ガラスの仮面 (第34巻) (花とゆめCOMICS)

  • 200人登録
  • 3.71評価
    • (17)
    • (18)
    • (38)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1987年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111245

ガラスの仮面 (第34巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真澄の過去も壮絶だ・・・!でもその過去に感情が揺さぶれつつも、どこかで笑えてしまうのはこの作品の良さだと思う。「紅天女」も動き出してますます盛り上がる!

  • 真澄さま過去編。
    何度見ても不憫な生い立ちや…。よくぞあの程度の性格の歪みで済んだものだ。そして、そんな大人がマヤにころっと落ちてしまったのが面白い。「ファン」っていいよね。

  • 【M】

  • マヤと亜弓が紅天女の里へ向かぅまでの間に他の出演者のオーディションが行われ、一役につき二人の役者が選出された後二グループに分けられ、紅天女を試演するコトが第3次審査となります。
    速水は幼少時代から養子に貰われ、速水グループの跡継ぎとして教育されてきた生い立ちを振り返りながら義父と二代にわたる長年の夢である紅天女上演に新たに執念を燃やします。
    一方マヤは、速水が紫のバラの人であるコトに動揺し、それが恋心へと発展していくコトに…
    この叶わぬ恋が紅天女の役作りに吉と出るか凶と出るか?!
    …にしても、速水真澄の実母が可哀相過ぎ!

全4件中 1 - 4件を表示

ガラスの仮面 (第34巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第34巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第34巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする