赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)

  • 983人登録
  • 3.91評価
    • (174)
    • (101)
    • (198)
    • (4)
    • (3)
  • 91レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 白泉社 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592122418

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 涙なくして読めません。何度も読み返した名作です。家族の大切さ、友情、愛情、色んな大切な気持ちについて考えることのできる作品。サブキャラ含めみんな愛おしく思えるくらい、キャラが生きている。羅川先生の作品はキャラの心理描写が巧みで、キャラそれぞれが命を吹き込まれているように思えます!パパがかっこよくてみのるがかわいくて拓也がいい子で、もう榎木家大好きっ!サブだと藤井家が大好きです!

  • これは泣いた!ずっと泣きっぱなし!!
    もう一度読み直したいな~けど、近所の子にあげちゃったらしい…

  • 1話…実がひたすらギャン泣きの回wそんな中で拓也がお兄ちゃんとしての成長を見せてくれる。

    お兄ちゃんの僕…こちらも実が泣きまくる回wちょっとずついろんなことがわかってき始めてママが恋しくなったり。

    2話…パパがお見合い、お見合い相手の性格が出るラスト。

    3話…ゴンちゃんの妹、ヒロ初登場。

    4話…実に大事な写真をラクガキされて拓也がブチ切れる。

    5話…クリスマス会と3人での初クリスマス。

  • オバタリアンとかミサンガとか懐かしい言葉と共に、拓也とその家族と仲間の心温まるホームコメディ作品。
    子供が生まれから読み始めたが、生後1ヶ月のムスコが実に見え1巻から号泣。実際にはムスコと実の共通点は顔の輪郭ぐらいしかないけど、、、
    この話の展開、どこかで読んだことあるなと思ったら「っポイ」っぽい。もちろんこちらの方が元祖だろうけど。

  • 苦悩してるな!

  • 18巻で大号泣

  • 能不能哭?不明白只1次?我也没有母。

  • 全巻読破。何度読み返しても泣けます。

  • 突然の赤ちゃんとの生活に戸惑う小学生。とにかく絵が可愛い!!

  • 家族愛がつまっている作品
    少女漫画という枠だけで敬遠してる人には是非おすすめしたい

全91件中 1 - 10件を表示

赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする