彼氏彼女の事情 (5) (花とゆめCOMICS)

  • 891人登録
  • 3.39評価
    • (56)
    • (44)
    • (287)
    • (4)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (1998年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592120698

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彼氏彼女の事情 (5) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれの家族のカタチがある。
    何人家族だからいいとか悪いとかはない。

    家族のカタチで個性が形作られる。
    似た者同士でもそうでなくても惹かれあう。


    ホームはいつだって、胸をついてしまう郷愁さがある。

  • やっとかぁー

  •  さて、有馬に会えないまま始まった夏休み。
     毎日電話はしているけれど、いろんな事件がありました。

     今回の巻は、つばさちゃんの家庭事情が爆発してしまった巻。
     実はつばさちゃんは、つばさちゃんを生むのと同時に母親を亡くしていて、男手一つで育てられたけど、やっぱりどうしても手が行き届かないところがあって、つばさちゃんは寂しい想いがあって、それでもお父さんのことが大好きだからずっと我慢して生きてきたのに、突然、父親が再婚すると言い出した。
     つばさちゃんは、有馬に続き、また大好きな人に捨てられてしまうのか……と感じ、雪野の家に家出してくる。
     つばさちゃんは、結局は何もかもを諦めることで父親の再婚について認めることにする。
     ところがその母親の連れ子が、ロッカーで……

     という話でした。
     ついに物語がドロドロとし始めて彼氏彼女の事情らしくなってきた……というか、私の知ってる彼氏彼女の事情になってきました。
     本当は最初は、こんなドロドロした話にする予定ではなかったのかもしれない……と、改めて読み直してみて思いました。

     でもイマドキ、問題を抱えていない家庭なんて何処にもなくて、誰かしらつばさちゃんや有馬みたいな闇を持ってるんだろうと思います。
     それがどういう形で噴出してくるかどうかは、これからの話。
     こういう言い方をすると、悪趣味だと思われるかもしれないけど、楽しみです。

  • ※感想は第21巻のレビューに。

  • 宮沢雪野が女子とのお友達デビューを果たす。
    夏休みなのに、有馬はどこ!?

  • 娘の漫画なんだけど・・・意外と面白い。
    今日はランダムに取り出した5巻のみ久々に読みました。
    ただ絵が・・・描き分けがぜんぜんできていない気がする。
    池田理代子、一条ゆかり、萩尾望都、くらもちふさこ、吉田秋生・・・
    巨匠の皆様はやはりプロになってからでもデッサン習うなど
    努力はやはりされています。
    がんばってほしい・・・今のままじゃ誰が誰だかほとんどわからない・・・
    父など子供じゃないか。

  • 再婚問題。

  • ■さまざまな彼氏彼女の事情たち
    ■この巻はつばさちゃんの事情
    ■つばさ家出す
    ■つばさちゃんはキャラの人気投票したらかなり上のほうにくるだろうなあ
    ■新たなボーイミーツガール
    ■そしてあさぴんの事情
    ■父と母の事情
    ■私達は同じ日々を過ごしてきたんだもん(byつばさ)
    ■さあ 幸せになってみようか(byつばさ)
    ■私はありまを どこまで知っていて どこまで知らないんだろう(by雪野)

    2011.08.08読了

  • 彼氏彼女の事情5
    レンタル

  • それぞれに、いろいろに、登場人物たちにも「事情」があるのだなぁというお話。
    こんなふうに、中心がスライドしていって、お話が広がっていくのを見るのは、なかなかに楽しいものです。

    芝姫と雪野、真秀と亜弥の見分けが、注意しないとつかないのは、年のせいですか?

    つばきが、芝姫に声をかけるエピソードは、大好きです。笑ってしまった。

全16件中 1 - 10件を表示

彼氏彼女の事情 (5) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 (5) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする