ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)

  • 413人登録
  • 3.82評価
    • (65)
    • (28)
    • (95)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (1994年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592122159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 終わっちゃいました…

    輪くんはちっちゃいままで終わって欲しかったという小さな願望がありました。

    超脇役の綾小路さんが実はココの生まれ変わりで、迅八と結ばれる(?)ってのは少々こじつけ気味だったかも。
    (でも兄妹みたいでお似合いっちゃお似合い)。

  • 【再読】ついに完結。輪くんが紫苑の作っていた装置を思い出すところで毎回泣きます。結局亜梨子が輪くん自身に惚れたくだりが私にはあなりはっきりわからなかったけど、幸せそうでなにより。やっぱり次世代編よりこっちのが好きだー!!

  • 懐かしい。
    昔読んだときこんなに泣いたっけ。

    輪くんて最後こんなにかっこよかったっけ。笑

  • 再読。
    子供の頃読んだ時となんか印象が違う。
    終盤にこんなに泣いたっけ私。。。

  • 初めて読んだときに非常に衝撃を受けた漫画。名作。
    いまで言う中二病患者を大量発生させた(ってことだろう途中巻で作者がこのお話はあくまでもフィクションですよ!っていう注意書きをしたくらいだ)くらい思春期年代にガンガンに影響を与えた作品であると思う。
    それだけに手放すのは少々惜しいのだけども・・・・・・
    でも、久々に読んでこの作品は私が楽しむのにはちょっと違うな、と感じた。

  • 全21巻(・ω・)

  • 01089
    K001
    K-9999999-001

  • 所在:実家

  • 全21巻。
    相当影響を受けました。
    シオンとモクレンが好き。

  • 「ぼくの地球を守って」を代表して。

    やっぱり何度読んでも良いなぁ〜と感動。
    表紙のイメージがなかったのが残念ですね。

全21件中 1 - 10件を表示

ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくの地球を守って (21) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする