彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)

  • 869人登録
  • 3.37評価
    • (54)
    • (39)
    • (279)
    • (6)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592120735

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雪野たち有志の出し物である演劇が
    ついに文化祭で上演!!

    この演劇ストーリーが有馬を苦しめてしまうのですが・・・。

    前巻は正直ちょっと退屈に読んでいた。
    雪野が過去の自分からの脱却意志が今後を
    面白くさせそうだ。

    まだまだ謎な有馬のダークさが興味をそそる。

  • 【※コミックス注意】

     さて、実家から引き上げてきたカレカノをひたすら貪り読むだけのお仕事をしてました。
     とりあえず、この巻はお気に入りの巻の一つなので、ものすごく点数高くつけています。

     この本のお気に入りポイントは、なんと言っても、学祭の話ですね。
    「鋼の雪」の内容が本当、ものすごく好きで、これ実際に一度でいいから、演劇でやってみたかったなあ……って思うわけですよ。
     これから先の津田先生のコメントのところに実際にやった学校があると書いてあって「羨ましいなあー!」って思うほどにやりたかったです。
     まあ、これのお陰で確かに劇はしたんですけどね。
     でも劇のコンセプトは「なるべくたくさんの人数」を出そうだったから、当然、「なるべく少人数」でをコンセプトにした「鋼の雪」なんで出来なかったわけで。
     とっても残念です。

     それくらい「鋼の雪」の内容がすごく好きなので、この話はよかったなあ……って思うんですよね。
     一方で、十波と椿は「椿にお前となら一緒に行けると思った」と言われて、本当は持っていたのに、持っていないことにしていた翼に気づき、本当の意味での交際スタート。

     ただ、有馬だけが、「鋼の雪」に毒されて、更なる暗闇に落ちていく。
     途中で雪野が「このことを後で後悔することになる」って言ってたんだけど、全然、後悔してないじゃん! って実は最初に読んだときは思ってたんですけど、今となっては確かに後悔していたんだなあってやっとわかりました。
     若いときにはわからなかったものも、年をとってから読むと違うもんだね。

  • ※感想は第21巻のレビューに。

  • ここに、伝説の「浅葉秀明ディナーショー」が始まる。

  • 演劇。

  • 彼氏彼女の事情9
    レンタル

  • まだ伏線気味展開

  • 1巻丸ごと学園祭。そして、劇中劇!
    劇中劇って、お話を2倍考えなければならないので、大変そうです。しかも、その劇がオリジナルな作品だったりしたら、短編1編かけちゃうようなネタを使ってしまうわけですから。

    「あのストーリーはよかった!」

    と物語のなかで語らせるためには、手をぬいた劇にするわけにはいきません。

    えーと、劇中劇といって思い出す作品は、やっぱり名作美内すずえの「ガラスの仮面」とか、氷室冴子と藤田和子の「ライジング」とか、あとちょっと濃い目ですが、相原 コージと竹熊健太郎の「サルでも描けるまんが教室」とかですね。
    まあ、「ガラスの仮面」は別格として(笑)、「ライジング」の「レディ・アン」とかは、けっこう好きでした。ただ、「ライジング」は、後半、劇中ではない方のドラマがもたついちゃって、惜しい印象が残っています。
    そうだ、成田美名子の「エイリアン通り」でも、最後、「FELICIA」というのがありましたねぇ。

    今回の「鋼の雪」は、マンガのなかに練習風景があんまりでてこなかったのが、ちょっとそこが残念かな。
    あぁ、あれが、このシーンになるんだという驚きが少なかったです。

    それがうまいのは、成田美名子のような気がする……。オーディションで使った状況とかが、ちゃんと、劇のなかにでてきて「おーっ」という感じでした。

    佐倉と十波は、またくっついて、これで決着かな(せわしない人たちだ)。

    ここまででひとまとまり。
    なかなか、ドロドロの後半戦に突入を感じさせるような終わり方で、終了します。

  • 雪乃らが文化祭で演劇『鋼の雪』を披露する話。
    この演劇自体も別の作品として読む事ができる。ぶっちゃけ完成度高いのでこの巻だけでも読むべし。あとこの巻のラストがその辺のホラー漫画よりよっぽど怖かった。
    wikiにも書いてあるけどこの演劇がカレカノ一つの節目となっていて、以降は有馬サイドに話が移る。これ以降を読んだ後でもう一回戻ってくると、有馬の心情が変化していく様が感じられて良いので2度おいしい。

  • 文化祭編
    椿ととなみ完結編
    後半には有馬と雪野の関係が水面下で決別する重要シーンがある

全16件中 1 - 10件を表示

彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 (9) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする