ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)

  • 278人登録
  • 3.51評価
    • (21)
    • (28)
    • (80)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (1986年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592117650

ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 川原泉は、好きな漫画家だが、この本に収録されている2作は、どちらもあまりおもしろくない。収録作品:「ゲートボール殺人事件」、「Intolerance…―あるいは暮林助教授の逆説(パラドックス)」

  • 町内のゲートボールチームに所属している女子高生・若林鈴菜と、暴力団の跡継ぎ息子・貴船達也らが練習場所の地主でもあった暴力団組長の変死事件を解明するミステリー風コメディ。
    ほのぼのした雰囲気と、鈴菜らのとんちんかんな捜査に癒されますが、本格的な推理漫画とは言い難い内容なので、ミステリーとしては不満が残ります。
    同時収録の『Intolerance…あるいは暮林助教授の逆説』も在り来りな筋立てで今ひとつといった印象です。

  • ゲートボールは、2時間ドラマみたいな謎解き。
    イントロで、踏んで歩くところが川原流。
    食べのも以外にテーマを広げたのは、編集者の指示らしい。

    暮林助教授の場合は、10歳年上の講師とお友だちになる。アンチ恋愛もの。

  • こちらも久々に

    『ゲートボール殺人事件』は結末は覚えているものの、展開は全く覚えてなかったから、普通に楽しんで読めた
    題名からするとサスペンスなのに、全然そんな感じがしないのが川原さんらしいとこなのかな、って切ない結末に対してあるほのぼのさを感じていたら

    『Intolerance…‐あるいは暮林教授の逆説<パラドックス>』で思いっきり裏切られた感じ
    こっちはよりサスペンスな感じでシリアスな感じ・・・
    ちょいちょいクスッと笑っちゃうんだけど、やっぱりシリアスでちょっと暗い
    すっかり忘れてたから、こんな怖いのあったっけ!?って感じ

  • 川原泉のコミックは必ず買ってた。今さら文庫買いなおすのもなあー

  • ・ゲートボール殺人事件
    ・Intolerance…-あるいは暮林助教授の逆説

  • ほのぼの優しくて、なかなかありえなくて、最後に少し切なかった。
    河原氏の漫画はいつだって、そうなんだけど。

  • そんなオチですか!?いや、面白いんですよ!!

  • 同時収録の「Intolerance…−あるいは暮林助教授の逆説」が妙に好き。

全14件中 1 - 10件を表示

川原泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする