終わらない恋のために (花とゆめCOMICS―秋吉家シリーズ)

  • 608人登録
  • 3.26評価
    • (32)
    • (28)
    • (256)
    • (3)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 日高万里
  • 白泉社 (1997年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592127420

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終わらない恋のために (花とゆめCOMICS―秋吉家シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嫌いじゃないけど微妙な部分も多い話。
    主人公感情の起伏激しすぎだろう。

    『好きな人は自分の親友のことが好き』
    って元からわかってて、あんな急に(直前まではご機嫌)
    親友に対してひどい態度とるなよ。

    そしてこの話で告ってきてた男と
    次回作ではちゃっかり付き合っていたという。
    色々と謎。

  • 一久は嫌いではないのですが、奈津子と砂千子がどうにも好きになれず……。松岡もそこまで。一番好きだったのは、砂千子の弟くん。あのこは、可愛かった。
    というか、片思いの話がそこまで好きではないだけかもしれません。
    少女漫画なので当たり前なのですが、どうにも狭いサークルの中で、ホイホイと恋に落ち、しかもなぜかみんな片思いやら失恋やらしていて、恋愛が生活の第一目的みたいになっていているところとか……。不思議。
    ただし、秋吉家のドタバタは可愛くて好きでした。
    全体的にドラマチックすぎるというか、はたから見ていると、そこまで大騒ぎすることでもないんじゃない?と冷めていってしまう。奈津子が学校に来ないところなんか、子供なのか(子供だけど)と。
    ドライな趣味を持ったひとには合わないのかもしれません。絵は結構好きなのにな。

  • 同じクラスの一久を好きになった砂千子。 だが一久は彼女の親友・奈津子が好きだという。 彼を振り向かせるため、砂千子は作戦を開始するが・・・? 表題作他、美夏と零のラブプロローグ「恋文」を収録。 秋吉家シリーズ第2弾!

  • ついていけない部分がちらほら。
    でも読んでよかったとは思う。

  • 日高万里

  • 昔読んだマンガ。
    秋吉家シリーズ

  • 一久も幸せになれると良いねぇ〜

  • 秋吉家シリーズ2

  • これ、かわいいんだよなぁ。もれなくみんな。友情ものっていうか。秋吉家の2作目。わたし贔屓の零ちゃんと美夏ちゃんのお話もあります。

  • 次男の一久の周りでの出来事が主。
    三男の零ちゃんのお話も載ってます☆

全27件中 1 - 10件を表示

終わらない恋のために (花とゆめCOMICS―秋吉家シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

終わらない恋のために (花とゆめCOMICS―秋吉家シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

終わらない恋のために (花とゆめCOMICS―秋吉家シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする