ベルセルク (4) (Jets comics (465))

  • 727人登録
  • 3.75評価
    • (59)
    • (43)
    • (109)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (1992年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592135777

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク (4) (Jets comics (465))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「黄金時代2~6」収録。ハゲデブのドノバンに売られて犯されたガッツ。その事実を確かめたガッツは親のガンビーノを殺してしまう。追われるガッツ。4年後、傭兵ガッツはやかんバズーソを倒し、ファントム・グリフィス率いる「鷹の団」にひろわれる。キャスカはジェラシー。魔物出てこない黄金時代が読まれていたのは人気が定着してたからなんだろうなあ。

  • 1999.12 読了

  • 四巻目にして、徐々に話の大筋が見え始める。

    腕力ハンパないです。

  • 再読。みんな若い!まさに黄金時代。
    悲惨な生い立ちを生き抜いて、グリフィスと運命の出会いを果たしたガッツ。全ての始まりがここに~!

  • 黄金時代編きたお(^p^)

  • 昔話早く終われ

  • O浦建太郎

  • 手塚治虫を超えるような緻密さをもつ大河ドラマ漫画として,この作品に敵うものはなかなか無いのでは.最近,コンビニ廉価本が出だしたのを機に再読した。屈指の名作と言われるのも頷ける.とくに4巻〜13巻(黄金時代〜鷹の団編)の完成度が凄い。読み返すごとに,幾重にも張られた伏線に改めて気付き,著者のすば抜けた構想力と用意周到ぶりにグーの音もでない…。そしてこの画力。登場人物の眼は,その時の感情はもちろんのこと,その人物の過去までをも語っている。どうやったらこんな絵が描けるのか,全く超人的だと思う。

  • 兄の薦めでこの巻を読んでからはまりました。終わりは全く見えないのにこの作者は何かやってくれるという期待があります。

全10件中 1 - 10件を表示

ベルセルク (4) (Jets comics (465))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク (4) (Jets comics (465))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク (4) (Jets comics (465))を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク (4) (Jets comics (465))のKindle版

ツイートする