銀の勇者 (花とゆめCOMICS)

  • 542人登録
  • 3.55評価
    • (69)
    • (47)
    • (197)
    • (6)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 渡辺祥智
  • 白泉社 (1998年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592123507

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手放してしまった大好きなマンガ・・・電子書籍化、ありがとう☆
    10年以上前に読んだきりなので、細かいところは忘れてしまっていて、おかげで?!新鮮な気持ちで読めた。絵の感じについては今のほうが断然整っているけど、ファンタジー好きとしては何度でも読みたいシリーズ☆
    ほのぼの感もいいし、全編を通してせつない哀しみのような空気が流れているのも、たまらなくいい・・・。

    本編よりも、「ホーリークラウン」とか「カムカリゾート計画」とか、短編のほうが読みだすとすぐに記憶がよみがえってきたのはなんでだろう^^;

  • 渡辺祥智の衝撃の連載デビュー作。今でこそ「戦いたくない勇者」とか「敵でない魔王」的な癒し系ファンタジー作品が溢れ返っているけれど、「銀の勇者」はその先駆けと位置づけられる作品。1990年代にこれを描いた渡辺祥智は、やっぱり非凡な漫画家だと思う。寡作なのが惜しい。花とゆめコミックス(LaLa掲載)全5巻。

  • ほんわかと、大切なことが伝わてくる感じ。
    あとキャラクター達が可愛いくて、とっても癒されました。

  • 全5巻。表紙が出ないのが残念です…。って出てる!表紙が出るようになってる!!(2010/12/19)
    初めて読んだ時(かなり前ですが)凄く、感動したのを覚えてます。
    世界感はRPGです。魔王がいて勇者がいて、王様がいる。
    多分、私のファンタジーマンガ好きはここから始まったのだと思います。
    ビートとリチェ、魔王…みんなみんな、大好きです。

  • 全巻読破。まさに衝撃的な作品。内容どうこうよりも発想と作画が今までの漫画界にないものがたくさん詰まっている作品です。まず透明感のある描き方。とくにリチェの青銀の髪色をモノクロで再現がすごく綺麗です。そしてクレメイアの耳から三枚の羽、キャラのまつげも線が細かい。絵に吸い込まれそうになります。

  • この漫画が出た当初、なんとなく飯田晴子さんっぽい絵柄だなぁ~と思ったのが第一印象。
    その後気になりつつも手を出していなかった漫画でしたが、図書館にあったので借りてみました。

    タイトルが『銀の勇者』だし、ファンタジーもので勇者ってあるからには冒険活劇っぽい話のなかな?っと読み出したんですが・・・・
    あれ???ちょっと違う。
    別に悪い意味で期待を裏切られた訳でもなく、良い意味での裏切りといいますか。

    RPGっぽい内容なんだけど、ほのぼのファンタジーかな?
    勇者と魔法使いと魔王とゆーファンタジーの王道キャラは出てくるんだけど、キャラが可笑しいのでシリアスには程遠く、なんとなく癒し系ファンタジーかも。

    魔王がとっても可愛いです♪

  • 以前から持っていたものを、カテゴリー作ったきっかけに登録。
    大好きな作品。

  • 今はもう、ストーリーを漠然としか覚えていないのが申し訳ないと思える一冊。
    読んでいて、どこか悲しくてせつなかったことを覚えている。
    また、それまで自分が「勇者」というものに何の見識も持っていなかったことに気付かされた作品。

    なので、きっと自分の勇者像の基盤には『銀の勇者』があるのだと思っている(笑)

  • 絵が素敵。話はのんびり!?

  • 全5巻

全49件中 1 - 10件を表示

渡辺祥智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の勇者 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする