毎度のコトですが、マヤの演劇人生は前途多難です;

全6件中 1 - 6件を表示

ガラスの仮面 (第30巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第30巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第30巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする