ガラスの仮面 (第39巻) (花とゆめCOMICS)

  • 203人登録
  • 3.70評価
    • (17)
    • (20)
    • (35)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1992年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111290

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 (第39巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 吊橋の板を踏み抜いてぶら下がるシーンってひさびさに見れてうれしい!(笑)でもバトルものみたいな展開で、今回も稽古=修行だと思うんだけど、ここに片思いも絡んできて、読んでいて盛り上がる!この巻の終わり方さすが!

  • 梅の里での紅天女の稽古も終盤。月影先生による紅天女の再演。しかし、お約束通りまた倒れるし。もう、何かっちゃ倒れまくりだけれど、そもそも月影先生って何の病気なんだっけか。

  • 一度は紅天女を諦めかけた亜弓もこのまま負け犬にはなりたくなぃ!と再び闘志を燃やし稽古に戻ります。
    そして稽古を重ねてゆくうちに、マヤには役をつかむ本能はあっても表現力が乏しぃといぅ弱点に気付き自信を取り戻します。
    そしていよいよ梅の谷で2人の紅天女が披露されるコトに♪
    どぅ考えてもマヤの表現技術が急激に上達するとは思へなぃし、やっぱり亜弓が相応しぃのじゃナイかと思ってしまぅけど、この先どぅやってこのお話しに決着をつけるつもりなのか?

全4件中 1 - 4件を表示

ガラスの仮面 (第39巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第39巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第39巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする