人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 131人登録
  • 3.45評価
    • (11)
    • (11)
    • (43)
    • (1)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 橘裕
  • 白泉社 (1995年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592124054

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 6巻まで所持。

  • 絶対的な傍観者として物語の背景には人形師が存在しています。
    彼女は強く願いを持った者の前に現れ、その者の望む姿の
    人間そっくりな人形を身体として与えます。

    ただし、1週間という期限つきで。

    与えられた身体をどう使うのか、それは最終的にはその者にゆだねられます。
    オムニバス的に一話完結で人形師以外は毎回違う登場人物です。
    切ない話、悲しい話、基本的に涙がでるようなお話が多いのですが、それでもどこかしら最後に温かな気持ちになれるような、そんな漫画です。

  • Honeyや、ガッチャガチャが有名なのかな?

    人形を介して、僅かな希望を照らしていく前向きなほっこり漫画。

    でも決して熱くなく、主観は淡々としたテンションで進められていくかと。

    死を絡ませてある為、感動する事が多いです。

    未完です^^^^^

    ネタがあればちょいちょい描いていくそうなので、ひたすら待つのみです。

    今のところ全6巻です。

  • シリアスだったり、和んだり、泣いたりと、色々考えさせられたりするお話。
    6巻まで購入。

  • 依頼主の想いが人形に命を吹き込む。
    復讐のため、大切な何かを取り戻すため、そして時には愛しい人に想いを伝えるために。

    「99の嘘」が好き。

  • この作品を読むと、いつもいろいろなことを考えさせられます。
    そして涙が出てきます。
    特に『朝の詩』が好きです。
    「朝」と書いて「あした」と読むよみかたも好きです。
    ひとつ、ひとつの話の奥がとにかく深い。
    生きるということ、死ぬということ、残されるものの気持ち、残すものの気持ち。

  • このシリーズもお気に入りの一つ

  • 昔に読んだので内容さっぱりww

  • 全巻読了

  • シリーズ第一巻。初期の頃の話が好きです。続刊中?

全15件中 1 - 10件を表示

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

人形師の夜 第1巻 (花とゆめCOMICS)の文庫

ツイートする