愛すべき娘たち (Jets comics)

  • 2181人登録
  • 4.01評価
    • (456)
    • (256)
    • (425)
    • (9)
    • (2)
  • 293レビュー
  • 白泉社 (2003年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132950

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛すべき娘たち (Jets comics)の感想・レビュー・書評

  • 他のどの作品より、この連作短編集によしながふみの「巧さ」が凝縮されている気がします。

    いちばん好きなのは最終話。「母というものは要するに不完全な一人の女の事なんだ」というセリフはかなりガツンと来ました。

  • 『イグアナの娘』への返歌

    親子、特に母との問題がテーマとなる作品を女性作家は非常にうまく描くことが出来るのはなぜなんでしょうか?男は母からどう自立するかという問題に留まりがちで、同性であることによって関係性が母と娘の間ではより複雑なものになるからなのかもしれません。
    あと息子にとっては父親との問題がより大きいのかも(最近は事情が変わってきてるのかもですが)

    よしながふみは『愛すべき娘たち』で萩尾望都『イグアナの娘』の理想の続編を描こうとしたのではないかと思います。よしなが先生自身どこかで少女マンガの血を受け継いでいるという意識が強くあるという話をしていましたし。そしてその試みが成功したかどうかは最後まで読めば自ずと分かるはず。

    個人的には第3話が一番好きなんですが、足音と彼女の表情のシーンでいつも泣いてしまうのです、怖くてたまらなくなって。

  • 母と娘の間にある複雑な感情。
    自分にも娘がいるから、ハッとしたり、ジワッと来たりしながら読んだ。
    母も完璧な人間ではないし、娘もいつか母になる。
    娘に進められたこの作品。
    果たして娘は、何を思いながらこれを読んだのか…知りたいような、知りたくないような…
    作品の最後に主人公が言ったセリフ
    「あたしはお母さんが死んだら、お葬式ではうんと泣くからね」
    あなたは?と問いかけてみようかな…

  • よしながさんの作品の中でも、名作と評判の一冊。ようやく読んでみて、たくさんの読者に支持されるのも納得の、大変素晴らしい作品でした。
    母子家庭で生きてきた、娘の雪子と母の麻里。彼女達を軸に展開される様々な愛の形を描いた連作短編集。1話目は大病から生還した母が、よりによってアラサーの娘より年下の、駆け出しの俳優(元ホスト)・健と再婚を決める。当然ながら複雑な心境の雪子。展開的にはそう珍しい話ではない、と思いながらも、ラストシーンに涙がぶわっとあふれました。
    2話以降は健の友人、雪子の友人やかつての同級生がメインとなるが、それぞれ描かれる恋愛模様は、どこかいびつなようだけど、不器用で、自分や相手に真摯であろうとする…それゆえ導かれた結果にどきっとさせられる。その手法が鮮やか。登場時は一瞬ぎょっとするけれど、次第に愛おしく感じられるキャラクターの描写も秀逸で、彼ら彼女らの生き方にどんどん引き込まれていく…その過程もお見事。
    最終話は再び母娘の話だが、今度は母:麻里と祖母の「母娘」関係。美しい母の麻里が長年抱く外見のコンプレックスの理由など、いくつかの伏線が回収される最終話もまたお見事!麻里の再婚相手の健が、実にいい味出している。
    どのエピソードも印象的で、モノローグのひとつひとつが心に深く刻まれる。もう素晴らしすぎて、読了後すぐにはレビューを書けなかった。こうやって言葉にしてみても、本書の素晴らしさをうまく表現できてないなぁと若干歯がゆいくらい。
    文学的な抒情性をマンガで表現できる人は本当に一握りだと思う。よしながさんの振り幅の広さを再確認しました。

  • 以前友人に借りて読んでからずっと忘れられず、数年ぶりに再読。いくつか読んだよしながふみさんの作品中、個人的には『大奥』とは別の意味でこの一冊を「恐ろしく凄い」と思っている。

  • 不器用な女の子達の切なくて、可愛いお話がつまっている一冊。
    主人公の女の子はそれぞれで違うので、いろんな話の短編集かと思いきや、世界観は統一されていて、1話目に出てきた娘の周りの女の子の話だった…。
    うまーくつながりを持って描かれていて、読んでいてはっとなる部分がすごく多かった。
    私は、娘と母の話がすごく好きです。

  • 初めて読んだよしながふみ作品。

    よしながふみといえば「大奥(=BL?)」という偏見を持っていたのですが読んでびっくり。
    女性の感情の機敏を描くのがこんなに上手い作家さんだったんですね。

    5話収録されているのだけど、どの話も素晴らしい。
    個人的には1話が秀逸。

    娘→母の視点で描かれる1話。
    母が連れてきた若い再婚相手。外見も人柄も良く、気が利いて、真っ直ぐに夢を追いかけている彼を、主人公が最初は疑いの目で見るものの、だんだんケチのつけどころがなくなっていく過程がリアル。

    「わかってるわよ だからあたしも出て行くのよ」
    「ずっと私だけのお母さんだったのよ」という台詞に泣けた。

    自分にはできないことをサラッとやってのける再婚相手。
    この人は自分なんかよりもっとずっと母を幸せにできるんだ、っていうショックや敗北感や悔しさ...
    色んな感情が、上の台詞に余すところなく表現されていて、心にせまった。

    出てくる登場人物がみんな素敵。雪子も麻里も健も、冷静で、自立していてカッコ良くて、ちょっとひねくれてたり毒舌だったり。

    4話に出てくる雪子、牧村、佐伯の中学時代の会話もいい。
    将来は公務員がいいとか、定年まで勤め上げるんだとか。
    うんうん、中学生でも女の子はこれくらいしっかり考えてるよねーと共感。

    派手なエピソードはないけど、表情と台詞のリアルさに唸り、共感の波に心をがつんと持っていかれた作品でした。

  • 女とはどういう生き物なのかということを愛ある視線で描かれた短編集。
    どの話も興味深く胸に迫る物があったが、最後の一話は特に印象に残った。
    娘の容姿を褒めた母とその逆をした祖母。
    それぞれに理由があり、否定しがたい物だ。
    その理由を知った所で何かが劇的な変化はもたらされない。
    人はそういった矛盾を抱えながらも憎むという選択だけが残されるのではなく、愛する気持ちも同時に持ち続ける事もできるんだ、と思わず涙が出そうになった。
    様々な事を受け入れる事は苦しみが伴うけれどそれ以上に穏やかな気持ちになれるのではないかとも思った。

  • 女の心情は女が一番分かっているといった感じでしょうか。ちょっと重たいけれど、ぐさりとくる言葉です。

  • 女性の抱える問題をさらっと描いている。こういうさりげなさが好きです。「親だって人間だもの機嫌の悪いときだってある」と娘に向かって言い切る麻里さん(お母さん)、男前だ。

  • 娘と母、娘と祖母、母と祖母
    男女の愛、肉親の愛、学友の愛
    双方向の愛、一方向の愛、全方向の愛

    女という不思議な存在のさまざまな愛のカタチを静かに深く鮮やかに描く

    ------------------------

    『母は娘の人生を支配する なぜ母殺しは難しいのか』読み、その中で紹介されていたので手に取ってみた。
    娘から見ても美しい母は、決して自分が美しいとは頑として認めない。そんな母が、再婚相手として連れてきたのは娘よりも若い青年だった。
    彼女たちを中心にしたいろんな人たちの物語が描かれ、後半部分には祖母が登場して母がなぜ自分を美しいと認められなくなっていったのかが描かれる。

    「母というものは要するに一人の不完全な女の事なんだ」

  • 高校生のときに読んで、「高校生にはまだ理解できない内容が多分にあるけれどこれは生涯心に残る傑作に違いない」と感じてずっと大事にとってある作品。

    その直感はおそらく当たっていて、折に触れて読み返してはその度に感じることが違うので、自分は女として刻々と変化しているのだなぁ、と気づくのです。

    他人を分け隔てることのできない女性のエピソードが一番好きで印象深い。
    恋愛中はもちろん、普段生活している中でふと彼女の生き方を思い出す、くらい心に刻まれています。
    だれかを好きになることはその人を特別扱いするということで、だれかを特別にしたいとかだれかの特別になりたいとか、その感情のなんて身勝手なことだろう、と思う。

  • 親を一人の人間としてみることができたら,それは大人になったあかしであるといいます。この本は女性の愛情を,娘と母の関係,母と祖母の関係,男女の関係,友人の関係のいろいろな場面を一人の女性とその周辺の人々を描いています。いろいろな女性のいろいろな歪みかたが描かれ,『母というのは要するに不完全な一人の女なんだ』と結論つけています。一冊にさまざまな愛情をかいた作品。盛りだくさんだけれどもさらっと描かれている,でもやっぱり、読了後はおなか一杯でモヤモヤします。
    よしながふみのイメージとしては,『きのう何食べた?』や『大奥』が有名ですね。『愛すべき娘たち』は単巻で2003年が初版で,作品としてはメジャーではないですが,よしながふみの凄みを感じた一作です。

  • 大学時代から劇団に所属して女優さんやってた子が、この前ドラマにチョイ役で出てきて、懐かしくなって、嬉しくて、でも自分が情けなくなって。
    そんな時にどうしてもこの本が読みたくなった。
    「あの時話した
     ささやかな夢を
     かなえた事のできた
     友達が
     ちゃんといてくれたんだ」
    このセリフがどうしても読みたくて、読み返した。
    なんか泣けてきた。

    彼女が所属してる劇団がわかったから、手紙を書こうと思う。

  • とにかく女が持つだろう葛藤についてがしがし描かれていて、またその苦しみだったり叫びだったりするものが飛び出してくるんじゃなくて、忍び寄ってくるもんで面白すぎた。

    どの話も大好きなんだが、一番好きなのは、最初と最後の麻里さんとユッコちゃんの話かな。
    ああっ、ユッコちゃんの中学時代の話も好きだな。

    最初は母である麻里さんとの間に出来た距離に、どうしようもないくらいの寂寥を覚えるユッコちゃんに動揺した。
    ずっと一緒に生きてきて、どんなときも自分の存在を許してくれる絶対的なものだった母が、自分から去り、まるでこれまでをなかったもののように新しい人生を気ままに生きようとする。
    麻里さん視点から見れば、「あんたもう飛べるでしょ」と言わんばかりの、最早母鳥みたいな視線でユッコちゃんを見ているような感じなんだが、ユッコちゃんは唐突な別離に混乱して、羽を動かせない。
    こういう、やがて母親から身体と共に心も離れたところに置かなきゃいけなくなる瞬間の描き方がふみさんならではという感じで良かったんだなあ。


    生きていく過程で、どうしたって女は母親の影響というものを受ける、と思う。
    まあ、当方の場合ですが。
    思春期には母親のあらゆるところを嫌い、存在自体を消してしまいたいほど憎んだりする。
    そのときはどうしてそんなに腹が立つのか分からないんだが、それが後に、母もまた普通の女であるということが原因だったと分かって混乱する。
    それなのに、自分のルーツを探るとき、母親というものは切り離せるものでなく、常に傍にあって、まるで本能のように追ってしまうものであると思う。
    実際は近づいたり離れたり、その繰り返しだと思うが。

    許せないことも、憎んでさえいることも、気付くと自分の中に血として廻っていて、ある時期が来ると母のことを手に取るように分かってしまったりする。血って怖いな。
    かといって「それを分かっても、許せるようになるわけでも、ましてや愛せるようになるわけでもない」。血って厄介だな。

    まあ、ユッコちゃんもそうだったんじゃないかなーと思ったりした。
    でも最後の健くんの告白で、ユッコちゃんは娘であることが、楽になったはずだ。


    男は大変だな。女ってほんと謎だよ。
    考えが飛躍しすぎてて、筋道立てて考えられるもんじゃないときがある。
    だから面白いんだが。

    しかし健くんいい男だな。

    やーもう、とにかくふみさん、さいこー。
    ふみさんの描く、人物の表情が好きだ。
    そのひとコマの表情だけで何奥光年か先まで妄想楽しめる。(やめろ)
    あと、会話中の表現。
    なんなんだろ、ふみさんのこうした日常の何気ない表現っていいんだよなあ。
    めちゃくちゃ仲間に入りたくなる。ほいでご飯食べたい。

  •  私は第一話と最終話がとくに好きでした。最終話の「母というのは要するに一人の不完全な女の事なんだ」という娘の気づきは、萩尾望都の「イグアナの娘」でイグアナの娘が最後に母の本当の姿を見て、自分への仕打ちを理解したときにリンクしました。さらによしながふみは続けます。「わかってるのと、許せるのと、愛せるのとはみんな違うよ」。これは深い言葉ですヨね。母親のこれまでの仕打ちの理由はわかった、けど許せるかといわれれば無理だし、許せたとして愛せるかといわれれば、無理なのです。そもそも許す必要も、愛そうとしてもがく必要もなく、母と関係のないところで幸せに生きていけばいいのです。麻里が娘よりも若い元ホストの大橋と再婚して幸せになっている姿はよしながふみのそういうメッセージだと思いました。

  • やっぱり、よしながふみさんの絵は綺麗ですね。一番最初の話が好き。
    そりゃ、元ホストで年下の男の子が義父になったら戸惑うと思うけど、相手が誰だろうがずっと独り占めしてたお母さんを取られるとなったら辛すぎるよね。
    もし自分の母親がああなったらきっと、正気でいられなくなるんじゃないかな。
    ずっと先の話になるけど、娘ができたら読ませたいな。

  • 母娘を中心として、女を描いたよしながふみさんの代表作。第1〜最終(5)話を収録、ただし3話は前編後編なので話数は6つ。
    ずっと前から表紙だけは知っていたが、主催の漫画オフ会で紹介されたことをきっかけに購読。″母の存在は子どもの絶対的守護者″としてよく描かれるが、ただの人間で我儘なところもあることを表現したことに納得。当初この作品をどう受け止めるか難しく感じたが、自身の母と重ねてみるとそのことを容易に理解できた。女が皆、良妻賢母だなんてことあり得ないし、むしろそんな存在は数少ないものだと思う。

  • いくら客観的に見て綺麗であっても、自分で綺麗と思っていなければ、綺麗ではない。逆もまたしかり。
    一話めと最終わで母親はいつまでもたっても「女」であるし、親の言うことは子供にとって絶対というセリフが的を得ているな。
    三話めの爽子の好い人が必ずしも好い恋人になれるわけではないのね。それに莢子が気づいだけでも幸せになんだろうなぁ。

    仕事、恋愛、親子関係についてこの本は腑におちる答えを描いています。
    女性は必読です。

  • 私の人生の一冊と言っても過言ではない作品です。"フツーの人間"を包む深い謎と魅力を再確認させられました。よしなが先生はほんとうにすごい!

  • 30歳くらいの娘(まあ一応、主人公か)がいて、市役所に勤めている。独身で実家暮らし。

    50歳くらいの母が居て、大病をしたが無事に退院してきた。

    父(というか夫)は、10年以上前に死別してしまっていて、母娘のふたり暮らし。

    50歳くらいの母が、再婚する。
    再婚相手は、20代の若いイケメンの、まだそんなに売れていない俳優さんだった...。

    ということから話は動き出します。

    #

    母娘モノ、ですね。

    読書会の課題図書。
    「愛すべき娘たち」よしながふみさん。
    2002年から2003年くらいにかけて書かれた、連作短編みたいな漫画です。

    #

    なんのかんの憎まれ口をききあいながらも、とってもお母さんに依存していた娘は、母の再婚が幸せであることと向き合って、親離れして家を出る。
    良い恋人さんがいて、結婚を前提の同棲を始める。

    ...一種、小津安二郎、「秋日和」の現代版、とも言えます。

    #

    という1篇を皮切りに、主人公の友だちや知人、などが次々に1篇の主人公となって短編が続きます。
    ロンド(輪舞)形式。備忘録。

    ●大学講師の男性。教え子女子大生に迫られ、H関係に。だが、相手は「被DV体質」とでも言うべき面倒な娘で…。

    ●バリバリ共産主義学者の父に薫陶を受けて育った30代の働く女性。
    結婚しようと色々試みるが、「誰とも分け隔てなくする」という打ち込まれた意識と矛盾を来たして混乱。結局、良い相手がいたのに、「愛せない」と修道院に入る。

    ●中学生の頃に、それぞれに社会の中で働く女性としてがんばろう、みたいな誓いをしていた三人娘。
    だが、そのうち一人は、恐らくは家庭の事情で徐々に転落していく。三人も疎遠になっていく。
    30歳を過ぎて再会。

    ●最終話。主人公と母親と、母親の母親つまり、祖母。
    母娘三代の関係。母は、「自分の母から受けた仕打ちを自分の娘にしたくない」一心で暮らしてきた。
    だが、祖母には祖母なりの事情と気持ちがあって...という。

    #

    やはり面白かったのは、読ませたのは、冒頭の1篇と、ラストの1篇。
    一見平和な母娘、親子関係。
    だけれども、互いに依存度が、重要度が高い関係であるがゆえに、
    誤解も歪みもあるし、なにより、お互いに「自分」であることがまず、第一に浮かび上がってしまうので、「母」という役割に収まらない悪意やイライラや、自分のコンプレックスなどがある。
    それでも、「娘」にとって、「母」が、「不完全なひとりの女性なんだ」と腑に落ちるまでには、長い長い旅路があるんですねえ。



    「自分」にとって「自分」は主人公で、「他人」は脇役です。
    だけど、「他人」にとって「自分」は脇役。その「他人」にとってはやっぱりその人が主人公。
    それは、家族であっても変わりません。
    そして、家族は家族であるのだから、何でも許される訳でも無く、はじめから「愛情」というバリアが守ってくれるわけでもなく。
    家族の中だって悪意や競争は、当然のようにあるし、起こり得る。

    それでもとにかく、「家族」というのは「他人」と「自分」の隙間のような、皮膚の下に食らいつくような不思議な「肌」なんですよねえ。

    #

    絵柄、ちょっとしたやりとり。
    この漫画家さんは、どうやらもっと、ベタベタなエンターテイメントも書けそうだし。
    いっぽうで、Hな内容のものとか、もっと変化球でアンダーグラウンドなものも書けてしまう筆力があるんだろうなあ、と思いました。

    よしながふみさん、という漫画家さん、全く知らなかったので、発見の愉しみがありました。

  • また懲りずに母娘の恩讐モノ読んでるんかい!と思われそうな感じのタイトルですが、そしてそのような言葉でまとめることもできる内容ではありましたが、そういう系とくくってしまうにはもったいない、とてもカッコいい女性たちの話で、後味スッキリの読書でした。

    1話、3歳年下の義父ができる話
    2話、悪い男が好きな女の話
    3~4話、聖女な友人の話
    5話、かつての同級生の話
    6話、私と母と母の母の話

    衝撃的だったのは3~4話、好きだったのは5、6話。特に5話では、まだ電子メールというものがない頃の話のようでしたが、手紙、ってのもいいもんだなあと思いました。

  • 莢子のエピソードは、着地かたには戸惑ったけど、お見合いのくだりは不意につかれたというか共感できるところがたくさん。

    そして母と娘の間の外見や生き方についての態度や決め方。ぜんぜん逆方向に行ったようにみえる祖母と母のわが子に対する態度が、実は姿勢が似ている。
    女性の仕事の関わり方について、明言してはいないものの、肯定的なメッセージ性にありがたみを覚える。


    十組いれば十一通りある母娘の関係性。
    娘として、自分と母の関係を顧みたいと思わせる話。いつか母になる機会があれば、念頭に置いていたいとも思う。

  • かなり昔のよしながふみの漫画。家を掃除していたら奥から出てきた。懐かしい。母娘の関係が年をとって変わっていく様子を生々しく描いている。

  • 女性はいつまでも娘であり母であり女である、とか思った。仲の悪い母娘も、仲の良い母娘も、その原因はそう変わらないのかもしれない。

全293件中 1 - 25件を表示

愛すべき娘たち (Jets comics)に関連するまとめ

愛すべき娘たち (Jets comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛すべき娘たち (Jets comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛すべき娘たち (Jets comics)のKindle版

ツイートする