陰陽師 (2) (Jets comics)

  • 526人登録
  • 3.52評価
    • (38)
    • (46)
    • (143)
    • (1)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 岡野玲子
  • 白泉社 (1999年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

陰陽師 (2) (Jets comics)の感想・レビュー・書評

  • すごく平安時代を感じられる。絵がきれいすぎ。真葛めごい。
    道真と道長を勘違いしてて「ん?」ってなった←

    晴明すてき。

  • 2015.12.5市立図書館(長女)
    朱雀の巻「鬼のみちゆき(中編)」「天邪鬼(短編)」
    「鬼のみちゆき」盗賊犬麻呂からはじまって、女の鬼の乗った牛のひかない牛車が内裏へ向かう話。菅原道真を道真自身の詩をもって鎮めるところがすごかった。
    「天邪鬼」東寺の仏師のもとから逃げ出した邪気が山道で悪さをしていた話。
    ポーカーフェイスの晴明とすぐ顔に出る朴訥でピュアな博雅のかけあいがおかしい。陰陽道の世界がさまざまに奥が深くて、このさき歴史や古典、そして「RDG」や「家守綺譚」のような和ものファンタジーを読みなおすときに世界が違って見えてきそう。

  • 全体的に1巻ほどのインパクトに欠ける印象がある。でも出来が悪いという感じはしない。あとこれは僕の読解力の問題もあるんだけど、セリフ回しや状況を理解しづらいところがある。もう少し次は集中して読まねば。

  • 古本屋さんで108円。安かったぁぁ。小説とマンガの同時進行で読んで行きます。

  • 怖いよー
    結局、菅原道真の呪い

  • 何も言うことない。ただただ楽しい。

  •  安倍晴明&源博雅コンビによる、「平安幻想怪奇謎解き絵巻」の第二巻。
     京極夏彦の京極堂シリーズが「この世に不思議なことなど何ひとつ無いのだよ、関君」と怪奇現象をロジカルに説明していくのに対し、こちらはあやかしや怪奇アリが前提の世界で、クールな安倍晴明が「どういうあやかしの類が、どういう原理・理屈でこういう事件を起こしているのか」と説明してくれる。本当にこの頃はお話になってたし、晴明の言うこともわかりやすかったんだよなぁ…(遠い目)。

    ■鬼のみちゆき

     盗賊・赤毛の犬麻呂が晴明の屋敷に迷い込み、騒がしい家財道具や式神の"歓待"を受ける所から物語がはじまる。
     その赤毛の犬麻呂が、大通りで鬼の引く牛車と行き会い、命を落とす。その牛車は毎夜八条、七条、と内裏に向けて近づいてくる。
     途中、祐姫や菅原道真なんかも出てきててんやわんやになるが、この牛車の正体やいかに? って、作品の構造が完全にミステリになっているのである。ヒントは随所にちりばめられており、あやかしだの聞いたこともない外法を用いているので推理はできないにしろ、伏線の回収は見事!

     話の中で、晴明が博雅に平安京の秘密を語る場面がある。そこで、大内裏に九字の法が施されていることを指摘する晴明。しかし、九字の法は修験者などが異界へ扉を開けるためにする法であり、内裏を守るどころか、内裏を異世界との出入り口にしてしまう。が、内裏からこの世界に入ってきた物の怪たちは風水の四神相応のガードと羅城門により平安京の外に出ることができない。結果、平安京には百鬼夜行が…という皮肉な話が語られるのだが、この辺は京極夏彦『姑獲鳥の夏』の冒頭100頁で延々と実存について議論していた部分とかぶって見えた。いや、こういう本筋に関係ありそうで無いような話、しかも平安京を夜な夜な跳梁跋扈する百鬼夜行をレイヤー構造で説明しちゃう晴明…嫌いじゃないです(笑)

    ■天邪鬼

     こちらは前巻の『梔子の女』に近い怪奇ショートミステリ。夜な夜な切り株の前で人を踏みつけにする鬼の子。その正体とは?

  • ブックデザインが祖父江さんなことに今更気付きました・・・。なるほど。

  • 博雅の驚いた顔が面白い。

  • 博雅がもらった文は?
    晴明ン家にいる真葛という少女は?
    うっかり2回読んだ。べつにいいけど。

    (2000年05月07日読了)

  • 図書館の本

    真葛がかわいい♪双六したいのね、清明とあそびたいのね。そんなかわいい女の子。
    博雅もおばかちゃんでかわいかったしね。
    学習しないし、詩も理解できないんだもんね、そりゃおちょくられますって。
    自分の姿を式神にする清明もやっぱりお茶目さん。
    次が楽しみです。

  • 「原作を越えた」と原作者の夢枕獏に言わしめた作品。絵の美しさと大胆な展開が他の追随を許しません。漫画の域を超えています。特に後半の、原作からどんどん飛躍していく物語に関して、僕はおそらくその10%くらいしか理解できていなく、正直なところ「玄象と巻き物かわいいな」、くらいの勢いの駄目読者なのですが、その世界観には大いに感銘を受けました。

    10巻以降、辞書みたいな厚さで、腕が疲れます…。

  • 全13巻です。
    岡野先生の描かれる晴明はイメージにぴったりでとても気に入ってます。

全19件中 1 - 19件を表示

陰陽師 (2) (Jets comics)に関連する談話室の質問

陰陽師 (2) (Jets comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰陽師 (2) (Jets comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

陰陽師 (2) (Jets comics)のKindle版

ツイートする