赤ちゃんと僕 (17) (花とゆめCOMICS)

  • 372人登録
  • 3.48評価
    • (24)
    • (22)
    • (95)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 白泉社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592128274

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤ちゃんと僕 (17) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 92〜93話…浅子が中学最後の文化祭を片思いしている坂巻くんと周ろうとしているところに友也が一加&マー坊を連れてやってくる。ガラの悪さが目立つことが多い友也だけど、中学では人気者だったようw

    94話…春美パパが二日酔いで寝ている中で見た夢の回、今まで出会って来た人たちが総出。

    95話…過保護な保護者問題の回。保育園シリーズにしては少しシリアス。小林先生の親に放った言葉が素晴らしい。

    96話…ダンボールで家を作って家族で遊んでいたところ、一加から自分の部屋を作ったから見に来て欲しいと電話があるが、その部屋を作るのに使った道具が2人の姉の物だったためにめちゃくちゃ叱られるw訪ねてそれを知った拓也は家でやっていたダンボールハウスを作ってあげるが、そのまま中でみんなで昼寝。拓也がママの夢を見ていたために涙を流している寝顔をたまたま様子を見に来た昭広が見てしまうが見て見ぬふりをする。

    97話…拓也の苦手なマラソン大会が近付く中、優勝候補の藤原に実と帰っているところで遭遇し、実を突き飛ばされたことに拓也が怒り、実に謝るよう訴えるが、藤原は悔しければ自分に勝ってみろという態度。拓也は実に謝らせるためにその日から一生懸命練習を始め、大会で3位に。(藤原は優勝を逃したショックで途中倒れこんでしまうw)僕が勝ったら…だよね?と無事、藤原に謝罪させるw

  • 拓也の寝顔が反則ってくらいカワイイですw

全2件中 1 - 2件を表示

赤ちゃんと僕 (17) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (17) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤ちゃんと僕 (17) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする