愛すべき娘たち (Jets comics)

  • 2189人登録
  • 4.01評価
    • (457)
    • (256)
    • (425)
    • (9)
    • (2)
  • 293レビュー
  • 白泉社 (2003年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132950

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛すべき娘たち (Jets comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よしながさんの作品の中でも、名作と評判の一冊。ようやく読んでみて、たくさんの読者に支持されるのも納得の、大変素晴らしい作品でした。
    母子家庭で生きてきた、娘の雪子と母の麻里。彼女達を軸に展開される様々な愛の形を描いた連作短編集。1話目は大病から生還した母が、よりによってアラサーの娘より年下の、駆け出しの俳優(元ホスト)・健と再婚を決める。当然ながら複雑な心境の雪子。展開的にはそう珍しい話ではない、と思いながらも、ラストシーンに涙がぶわっとあふれました。
    2話以降は健の友人、雪子の友人やかつての同級生がメインとなるが、それぞれ描かれる恋愛模様は、どこかいびつなようだけど、不器用で、自分や相手に真摯であろうとする…それゆえ導かれた結果にどきっとさせられる。その手法が鮮やか。登場時は一瞬ぎょっとするけれど、次第に愛おしく感じられるキャラクターの描写も秀逸で、彼ら彼女らの生き方にどんどん引き込まれていく…その過程もお見事。
    最終話は再び母娘の話だが、今度は母:麻里と祖母の「母娘」関係。美しい母の麻里が長年抱く外見のコンプレックスの理由など、いくつかの伏線が回収される最終話もまたお見事!麻里の再婚相手の健が、実にいい味出している。
    どのエピソードも印象的で、モノローグのひとつひとつが心に深く刻まれる。もう素晴らしすぎて、読了後すぐにはレビューを書けなかった。こうやって言葉にしてみても、本書の素晴らしさをうまく表現できてないなぁと若干歯がゆいくらい。
    文学的な抒情性をマンガで表現できる人は本当に一握りだと思う。よしながさんの振り幅の広さを再確認しました。

  • 他のどの作品より、この連作短編集によしながふみの「巧さ」が凝縮されている気がします。

    いちばん好きなのは最終話。「母というものは要するに不完全な一人の女の事なんだ」というセリフはかなりガツンと来ました。

  • 『イグアナの娘』への返歌

    親子、特に母との問題がテーマとなる作品を女性作家は非常にうまく描くことが出来るのはなぜなんでしょうか?男は母からどう自立するかという問題に留まりがちで、同性であることによって関係性が母と娘の間ではより複雑なものになるからなのかもしれません。
    あと息子にとっては父親との問題がより大きいのかも(最近は事情が変わってきてるのかもですが)

    よしながふみは『愛すべき娘たち』で萩尾望都『イグアナの娘』の理想の続編を描こうとしたのではないかと思います。よしなが先生自身どこかで少女マンガの血を受け継いでいるという意識が強くあるという話をしていましたし。そしてその試みが成功したかどうかは最後まで読めば自ずと分かるはず。

    個人的には第3話が一番好きなんですが、足音と彼女の表情のシーンでいつも泣いてしまうのです、怖くてたまらなくなって。

  • 母と娘の間にある複雑な感情。
    自分にも娘がいるから、ハッとしたり、ジワッと来たりしながら読んだ。
    母も完璧な人間ではないし、娘もいつか母になる。
    娘に進められたこの作品。
    果たして娘は、何を思いながらこれを読んだのか…知りたいような、知りたくないような…
    作品の最後に主人公が言ったセリフ
    「あたしはお母さんが死んだら、お葬式ではうんと泣くからね」
    あなたは?と問いかけてみようかな…

  • 以前友人に借りて読んでからずっと忘れられず、数年ぶりに再読。いくつか読んだよしながふみさんの作品中、個人的には『大奥』とは別の意味でこの一冊を「恐ろしく凄い」と思っている。

  • 不器用な女の子達の切なくて、可愛いお話がつまっている一冊。
    主人公の女の子はそれぞれで違うので、いろんな話の短編集かと思いきや、世界観は統一されていて、1話目に出てきた娘の周りの女の子の話だった…。
    うまーくつながりを持って描かれていて、読んでいてはっとなる部分がすごく多かった。
    私は、娘と母の話がすごく好きです。

  • 初めて読んだよしながふみ作品。

    よしながふみといえば「大奥(=BL?)」という偏見を持っていたのですが読んでびっくり。
    女性の感情の機敏を描くのがこんなに上手い作家さんだったんですね。

    5話収録されているのだけど、どの話も素晴らしい。
    個人的には1話が秀逸。

    娘→母の視点で描かれる1話。
    母が連れてきた若い再婚相手。外見も人柄も良く、気が利いて、真っ直ぐに夢を追いかけている彼を、主人公が最初は疑いの目で見るものの、だんだんケチのつけどころがなくなっていく過程がリアル。

    「わかってるわよ だからあたしも出て行くのよ」
    「ずっと私だけのお母さんだったのよ」という台詞に泣けた。

    自分にはできないことをサラッとやってのける再婚相手。
    この人は自分なんかよりもっとずっと母を幸せにできるんだ、っていうショックや敗北感や悔しさ...
    色んな感情が、上の台詞に余すところなく表現されていて、心にせまった。

    出てくる登場人物がみんな素敵。雪子も麻里も健も、冷静で、自立していてカッコ良くて、ちょっとひねくれてたり毒舌だったり。

    4話に出てくる雪子、牧村、佐伯の中学時代の会話もいい。
    将来は公務員がいいとか、定年まで勤め上げるんだとか。
    うんうん、中学生でも女の子はこれくらいしっかり考えてるよねーと共感。

    派手なエピソードはないけど、表情と台詞のリアルさに唸り、共感の波に心をがつんと持っていかれた作品でした。

  • 女とはどういう生き物なのかということを愛ある視線で描かれた短編集。
    どの話も興味深く胸に迫る物があったが、最後の一話は特に印象に残った。
    娘の容姿を褒めた母とその逆をした祖母。
    それぞれに理由があり、否定しがたい物だ。
    その理由を知った所で何かが劇的な変化はもたらされない。
    人はそういった矛盾を抱えながらも憎むという選択だけが残されるのではなく、愛する気持ちも同時に持ち続ける事もできるんだ、と思わず涙が出そうになった。
    様々な事を受け入れる事は苦しみが伴うけれどそれ以上に穏やかな気持ちになれるのではないかとも思った。

  • 女の心情は女が一番分かっているといった感じでしょうか。ちょっと重たいけれど、ぐさりとくる言葉です。

  • 女性の抱える問題をさらっと描いている。こういうさりげなさが好きです。「親だって人間だもの機嫌の悪いときだってある」と娘に向かって言い切る麻里さん(お母さん)、男前だ。

全293件中 1 - 10件を表示

愛すべき娘たち (Jets comics)に関連するまとめ

愛すべき娘たち (Jets comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛すべき娘たち (Jets comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛すべき娘たち (Jets comics)のKindle版

ツイートする