彼氏彼女の事情 (13) (花とゆめCOMICS)

  • 825人登録
  • 3.36評価
    • (45)
    • (46)
    • (263)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2002年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592120773

彼氏彼女の事情 (13) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 有馬くんの復讐心がむき出しになってきていよいよ
    佳境へと向かうようですね。

    しばらくストーリーが寄り道していて正直、退屈でした。
    本筋に戻ってきたので次巻に期待です。

  • 【※コミックス注意】

     ついにカレカノ面子が三年生になりましたよ。
     進路も決めなくちゃいけなくて、何かと悩ましい季節です。
     そして遂にブラック有馬光臨。
     徐々に本性を出してくる有馬。

     でもこれに更に裏があるんですけど、それは徐々に読んでもらって知ってもらうとして。
     個人的には、うごめき出した、有馬の過去の亡霊の方がとっても怖いと思うんですよね。
     まあ、ブラック有馬大好きだし、でもなんだかこれから重くて辛くて悲しい話になるから、そういうのが駄目だっていう人には勧めない。
     でも、有馬には絶対に必要だったことだから、頑張ってもらわないといけないことですね。
     頑張ってください。

  • ※感想は第21巻のレビューに。

  • 高校2年はどこへ行ったのですか?
    というか!ペロペロが超絶進化した!!!
    何が起こった!どうなったんだ!!ペロペロ!!!

  • 結局、彼氏彼女っていったって他人でしかないわけで、その事を思い知らされたときの孤独感は、もしかすると、1人でいたとき以上かもしれなかったりします。

    好きだからこそ、好きな人には隠さなくてはならないなにかがあって、そして、そんなことも、好きな人は見抜いてしまう。
    見抜いてしまえるのは、きっと、それだけ相手のことを想っていたから。

    他人だから傷つける。でも、他人だから、もしかしたら、支え合えるのかもしれません。
    でもまあ、それを乗り越えていく時期というのは辛そうだなぁ。と、あんまり恋愛にかかわりなく生きているわたしは、思った。

  • 有馬暗黒編スタート!!
    ■時は流れて皆三年生、雪野はカリスマ生徒会長、ありまは副会長に。それもそろそろ引退の時期。
    ■作者が粘って書くのを引き延ばしていたようにも(登場人物たちのいちおうのけじめを付けてスッキリてから書こうとしていたようにも)見える有馬編スタートとか。
    ■あらゆることでさらに完璧になったありま。
    ■ついに本格始動のブラックありまのめざすものは?雪野は彼をひきずり出せるのか?
    ■有馬ママ登場。どうかかわってくる?

    (2011.09.25読了)

    :神奈川犬:ある日突然美しくなるらしい。ペロペロがこれ。

  • 彼氏彼女の事情13
    レンタル

  • どろどろした有馬ええのう。
    サイドストーリー描いている間にこっちを練ってたのかな?
    でも、そんな有馬の事を浅葉だけが気付いているっていうのが腑に落ちない。

  • つばさちゃんとカズマの関係が好きすぎる。

全12件中 1 - 12件を表示

彼氏彼女の事情 (13) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 (13) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 (13) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする