食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)

  • 198人登録
  • 3.43評価
    • (11)
    • (13)
    • (55)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 佐々木倫子
  • 白泉社 (1984年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592117254

食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて読んだ佐々木倫子さんのマンガがこのシリーズ。

    主人公の高校生、勝久は人の顔を覚える事ができない。
    それが元で、家族にはからかわれ虐められる日々・・・。
    そして心のより所はペットのルイだけ。
    そんな彼が頼りにするのが、幼稚園以来のつきあいの三本木。
    勝久の知人データはこの三本木の頭の中にインプットされている。
    そんな勝久が逃亡する銀行強盗に遭遇して、その顔を刑事に問われる事に-!

    人の顔が覚えられない・・・。
    こんなネタをマンガにするのがすごい!
    このバカバカしさがたまらない。

    単純に笑えますが、弱点も個性と思えて心強くなったりもしました。

  • 佐々木倫子

  • 忘却シリーズ第1弾!双子の姉妹の話がスキ。

  • 単行本:全1巻

  • 「それに山田さんちの猫にむかって…―って言ったんだ…そこには地球上で一番えらい人類としての余裕がぜんぜん感じられなかった」
    …どーしてこんな面白いセリフが出てくるんでしょう…佐々木先生はやっぱ凄い

  • 私も人の名前を忘れてしまいがちなので他人事とは思えません…。

  • 借りました。面白いです。

  • 忘却シリーズ2。

全8件中 1 - 8件を表示

食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする