時間旋律 (花とゆめCOMICS)

  • 101人登録
  • 3.56評価
    • (10)
    • (8)
    • (32)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柳原望
  • 白泉社 (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592126775

時間旋律 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 収録作品メモ
    時間旋律「第1話 椿館の住人」
    「第2話 カーテンの法則」
    「最終話 時間旋律」
    現代~大正時代・タイムリープ
    「101番目の伝説」
    現代・学校伝説(七不思議ではない)

  • 設定が秀逸だと思う。

    現代と大正時代。カーテンが風に吹かれて左右がふいに触れるように、姿だけが時折交わる椿の町。
    そこで惹かれ合う東野とカヤ。

    初めは姿が見えただけ。次に言葉が交わせるようになって、
    触れられるようになった後は…?

    切ない。でも幸せ。
    東野って名前の響きが好き。カヤって名前も好きだけど。

    椿が見た夢、ね。
    物語全編から感じる切なさはなんなんだろう?
    前半は
    「今、どんなに東野とカヤが想いあっていても、二人の時間が完全に交わることは無い。」
    ことが切なくて、

    中盤は、
    「歴史は変わらない。カヤは違う人と結婚する。」
    ことが切なくて、

    終盤は
    あれだけ早かった東野の足が、あの火事の中で怪我をして「守りたいと思っていた人に手を引いてもらわねばならなくなった」ことが切なかったかな。
    あの足は由朗の憧れでもあったから。
    いつだって自信に満ち溢れてた東野が、もしあの時選ばなければもっと幸せな結末を迎えたのではと、昔の自分を見て考えたこと。
    カヤに「幸せか?これでよかったのか?」って何度も確認していた事。

    「ひどく嬉しかったよ」の言葉がなんだか愛しい。
    コーチの想いもいいですね。

    地味に映画化してほしいな。地味に。雰囲気映画。見たい。

  • 20050710:読了

全3件中 1 - 3件を表示

柳原望の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

時間旋律 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時間旋律 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時間旋律 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

時間旋律 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする