ガラスの仮面 (第31巻) (花とゆめCOMICS)

  • 201人登録
  • 3.71評価
    • (15)
    • (20)
    • (35)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1985年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111214

ガラスの仮面 (第31巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オオカミ少女のわかりやすさ・・・(笑)白目むくだろうなぁ・・・という予想が当ってちょっと嬉しかった!でもこれが楽しい!これぞガラかめ!しかし円城寺まどか自業自得とはいえ、初日にボロボロ(笑)

  • まだまだまだまだ続くよオオカミ少女ジェーンの稽古。役作りのために何の準備もなしに山に篭もるマヤ。山小屋のおじさんに出会えたから良かったものの、、、。
    よその舞台の打ち上げぶちこわして狼少女の宣伝してあげる真澄様の愛情♡ そんな真澄様を理解してくれるのが黒沼さんだというのが面白い。

  • ランダム再読。狼少女の役作りのため、マヤは山奥へ。そしてイサドラVS狼少女。マヤたちの困った姿を見て嘲笑する演劇界の人々の姿は、本当に演劇を愛する方たちなのでしょうか。うんざり。それにしても後の紫織様の壊れっぷりはこの頃の楚々としたお姿からは想像も出来ませんね。

  • 【M】

  • つぃに大沢事務所のアカデミー芸術祭参加作品が円城寺まどか主演のミュージカル『イサドラ!』に正式決定し、マヤ主演の『狼少女ジェーン』は芸術祭に参加できなくなってしまひます;ショックを隠し切れないマヤたちに速水は、全日本演劇協会の演劇協会賞なら、参加作品ではなくても対象となりえるコトを説明し、黒沼たちに演劇協会賞を目指してみては?と薦めます。
    マヤはジェーンの狼としての心を掴めず、ひとり山奥を彷徨ぃ歩ぃて野性の感覚を掴みます。
    そんな折、いよいよ『イサドラ!』が初日を迎え、大成功を収めます。
    初日の舞台に招待されたマヤは、速水の差し金で初日を祝ぅパーティーで芸術祭審査員や演劇関係者たちの多く見守る中、狼少女のエキシビションをやらされるハメに…!
    あまりにも不遇なマヤですが、速水の存在やマヤの周囲の人々の良心さはその不遇を埋めるほどラッキーな境遇だと思ぃます♪

全5件中 1 - 5件を表示

ガラスの仮面 (第31巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第31巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第31巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする