おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)

  • 649人登録
  • 3.66評価
    • (97)
    • (69)
    • (217)
    • (6)
    • (0)
  • 74レビュー
著者 : 森生まさみ
  • 白泉社 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592127635

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子無料。再読。昔ちょっと読んだけど全然覚えてなかった。小林くん、可愛いけど高校生って考えると怖いw

  • もう、こばやしくんは殿堂入りの面白さ

  • 通常コミックス版全巻購入済/めがねをかけた主人公、というのが当時の自分には衝撃&嬉し過ぎて、それだけで大好きだったマンガ。最後の方は委員長のショタ好き設定なんてどこかに吹っ飛んでたけど、大和は最後まで強くて可愛くて良い子でした。

  • 全16巻

  • それぞれアクの強い4人クラスメート・小林の話。
    吹雪が健吾に告白するところは甘酸っぱいなーーーー。

  • 絵柄は好き嫌いが別れそうだけど私はとても好き。演出、展開、心理描写も上手ですごく凝ってて、少女漫画いいな〜と思える。小林クン、ずっと大好きだよー!

  • とにかく「小林」がたくさん出て来る、学園ラブコメです。
    私服高校なので、それぞれの凝ったファッションも見どころです。

    転校生・小林大和の登場により、それぞれ自分の殻に籠もりがちだったほかの「小林」たちが心をひらいていく過程や、大和の暗い過去と決別など、コメディの根底にはかなり重たいテーマが潜んでいます。


    「笑っている人がいつも幸せとは限らない」
    「愛すべきは、その未熟さです」
    などなど、金言も多いです。

    途中、読んでいて辛い展開なところもありますが、それでも最後には優しい気持ちになれると思います。

  • 私は少女漫画、あんまり読まないのです。が、これは別腹ですね。森生先生の作品は結構持っているのですが、「おまこば」の前の作品「聖☆はいぱー警備隊」も嫌いじゃないですし、その後の作品も好きですが、やはり人に薦めるならば「おまこば」でしょう。


    「おまけの小林クン」と言うタイトルから、主人公は小林なのだということは想像がつくでしょうが、この作品、最終的に「小林」と言うキャラは5人になります(笑)「どれが主人公だよ?!」と思うと思いますが、ヒロインは吹雪ですが主人公は大和(作中で唯一「小林くん」と呼ばれる)でしょう。

    ストーリーは全体的に温かいです。心がほっとする温かさで、私はついほろりときます。恋愛マンガとしても読めますし、学園マンガとしても読めると思います。……まあ、それだけ恋愛展開が遅いのですが^^;



    歴代花ゆめコミックスの中でも良作に入ると思います。……なんで文庫になんないのでしょうね。

  • いま友人から借りて読んでいます。
    気軽に楽しく読めるラブコメですね。
    ちょっとした部分で表れる小林クンの
    心理描写も素敵です。

  • ぽっぷんコメディ(笑)
    森生まさみの作品は読むと幸せな気持ちになれるのがいい。
    本当の意味で性根の腐った奴とか、救いようのない悪人が全く出てこないのが、読んでいて安心できる。

全74件中 1 - 10件を表示

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

おまけの小林クン (1) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする