幻影夢想 (5) (花とゆめCOMICS)

  • 197人登録
  • 3.49評価
    • (18)
    • (15)
    • (68)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (1997年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592127703

幻影夢想 (5) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一番の悪はお前なのか?みたいな展開は嫌いではないです(笑)
    善悪って、境界線は曖昧ですよね…
    主役の2人が、お互いをお互いに想いやっている姿が好きな作品。
    最終的には、皆が幸せになって良かった。
    でも、水月華は自己満足な最期を選んだのは、失敗だったよね… せめて、恋人の飛良には心の内を話すべきだったのでは…?

  • フルバ2巻を購入後、高屋先生作品を買い漁った口なのですが、翼同様、この作品も1巻ではまだ魅力を見出せずいました。いや、翼以上に大人しい雰囲気だったので余計にどのくらい気持ちを落とし込んで読めばいいのかがわからなかった。が、最終巻まで読んで大きな感動を抱いたのを覚えています。
    メインのカップルのラブに置いたままで話が進むわけではなく、あくまでも安定剤的に作用していて、ラストに向けてのキャラの思考を辿っていくとせつなさ倍増です。
    根底にある高屋節がこの作品に押し込まれている。。

  • 絵はだいぶ違いますが、やはり話は高屋さんのもの。
    中心には環と旭の恋愛があるのですが、
    そこに終始しないのがやはり良い。
    登場人物がとても魅力的。

  • 切ないお話がつまってます。

  • 1巻〜5巻の間は省略。完。

  • 全5巻

  • ■全5巻■
    1巻が巻数表示のない初版というのは今となってはプレミアだろうかそうでもないだろうか(笑)
    後半の4・5巻は何度読んでも涙が枯れない。何度も読んで展開を知ってるはずなのにそれでも泣ける。とにかく思い入れが強いし、ファンの欲目かもしれないけど、この作品には高屋先生の描くテーマのすべてが詰まってる気がしてる。

  • 悲しげなお話。考えてみれば・・フルバに雰囲気はにているかもしれない・・ただ・・絵がかなりちがいます!!
    幻影夢想→翼を持つものでかなりちがいますよね。。

  • 全五巻

  • 環…泣きすぎだ(笑)仕方がないけど。ラストに近づくにつれて飛良×環ちっくになってきているような気がしてどきどきしましたが、まさかちゅーまで…!いや、あれは感謝の印、親愛のちゅーだったのでしょうが、まさかそういうシーンがBL好きではないとみえる作者さんの本で出てくるとは…。終わり方も好みでした。何かに対して「ありがとう」と言いたい気持ちでいっぱいです。

全12件中 1 - 10件を表示

幻影夢想 (5) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幻影夢想 (5) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻影夢想 (5) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする