ぼくの地球を守って (19) (花とゆめCOMICS)

  • 334人登録
  • 3.74評価
    • (38)
    • (26)
    • (71)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (1993年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592121992

ぼくの地球を守って (19) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相も変わらず極悪非道っぷりを見せつけてくれる輪くん。
    バージン発言はまだ前世の記憶に目覚めていない頃だったよね、すごく懐かしく感じる。

    亜梨子の夢も紫苑と感染した木蓮が二人っきりの所で
    そろそろ終わりも違いですね。
    あーずっと読んでいたいのに。

  • 【再読】木蓮と紫苑のすれ違いが切ない。こんなにお互いを必要としてるのにね。大切な人を残していく木蓮はどんなに不安だったか。残される紫苑もどんなに怖ろしかったか。泣けます。

  • 01087
    K001
    K-9999999-001

  • 所在:実家

  • このあたりで木蓮編がほぼ終了。

全5件中 1 - 5件を表示

日渡早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくの地球を守って (19) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくの地球を守って (19) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする