赤ちゃんと僕 (6) (花とゆめCOMICS)

  • 406人登録
  • 3.52評価
    • (32)
    • (24)
    • (107)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 白泉社 (1993年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592122463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤ちゃんと僕 (6) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 28話…拓也が風邪で寝込んでしまう。

    29、30、31話…転校生の日影くんの回。複雑な家庭事情でかなりの根暗。自分の弟まで使って拓也だけでなく実にも嫌がらせをしてくることに拓也が真正面から立ち向かう。

    32話…拓也のクラスのグループ研究で「父の昔」というテーマに決め、それぞれのお父さんが子供の頃どう過ごしたかを辿る。

    ばかでかるくてわがままで…顔はかわいいけど、性格が軽くてワガママな亜紀と地味だけど優しくて彼女想いな洋くんのお話。

  • 高校の時に思わず衝動買い
    一生本棚に残しておくと思う。

  • 20代で知らない人は(多分)いないでしょう。
    実にいい兄弟の物語です。

  • おもしろいと思う。設定も主人公の年齢も、主人公が男の子で、恋愛物じゃないところも一般的な少女漫画とちょっと変わってていいと思う。良い。

  • 暗〜い転校生、日影くん。
    嫌いです。こういう子。
    読みきり「ばかでかるくてわがままで」収録。

全6件中 1 - 6件を表示

赤ちゃんと僕 (6) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (6) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (6) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする