Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)

  • 57人登録
  • 3.85評価
    • (15)
    • (4)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 橋本みつる
  • 白泉社 (2004年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132585

Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 橋本みつるの寡作ぶりは作品の源泉がインスピレーションに由来するからだろう。脳ではなくて感覚で描かれている少年少女はあまり泣かない。
    泣く場面も多々あるけれども、それはきっかけとしての描写であって、その目はいつでも冷たく賢く現実を映し出している。

    まだ現実や社会の鏡にすぎない年齢、抗いようのない無力感をさとりきった瞳。自覚。彼らが幼さを破棄する時々刻々の変化を橋本みつるは描き出す。

    それは、さなぎから蝶への変化とあらわされるような、単純な幾何学のような変化ではない。もっと複雑な工程を踏んで、あるとき突然変化する。

    大人や負けた人々の嫉妬や寂しさがどんどん押し寄せて、彼らをがけっぷちへと静かに追いつめる。けれども、そこから奈落へ落ちない強さのようなもの、独自の理性が根付いている。

    橋本みつるの存在は『グラスハート』の挿絵で知った。
    「藤谷」という人物がこの漫画に出ているのをみておどろいた。
    『グラハ』にも「藤谷」という人物が登場して、この単行本の出版当時は既に『グラハ』はシリーズ展開されていたはずだ。

    どちらが先なのかといえば、恐らくこの漫画が先なのだと思う。
    こういう一致を橋本先生は好まないような気がする一方、『グラハ』著者の若木先生がいかにも好みそうな仕掛けだからだ。

    偶然ではないのだろう。

    とにかく読めて嬉しかった。

  • この人はデビュー時から全く変わらないなあと思う。
    天然で野生の少女漫画家。

  • デビューを飾った白泉社からよーーーーーーーーーーやく出版された、唯一の単行本。
    ソニーマガジンズに先を越されて、自社掲載作を他社から三冊も出さしめた心境とは如何なもんか。
    自分が担当編集者だったら火を噴いて炎上するほど口惜しいと思うぞ。
    しかし、この一冊はさすがに譲らない。
    負けるもんか、な、白泉社の気合いがたぎる一冊。

    「GET DOWN」
    しょーらいとかしんろとか、今は考えられない。
    恋が、いつまでも恋であり続けるために、本能的に衝動的に非日常に向かうふたり。
    どこかに行きたくてたまらない、放浪の夢。
    そんな気持ちをどかーんと肯定しちゃうのが橋本みつるっ!
    最高傑作だ。

    「世界を止めて」
    「GET DOWN」の続編。
    衝動にかられてプチ家出しまくるふたり(笑)。
    どこかへ行こう。
    臆面もなく、いちゃいちゃしながら放浪するふたり。
    いともあっさり肯定してみせる橋本みつる。
    やっぱり最高傑作!!

    「背中をどうにかしてくれ」
    ソニーマガジンズ「幼い恋」収録と同じ作品。やーいやーい、カブってやんの白泉社!
    こーいうのって出版社として屈辱だと思うんだけど、どうなんだろ。

    「恋のゼスチャー」
    個人的には「誘惑について」(「幼い恋」収録)と対になる一作。
    男の子を好きになるのって、女の子にとっては本当に怖いことなんだぞ。
    あっさり冷たくしないでくれよ、男の子たち。

    「ごめんね好きだよ」
    タイトルどーり、ごめんね好きだよ、なお話(笑)!
    好きになっちゃってごめんなさい。
    好きにさせちゃってごめんなさい。
    ごめんね、でも好きなの(笑)!
    笑うしかありませんわ。

    「誘惑について」
    「幼い恋」収録の「誘惑について」とは全然別の話。
    「GET DOWN」「世界を止めて」の主人公ふたりのいちゃいちゃエピソード8ページ。
    ほんと、いちゃいちゃが好きだよなあ、橋本みつる。

  • 続。コレクターズが聴きたくなる。

  • 橋本みつるはスゴイ。
    決して今風ではない(でも昔風でもない)ザクザクとした線で一番言っておきたいことだけきちんと書いて走っていってしまう。
    もう名前も覚えていない(思い出したくない)ような少年少女時代の自意識を描くのが非常に上手い。そして悲劇的なノリに倒れないところがこの人独特のタッチだと思う。
    表題作のGETDOWN、恋の余り家をどこまで行っちゃえばいいかわからなくなっちゃうことってあるよなあ。

全6件中 1 - 6件を表示

Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Get down―橋本みつる作品集 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ツイートする